ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生

<<   作成日時 : 2016/04/06 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

Batman VS Superman: Dawn Of Justice
2016年/アメリカ (監)ザック・スナイダー
(演)ベン・アフレック ヘンリー・カビル エイミー・アダムス ジェショー・アイゼンバーグ ダイアン・レーン ローレンス・フィッシュバーン ジェレミー・アイアンズ ホリー・ハンター ガル・ガドット ケビン・コスナー マイケル・シャノン
☆☆☆★★

画像


http://wwws.warnerbros.co.jp/batmanvssuperman/

両親を目の前で犯罪者に殺されたトラウマから、犯罪を憎み私的に犯罪者と戦うバットマンに行動に対して、クラーク・ケント(=スーパーマン)は疑問を抱いていた。

画像


一方、ブルース・ウェイン(=バットマン)も、救世主バットマンが善のために力を使う時に多大な犠牲をともなう事に怒りを抱き、スーパーマンの排斥を計画していた。

↓「バットマン」ファン的にはこのバットスーツはちょっと許せない。(^_^;)

画像


やがて、2人は対決することになるのだが・・。

そもそも、バットマンとスーパーマンって、能力にしろ、キャラクター設定にしろ、何もかもが違い過ぎて、私は2人の競演作品はあんまり楽しみじゃなかったっていうのが本音です。

ロイス

画像


バットマンは、アメコミヒーローの中ではダントツで好きなキャラクターで、それまでの作品をこよなく愛していたし、それほど興味のなかった「スーパーマン」(全部見てるけど)も、前作のザック・スナイダーの「マン・オブ・スチール」が椅子から転げ落ちそうなほど(笑)良かったので、多少の期待と不安とともに劇場へ足を運んでまりいました。

ジェレミー・アイアンズ演じるアルフレッド

画像


結論から言うと、スーパーマンが登場する作品をこんなに暗くする必要があるんだろうか?っていう疑問でした。製作のクリストファー・ノーランの世界観にひきずりこまれすぎじゃないかな?まあ、ザック・スナイダーも「ウォッチメン」撮るだけあって大概なんだけど、これはホント、気持ちがすっきりしない作品でした、暗過ぎて。

ジェシー・アイゼンバーグのレックス・ルーサーは悪いザッカーバーグっていう感じで良かった。(笑)

画像


バットマンはもともとダークナイトなキャラクターなのでこの路線で問題ないんだけど、スーパーマンはね〜。あとゾッド将軍のクローンモンスターも、パシフィックリムじゃないんだからさ〜。

と文句ばっか書いてますが、私はアメコミヒーロー映画、特撮映画の大ファンなのでまあまあ楽しめました。

今回、ワンダーマンも登場して、いよいよ「ジャスティス・リーグ」の誕生となるのでしょうが、次回はもうちょいお話をわかりやすく、少しはカタルシスを感じさせてくれる作品になると良いな〜。

画像


次回、もしかしてスーパーガールか、ロビンあたりが出るかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」
小中学生でアメコミを読み込んだ子供が「バットマンとスーパーマンが戦ったらどっちが勝つかなー」と夢想したその夢を、「くだらないこと言ってんじゃないよ!勉強しなさい!」と一蹴するオカンになるのか、金をかけて一本のゴージャスな作品にする大人になるのか、という所で後者の大人がゴージャスな作品に仕上げたらこうなりましたとさ。っていう具合なので、それ以上でもそれ以下でもない。そしてそのことを批判するつもりはさらさらないので、よろしいのかな、とは思います。それに色んなお楽しみがあった。どっちが勝つかなー、とい... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/04/12 16:11
【レビュー・評価】映画『バットマン vs スーパーマン』の感想と見どころ、そこから学ぶ恋愛学とは
先日、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を映画館で観てまいりました。バットマンとスーパーマンという男同士の戦い。それぞれがそれぞれの想いを持って挑みます。 私の感想を単刀直入に言えば、凄く良かったです。前評判はいろいろ言われていましたが、それはその人たちの感想。しっくりこない人にはしっくりこないだろうし、合わない人には合わない。 それは恋愛だって同じこと。もし、アナタがこれを読んで「ピン!」と来たなら、作品をご覧になってみてください。それぞれの男の姿に震えると思いますよ。 そ... ...続きを見る
恋愛語ルシス
2016/04/13 00:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん、こんにちは。
ごみつさんもヌマンタさんもこの映画を見ているのに笑っちゃいました。
スーパーマンとバットマンを合わせるのはプラス×マイナス=マイナスですよね。
割れ顎イケメン祭り&ワンダーウーマンで許す、ぐらいの気持ちで見ないといけない作品でした。
kinkacho
2016/04/07 11:05
Kinkacho さん

こんばんは!
私も、お二人とも早々にご覧になってたので、おかしくなっちゃいました。(笑)
やっぱ、こういう映画は楽しいですよね。

そうそう、スーパーマンとバットマンの組み合わせはバランスが悪くて、難しいですよね。
ワンダーウーマンの存在が、けっこうこの作品の助けになってましたね。次回の活躍も楽しみです。

それにしても、スーパーマンもワンダーウーマンも長生きしそうで、バットマンだけ可愛そうだな〜。
ごみつ
2016/04/08 01:41
この映画は、はずせないでしょう(苦笑)。あんなにシリアスにしないで、エンターテイメントに徹すれば、案外と良い作品になったかもしれません。笑える場面が少なかったんですよね、この作品。
余談ですが、私はこの映画は新宿・歌舞伎町で観たのですが、2割くらいの観客は外国人、それも欧米系でしたね。微妙に笑いどころが違うのが興味深かったです。
ヌマンタ
2016/04/08 10:02
ヌマンタ さん

こんばんは!
そうそう、この映画シリアスすぎますよね〜。
基本的には、SFだし、ファンタジーなんだから、もうちょい楽しい気分になれる映画にして欲しかったですよね。

「男はつらいよ」で、日本人しか笑えない場面がある様に、欧米人にしかわからない笑いなんかもあるんでしょうね。
外人の方がリアクションが大きいので、たくさんいる中で一緒に見ると楽しそうです。

さ〜て、次は「アヴェンジャーズ、シビルウォーですね!」
ごみつ
2016/04/08 23:16
おはようございます。
ヒーロー同士がどうして戦わなければならないのか??観客を納得させるだけの正当な理由を考えるのが難しそうですね。
2人が協力して敵に立ち向かう、とすればよかったのに...
それにしても、私もこのバットスーツは許せません!(笑)
セレンディピティ
2016/04/10 08:29
セレンディピティ さん

こんにちは!
もともと、この2人はお互いの存在の在り方を疑問視してたのですが、そこにレックス・ルーサーが罠を仕掛けるんですよね。

バットマンのこのスーツは、対スーパーマン用に頑丈に作ったんだと思うのですが、基本的に焼け石に水だと思う。(笑)

そして、最終的には・・・。レックス・ルーサー(悪いザッカーバグ)の存在もお忘れなく。

この作品、暗くてあんまり楽しくないので、テレビ放映された時にでも〜。

ごみつ
2016/04/10 13:23
こんにちは、こんにちは。
アメコミファンとしての鋭い観察眼、敬服致します。
私は「マン・オブ・スチール」を見ていないので(ヘンリー・カビルの食わず嫌いだった)、「マン・オブ・スチール」見なきゃだわ!と思いました。
別作品のコメントみたいになってしまい、すみません。
ここなつ
2016/04/12 16:09
ここなつ さん

こんばんは!
コメントとTB有難うございます。

私、昔からアメコミ映画も含む、特撮映画が大好きで、こういう作品はたいてい見てるんですよね。(笑)
全然くわしくはないんですけど(^_^;)、それにしてもこの作品はちょっと残念でした〜。

「マン・オブ・スティール」はスーパーマン映画としてとても新鮮だったんですよ。良かったら是非是非。「バットマンVSスーパーマン」は「マン・オブ〜」の続きの物語ですし☆

後でここなつさんのところにもおじゃましますね。
ごみつ
2016/04/13 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる