ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年 新春スター・ウォーズ祭り

<<   作成日時 : 2016/01/13 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


10年以上ぶり、待望の「スター・ウォーズ」最新作観賞にさきがけて旧作6作品のうち4作を観賞いたしました!

クラシックシリーズの3作はVHSで持っていたもののかなり前に捨ててしまい、結構久しぶりに観賞しました!テレビ放映の録画です。

思えば、1977年の「スター・ウォーズ」1作目を見た時の衝撃がどれほどだったかは、リアルタイムで見ている世代しかわからないだろうと思うのですが、あの映画からSF映画、特撮映画の全てが変わりました。

当時いっぱしの映画ファンになっていた私ですが、あのファーストシーンを見た時の興奮は何十年経った今でも忘れられません。感性が最も瑞々しかった10代の頃にこの映画に出会えた事に本当に感謝したいです。

画像


今見ているSF映画や、特撮映画は、すべからく「スター・ウォーズ」の影響下にある作品と言って過言ではないと思う。

今回、一番最初の作品である、エピソード4は見れなかったのですが、5,6はかなり久しぶりの観賞です。実は公開当時は、1作目に比べてストーリーがあんまり面白く感じられなくて、残念だと思ったものでしたが、いや、やっぱり良かったわ〜。

長い年月の中で、その後プリクエルシリーズを見た事もあって、かなり感慨深い気持ちで観賞できました。

CG技術がない中、この特撮も本当に凄いですよ。ルーカスとILMは本当に凄い。


「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」
Star Wars: Ep5 The Empire Strikes Back
1980年/アメリカ (監)アーヴィン・カーシュナー
(演)マーク・ハミル ハリソン・フォード キャリー・フィッシャー アンソニー・ダニエルズ ビリー・ディ・ウィリアムズ ケニー・ベイカー アレック・ギネス ジャームズ・アール・ジョーンズ フランク・オズ(声)
☆☆☆★★★

画像


ATATスノーウォーカーが好きです!

ダースベイダーは本当にルークの父親なのか!?とかなり話題になりましたよね。ハン・ソロがジャバ・ザ・ハットに氷漬けにされてTo be continueです。

画像


「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」
Star Wars: Ep6 Return Of The Jedi
1983年/アメリカ (監)リーチャード・マーカンド
(演)マーク・ハミル ハリソン・フォード キャリー・フィッシャー アンソニー・ダニエルズ ビリー・ディ・ウィリアムズ ケニー・ベイカー アレック・ギネス ジャームズ・アール・ジョーンズ フランク・オズ(声)
☆☆☆★★★

この作品、邦題が「ジェダイの復讐」から「ジェダイの帰還」に変更になっています。
イウォークが出ます。イウォークの星、エンドアで大団円を迎えるんですよね〜〜。

画像



プリクエルも2本見ました。プリクエルシリーズは、クラシックシリーズに思い入れの深い人ほど不満が大きいみたいですが、私はかなり好きです。とにかくCG技術が飛躍的に進歩しているのと、アクションシーンも良くて、見どころ満載だし。

惜しむらくはルーカスが人間ドラマの描き方があまりうまくないので、アナキンとパドメのラブシーンがすべからく稚拙なんですよね・・。シリアスシーンとコミカルなシーンのバランスも悪いしな〜。

「スター・ウォーズ クローンの攻撃」
Star Wars: Ep2 Attack Of The Clones
2002年/アメリカ (監)ジョージ・ルーカス
(演)ユアン・マクレガー ナタリー・ポートマン ヘイデン・クリステンセン アンソニー・ダニエルズ ケニー・ベイカー サミュエル・L・ジャクソン クリストファー・リー イアン・マクディアミッド フランク・オズ(声)
☆☆☆★★★

画像


テレビ放映で観賞。2は好きなシーンがいっぱいあって、オープニングも良いのですが、私の一押しはオビ・ワンがクローンを作ってるカミーノ星に行くシーン。オビ・ワン演じるユアン・マクレガーの美形ぶりにクラっときます。(笑)

画像



「スター・ウォーズ シスの復讐」
Star Wars: Ep3 Revenge Of The Sith
2005年/アメリカ (監)ジョージ・ルーカス
(演)ユアン・マクレガー ナタリー・ポートマン ヘイデン・クリステンセン アンソニー・ダニエルズ ケニー・ベイカー サミュエル・L・ジャクソン クリストファー・リー イアン・マクディアミッド フランク・オズ(声)
☆☆☆★★★

画像


これは唯一DVDを持ってるので、テレビ放映にあわせて観賞。ダースベイダーの誕生の物語だけに、お話はかなり暗いですが、私はこのエピソード3は大好きです。

映画評論家の町山智浩さんが解説されてるのですが、「スター・ウォーズ」のストーリーが全体的に暗めなのは、ルーカス自身の心の闇が反映されているからで、「スター・ウォーズ」をルーカス・フィルムから手放したのは、本人が幸せな家庭生活を持つことが出来た今、この物語が必要なくなったから・・とおっしゃってました。

これ聴くと、なんでルーカスが「アメリカン・グラフィティ」を撮ったのかもよくわかるので是非!

町山智浩たまむすび:スターウォーズはジョージ・ルーカスの心の闇

https://www.youtube.com/watch?v=d6cwE_VVak4


さて、ディズニーの手に渡った「スター・ウォーズ フォースの覚醒」はどんな物語になっているのでしょうか!?

そして、ごみつは覚醒できたのか!? 乞うご期待!!

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん、こんばんは。

今回の最新作公開を受けて、スターウォーズは若い世代も巻き込んでのブームとなっておりますが、その中の何人が、大スクリーンで初期の作品群を見たことがあるのでしょう?権利の問題でいまだにリバイバル上映に至っていない?のか否か不明ですが、是非、最新作公開記念に、せめて第一作を現代の大スクリーンで公開して欲しいですね。

10年以上前の前作を公開初日に、当時まだあった川崎チネチッタの800人収容のチネグランデで見たのですが、あのお決まりのファンファーレが高らかに鳴り響いたと同時に自然発生的に会場から大きな拍手が起きました。あの会場の一体感は凄かった。後にも先にもこんな経験はないです(涙)。

最新作を先日、漸く見られたのですが、比較的小さなスクリーンで、何だか物足りなかったです。もったいないなあ。

町山氏の「SWはジョージ・ルーカスの心の闇」説は面白いですね(笑)。

ところで、先日、NHKで現制作陣が映像の本当に細かいところまで拘って作っている様子をレポートしていました。上映ではほんの数秒の場面にリアリティを持たせる為にCG技術者が徹夜で何度も作り直すなど、まさに職人技でした。ある日本人技術者は第一作を見て感銘を受け、何の当てもないのに高卒後単身渡米し、ILMに「私が日に20ドル御社に払いますから、どうぞ雇って下さい」と自分を売り込んで雇って貰い、今ではシニアスタッフとして活躍中だそうです。

ひとつの映画との出会いが、人ひとりの人生を変えることもあるんですよね。(長文、失礼しました)
はなこ
2016/01/15 00:56
こんにちは。
私も先日ようやく、フォースの覚醒を見てきました。私はオリジナルを公開時に見ていないし、熱狂的なファンではないですが、まあまあ楽しめました。
実は10年ほど前にスターウォーズ旧3部作(4〜6)のDVDをクリスマスプレゼントにいただいたまま、ずっとそのままにしていまして...^^; 先日ようやく4を見たところです。
1はリバイバル上映の時に見ました。先日TV放映された1〜3は録画したので、いずれ見たいと思います。
それにしても世界がこれだけ熱狂しているのに、どうも乗り切れない私です。
セレンディピティ
2016/01/15 09:26
はなこ さん

こんばんは。
「スター・ウォーズ」の1作目は30年以上前ですからね〜。とりあえず、毎回盛り上がってるのは絶対にリアリタイム世代だろうと思います。(^_^;)

またきちんと記事にしますが、今回の「覚醒」を見て思ったのは、新しい世代、今の時代のためのSW作品が見事に誕生したな〜っていう感慨でした。
ここから見始めても、全然OKだし、若い観客は自由にどこから観賞したってOKだな・・って思える様になりました。
それくらい、長いシリーズですしね。

SWの公開以後、ILMは、私にとってもそれはそれは憧れの存在でした。とりあえず、レイ・ハリーハウゼンとILMは、特撮好きには神様みたいな感じで。(笑)

それにしても、戦後SWほど、映画界に影響を与えたSF作品は、この作品以前だと、「2001年」(横綱)と「猿の惑星」(小結)くらいでしょうかね?ルーカスやスピルバーグの作品とともに歩める世代に生まれた事を感謝したいです。

「覚醒」も近々に記事にしますね〜。
ごみつ
2016/01/16 02:28
セレンディピティ さん

こんばんは!
セレンさんも行かれたんですね〜。面白かったですよね、BB−8も可愛くて。BB−8ね〜、あれCGじゃないんだそうですよ!ちゃんと動く実物(リモコン)なんですって!後から知ってビックリしちゃいました。

SWはやっぱり、1作目で衝撃を受けてる人と、そうじゃない人とは、かなり作品への印象や思い入れがかわっちゃうと思います。
それとSF、特撮好きでなければ、あんまり盛り上がれませんよね。(^_^;)

Ep2〜3はけっこうダークなお話ですけど、3のラストがさ〜、ちょっとたまんないです。ご覧になったら、色々お話出来ると良いな。

Ep5〜6の見どころは、メカニックデザインの見事さです。ILMのCGをほぼ使っていない特撮シーンも見どころ。

それでは、May the force be with you and Good Night 

ごみつ
2016/01/16 02:39
ごみつさん、こんにちは。
kinkachoはエピソード1〜3も割と好きなんですよね。
ショタとか、秘密結婚とか、師弟愛なんて、腐女子萌え要素だらけ!
3のオビ・ワンとアナキンの師弟愛は萌え萌えでした。
エピソード4〜6は素直なお年頃だったので、素直にワクワクしました。
いつのまにか腐女子のダークサイドに堕ちてました...その意味でも、記念的作品です。
kinkacho
2016/01/17 08:59
Kinkacho さん

こちらにもコメント有難うございます。

私、Kinkachoさんのエピソード3の記事、よく覚えてますよ!かなりの萌えモードになってましたよね。(笑)

私も1〜3はかなり好きです。私的には、1〜3は特撮パートが凄く好みで、何度見ても飽きない感じ。

ちょっとダサめな、アナキンとパドメの草原でのラブシーンなんかも良いですよね。(笑)
ごみつ
2016/01/18 01:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年 新春スター・ウォーズ祭り ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる