ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS シャーロック・ホームズの冒険

<<   作成日時 : 2016/03/28 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

The Private Life Of Sherlock Holmes
1970年/アメリカ (監)ビリー・ワイルダー
(演)ロバート・スティーヴンス コリン・ブレークリー ジュヌヴィエーヴ・パージュ クリストファー・リー
☆☆☆★★★

画像


ビリー・ワイルダー、脚本、監督によるシャーロック・ホームズ映画。かなり昔にテレビ放映で見た事があるのですが、すっかり内容を忘れていたのではじめての様に楽しめました。

自分の死後50年たったら公開する様にと遺言され保管されていたワトソンの記録が、様々な遺品とともに開封されるシーンから映画ははじまります。

そこにはホームズが手がけ、発表されていなかった事件が記録されていた。

ある夜、ホームズの住み家に担ぎ込まれてきた美女は記憶を失っていた。やがて記憶を取り戻した彼女は、行方不明になった夫の捜索をホームズに依頼する。

画像


やがてその事件は、彼らをネス湖の伝説の怪獣のもとへと彼らを導いていく・・。

画像


謎解きものなので、詳しい解説は省きますが、クラシカルでロマンチックな雰囲気をもった素敵なホームズ作品です。ワトソンとホームズのやりとりも楽しく、冒頭のドタバタシークエンスで、ワトソンがホモ扱いされるシーンは笑えました。同じワイルダー監督の「お熱いのがお好き」を思い出します。

キャストはとても地味なのですが、全員ぴったりとはまってました。ホームズの兄のマイクロフトを演じてるのはクリストファー・リーですよ!

画像


ちょっとネタバレ気味になりそうですが、ストーリーとしては「ボヘミアの醜聞」タイプの作品なんですよ。ラストも余韻が残ります。

ホームズがお好きで、もしも未見の方は是非ご覧になってみて下さいね!

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ホームズの映画...そういえば私ったらロバート・ダウニー・Jr.のと、ベネディクト・カンバーバッチのテレビドラマしか見たことがなかったです。^^;
どちらもかなりアレンジされているので、たまにはこういう正統派の作品を見てみたいです。
古き良きイギリスの雰囲気がすてきですね。
セレンディピティ
2016/03/30 18:13
こんばんは!

セレンさん、昔NHKで放映されてたジェレミー・ブレットの「ホームズ」はご覧になった事ないですか?
私も全部は見てないのですが、あの番組はかなり正統的でしたよ。

映画になった作品はたいてい、原作からはなれたオリジナルストーリーが多いんですよね。
この映画もまったくのオリジナルでしたけど、雰囲気は正統な感じで良い雰囲気でしたよ。

映画版だとあともう一つ、「シャーロック・ホームズの素敵な挑戦」っていう映画があるんですけど、これも凄く良い映画でした!ロバート・デュバルがワトソンです!
もし、機会がありましたら是非。
ごみつ
2016/03/31 01:21
ごみつさん、こんにちは。
ホームズものと聞くととりあえずチェックする似非シャーロッキアンのkinkachoです。最愛のホームズ様はジェレミー・ブレッド様ですね。
ここに来て、カンバーバッチものとイアン・マッケランものが映画館公開されたのでチェックに行ったのですが、外しました。
kinkacho
2016/03/31 09:06
Kinkacho さん

こんにちは!
私もかなりの似非シャーロッキアンです。(笑)

カンバーバッチのはドラマを見てないのでまずはそこから。イアン・マッケランのはダメでしたか?私もこれもDVDになっちゃいそうです。

ジェレミー・ブレット最強シャーロック説は、まだしばらく続きそうですよね。なかなか越える作品が出ないし。

そう言えば、私、「ヤング・シャーロック」もけっこう好きなんですよね〜。大した映画じゃないんだけど忘れられません。
ごみつ
2016/03/31 16:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャーロック・ホームズの冒険 ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる