ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間・始皇帝

<<   作成日時 : 2016/04/13 15:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


鶴間和幸著 岩波新書
☆☆☆★★★

苛烈な暴君か、有能な君主か。中国最初の皇帝の生涯は謎に満ちている。出生の秘密、暗殺未遂の経緯、統一の実像、そして遺言の真相―。七〇年代以降、地下から発見された驚くべき新史料群に拠ると、『史記』の描く従来の像とは違った姿が見えてくる。可能な限り同時代の視点から始皇帝の足跡をたどる、画期的な一書。(新書解説より)

昨年発行の新刊です。

先日、東京国立博物館で開催された「兵馬俑展」にあわせて放映されたNHKスペシャルの中でも紹介がありましたが、1974年に兵馬俑坑が発見されて以来、地下から多くの資料が発掘、研究され続けていて、それまで信じられてきた司馬遷の「史記」の内容をくつがえす新事実も発見されてきているとの事。

NHKスペシャル「アジア巨大遺跡 第3集 地下に眠る皇帝の野望」
http://www.nhk.or.jp/special/asia-iseki/warriors.html

この書籍はその新たに発見された情報をもとに、著者があらたな仮説をたてて解説していて、とても興味深い内容。ほぼ夢中で一気読みしてしまいました。

また同じ「史記」でも、本記と列伝では内容が異なっている箇所があり、出土資料や同時代の別の資料ををもとに、どちらの記述が正しいのかを検証していく謎解き的な面白さもありました。

さて、内容に関しては是非読んでいただきたいので、細かくはあげませんが2つだけ興味深かった点を。

まず、スキャンダル的な面白みもあり、誰もが疑問に思っている、「始皇帝は誰の子なのか?荘襄王?呂不韋?」問題ですが、これについても呂不韋の子供ではないという、見解が述べられています。もちろん確かめるすべはないわけですが、個人的にはもしも荘襄王か呂不韋の遺骨が見つかったら、いずれ発掘されるかもしれない始皇帝の遺骨とDNA鑑定できないかな・・って思ってるのですが、ムリかな?(^_^;)

始皇帝が眠りにつく始皇帝陵

画像


もうひとつ、私が一番「うぉ〜!」と思ったのは、始皇帝時代最大の内乱事件、「嫪毐事件」とハレー彗星の関係ですね!古代中国では天文現象は吉凶をあらわしていると考えられていたため、観測とその記録がたくさん残ってるんですね。

で、いみじくも始皇帝の治世、始皇7年(紀元前240年)にハレー彗星がおとずれていて、ほぼ1年近くにわたって消えたり(太陽に接近時見えなくなる)あらわれたりを繰り返した記録が残っているのですが、これがハレー彗星の明確な記録では世界最古のものだそうです。

ちょうど始皇帝20歳の頃。ハレー彗星の年に嫪毐事件がおこり、連座して呂不韋も失脚。始皇帝の親政がはじまるのですが、これは彗星の出現と無関係ではないというものです。おそらく古代の人々にとって、彗星はかなり恐ろしい天からのメッセージだたろう・・と思われるのですが、その事がこの事件を誘発させ、また政治的利用された可能性が高いのでは・・というのが著者の推測です。

その他、趙の間諜だった鄭国の治水事業、(鄭国渠は2200年後の今でも現役で活躍中)、荊軻と張良による暗殺事件の背景、統一後の皇帝巡行の経路、始皇帝の死後から秦帝国滅亡までのあれこれが、とても興味深く考察されています。

鄭国渠

画像



中国史に興味のある方にはお勧めの1冊。300ページないですからあっという間に読めますよ〜。
今年は、私、始皇帝イヤーでいこうかな〜〜。(笑)
 
別冊歴史REAL春秋戦国500年の興亡 (洋泉社MOOK 別冊歴史REAL)
洋泉社
2015-10-05
渡辺義浩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 別冊歴史REAL春秋戦国500年の興亡 (洋泉社MOOK 別冊歴史REAL) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん、こんにちは。
始皇帝、ごみつさんの寵愛を一身に集めてますね(笑)
最近の新書は教養書でなくなり、まったく歯応えがなくなっているなと思っていたのですが、この本は面白そう!
本屋で探すか、図書館でリクエストかけます。
kinkacho
2016/04/15 00:01
Kinkacho さん

こんにちは!
始皇帝、始皇帝、としつこくてすみません。(笑)
秦道建設のドラマ(始皇帝-勇壮なる闘い-)があってそれを見るかどうか思案中です。
あと、「キングダム」を何とか読みたいと思ってます。マンガって図書館にあるかな〜?
とりあえず今年はイヤー・オブ・始皇帝にしようと思ってます。(笑)

最近の新書は、びっくりするくらい薄っぺらな内容が多くてガッカリしますよね。
この本は、新しい情報なんかが記載されてるし良かったですよ。
一日で読めちゃうと思うので、是非!
ごみつ
2016/04/15 13:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間・始皇帝 ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる