ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 弾丸を噛め

<<   作成日時 : 2016/02/07 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

Bite The Bullet
1975年/アメリカ (監)リチャード・ブルックス
(演)ジーン・ハックマン キャンディス・バーゲン ジェームズ・コバーン ベン・ジョンソン ジャン=マイケル・ヴィンセント
☆☆☆★★

画像


1年位前に録画しておいたものを観賞。普通の西部劇だろうと思って観はじめたのですが、これはなかなか異色の作品でした。

今世紀初頭。馬による長距離ロードレースに参加した人々の人間模様を描いた作品なのですが、これは馬と人間の関係を描いた作品でもあり、馬への愛情に溢れた作品でした。

画像


1908年、新聞社の主催で、開拓時代を懐古した、馬による700マイル踏破レースが開催される。賞金は2000ドル。

様々な人間達が、様々な人生の背景や、思惑を持って参加しているのですが、中でもジーン・ハックマン演じるサム・クレイトンは、騎兵隊あがりのタフガイでありながら、女性、子供、動物といった弱いものにとても優しく、彼が馬を大切にするシーンなんかがジワ・・と感動する作品でした。

馬がらみのシーンはとても良かったのですが、惜しむらくは人間ドラマ部分のストーリーがちょっと弱かったり、唐突と思えるシーンも多くて、ここが良ければかなりの作品になったのではないかと思いました。

さて優勝は誰になるのでしょうか!?ラストシーンは、お約束な演出ですがとても爽やかで感動できます。


とりあえず、懐かしい70年代のスターの競演を観るのがとても楽しかったので、私はじゅうぶん満足出来た作品です。特に若いキャンディス・バーゲンを観るのは久しぶりで嬉しかったです。

画像


今回の放映は吹き替えだったのですが、昔のものをそのまま使っていて、ジーン・ハックマンの声が小池朝雄なのも嬉しかったな〜。J・コバーンはもちろん小林清志です。

「弾丸を噛め」の意味は、映画をご覧になるとわかりますよ〜。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
西部劇はほとんど見たことがないのですが、イーストウッドの「許されざる者」は好きです。日本の時代劇みたいな感覚なのかもしれませんね。
動物、特に馬や犬を描いた作品に弱いので気になります!
キャンディス・バーゲン、懐かしいですね。といっても映画は見たことがないのですが、雑誌などでよく取り上げられていたような...当時話題になりはじめた”キャリアウーマン”のイメージです。
セレンディピティ
2016/02/10 17:18
セレンディピティ さん

こんばんは!
コメント有難うございます。

「許されざる者」は私も大好きです!イーストウッド作品では「スペース・カウボーイ」の次に好き。
ウェスタンも、70年代くらいからかなり作品の雰囲気が変わってしまって、この作品も70年代らしい異色作でした。

キャンディス・バーゲンは、昔、かなり人気あって、「ロードショー」とかの人気投票の常連だったんですよね。
セレンさんが見てそうかな?と思った中では「ガンジー」に出てますよ。
ごみつ
2016/02/11 02:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
弾丸を噛め ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる