ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 新幹線大爆破

<<   作成日時 : 2016/03/04 16:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

1975年/日本 (監)佐藤純弥
(演)高倉健 山本圭 宇津井健 千葉真一 志村喬 志保美悦子 渡辺文雄 竜雷太 田中邦衛 小林稔侍 丹波哲郎 鈴木瑞穂 黒部進 北大路欣也 多岐川裕美 藤田弓子 宇都宮雅代
☆☆☆★★★

画像



東京駅を発車した、博多行き「ひかり109号」に爆弾を仕掛けたと、国鉄に脅迫電話がかかってきた。列車の速度が時速80キロ以下になると爆発する仕掛けであると告げる。ポイント切り替えを巧みに行う事によって、新幹線は速度を維持したまま南下していく。だが、その終点は間近に迫りつつあった。犯人、警察、国鉄による、緊張感あふれる駆け引きが続いていくが・・。

BS放映を録画。初めて見ましたが、日本の群像パニック映画として、かなりのハイレベルの作品でした。

まずは、速度が80キロ以下になると爆発する仕掛けというのは、明かにキアヌの「スピード」の元ネタになっていますよね。駅に停車が出来ないまま突っ走っているので、他の新幹線の運行はすべてストップするのですが、その間にも、あれこれと思わぬアクシデントがあり、その都度、国鉄運転指令室の判断によって、危機をひとつづつ回避していきます。

画像


それと並行して、警察による犯人の割り出しの捜査が続くのですが、こちらのドラマ部分もなかなかの出来でした。高倉健を主犯とする犯人グループのドラマ背景が、当時の日本社会の影の部分が描かれているのが、たまらないんですよね。

画像

まず、この作品の成功の要因の大きな部分が、主犯の役を高倉健にした事にあると思います。何て言うか、犯罪をおかしてしまうまでに至るある人間の姿にすごく重みが与えられているので、非道な犯罪だとはわかりながらも、犯人にシンパシーを感じてしまう事が、ドラマに厚みを与えているんですよね。

画像


主だった配役としては、犯人の一人、共産活動家崩れの山本圭も良かったし、冷や汗をかきながら運転を続ける新幹線の運転手役が千葉真一なのも意外な配役で面白いです。それと、高倉健のわかれた妻役の、宇都宮雅代がすご〜い美人でびっくりしちゃいました。

画像


さて、とてもお勧めの本作なのですが、残念な点は列車の乗客のパニック描写がヒステリックなだけで、まったく感情移入が出来なかった事かな。

警察が何度も失策をするので、この事件解決までの負の部分をすべて警察が背負わされていて、国鉄側は非の打ちどころのない存在として描かれているのが、少し気になりました。最後に運転指令室長の宇津井健が、とある理由から事件の後に辞職をするのですが、あんまりにも聖職の碑みたいなセリフを言うのが鼻白む感じなのが残念でした。

きっとこの設定をいれる事で、国鉄の協力を得たんだろう・・と思ってたら、この作品、国鉄の協力はまったく得られなかったんだそうです!で、新幹線のシーンはけっこう模型が使われてるのですが、特撮もなかなか良い出来でしたし、駅のシーンなんかは隠し撮りをしてきたそうです。^_^;

画像


何はともあれ、日本のこの手の作品としてはかなりの出来栄えですので、是非お勧めです。日本よりも、外国での評価が高い作品なんだそうですよ。

それと、1975年(昭和50年)って、まだこんなに、古い街並み、古い日本が残ってたんだな・・と、映画の風景を見ながらしみじみとしました。

良かったですよ〜。

画像




時代と歩んだ国鉄列車 DVD-BOX 全5枚セット【NHKスクエア限定商品】
NHKエンタープライズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 時代と歩んだ国鉄列車 DVD-BOX 全5枚セット【NHKスクエア限定商品】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。たくさん記事をアップされましたね。
新幹線大爆破は、以前リンク先の方がレビューを書かれていて、気になっていたのですが、やっぱりすごくおもしろそうです。BSで放映していたんですね。見逃してしまって残念です。DISCASで借りちゃおうかな。^^
キャストも豪華ですねー。宇津井健さんはちょうど赤いシリーズの頃かしら? あと、この頃多岐川裕美さんが好きだったんです。七瀬ふたたびとか。懐かしいです。
セレンディピティ
2016/03/06 09:19
セレンディピティ さん

こんばんは!
ブログ記事がいっぱいたまっちゃってて、時間があったのでまとめて3つ作っちゃいました〜。

犯人役の高倉健が凄く雰囲気あって良いので、それにささえられてる感じもありますが、日本のパニック映画でここまで良く出来てる映画はなかなかないのでお勧めですよ。

それと、昭和50年の東京の雰囲気も懐かしくて楽しめますよ。そもそも「国鉄」っていう名称を聞くだけで、ノスタルジー感じちゃいますよね。
改札の切符を切る音が聞こえてきそうです。(笑)

そうですね、宇津井さんは「赤いシリーズ」の頃かも。多岐川裕美さんは出番ちょっとですがきれいでしたよ〜。

機会があったら見てみてね。
ごみつ
2016/03/06 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
新幹線大爆破 ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる