ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望

<<   作成日時 : 2016/05/26 14:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

Star Wars: Episode IV A New Hope
1977年/アメリカ (監)ジョージ・ルーカス
(演)マーク・ハミル ハリソン・フォード キャリー・フィッシャー アレック・ギネス ピーター・カッシング アンソニー・ダニエルズ ケニー・ベイカー ピーター・メイヒュー (声)ジェームズ・アール・ジョーンズ
☆☆☆☆

画像


1月に記事にした「新春スター・ウォーズ祭り」ではとりあげてなかった一番最初の「スター・ウォーズ」がBSで放映されていたので嬉々として見ました。これも見るのはかなり久しぶりでしたが、あらためてこの映画の凄さを再確認出来ました。

とにかくこの映画の衝撃がどれほどのものだったかは、今となってはなかなか説明が難しいのですが、とにかく全編にわたってそれまで見た事のないシーンの連続なんですよね。ルーカスは天才としか言いようがないです。

ルーカスの頭の中では、壮大なスター・ウォーズ・サーガがあったのですが、映画化にあたって一発でコケる可能性もあるので、順番通りにはせずお話が最も盛り上がっているエピソード4を第1作目として発表。

だからいきなりレイア姫の乗った船が帝国の船に追われているシーンからはじまるのですが、やっぱ最初の衝撃はここですよね。

画像


こんな大きな宇宙船見た事ないよ!CGがこの頃まだ未成熟なので、ほぼミニチュア撮影なワケですが、この撮影がとにかく凄い。私ね、この時、東宝とか円谷とかの特撮撮影関係者にどれだけ衝撃を与えただろうと思うと鳥肌が立ちますね。

レジェンドのはじまりです!

画像


「スター・ウォーズ」が出るまでのSF映画のコンセプトやデザインっていうのは、ピカピカの未来的イメージが一般的だったのですが、この世界ではジャンクとして廃棄されるものの描写、普通の人々のリアルな生活感がSF的なイメージに融合して、もうそれはそれは驚きだったんですよね。

C3POとR2D2は「隠し砦の三悪人」の、千秋実と藤原釜足のコンビがモデルです!

画像


「スター・ウォーズ」は映画作品としてはストーリーも含めて新味のあるものではないのですが、とにかく凄いのはその世界観とコンセプトなんですよね。

主要キャストはほとんどが当時無名。そして無名だからこそはなたれるキャラクターの瑞々しさ。この映画で著名なのはオビ・ワンのアレック・ギネスとモフ・ターキンのピーター・カッシングくらいじゃない?しかし、アレック・ギネス、よくこの映画に出演したよね。実は最初、オビ・ワンの役は三船敏郎にオファーされてたらしいのですが、彼は断っちゃったんだそうです。

キャンティーナのシーンも凄いよね、これ。ハン・ソロはかっこ良いし。

画像


ジェダイの騎士、そしてフォースという概念はルーカスはどこから着想を得たのかな?

まあ、とにかく「スター・ウォーズ」がSF映画のみならず、映画史全体と通しての金字塔と呼べる作品である事は間違いないとあらためて感じた再観賞でした。

タトゥーインに沈む2つの太陽。ホント名シーン。

画像


最後の戦闘シーンも凄い。May The Force Be With You

画像


ここも良いんだよね。「ピノキオ」の鯨のシーンみたいで(笑)

画像


まだちょっとレイ・ハリーハウゼン的な特撮シーンがあるのもグっときます。

画像


やっぱ、「スター・ウォーズ」最高!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん、こんにちは。
改めてエピソード4はすごいですよね。
当時何もないところからこれが立ち上がったことを考えると、予算、セット、特撮、全てがルーカス一世一代の賭けだったのではないでしょうか。
この企画をスポンサーした会社もすごい。
このスケールをやって成してしまうのが、アメリカ映画の凄みだと思います。

続編を見てからエピソード4のアナログワールドを改めて見ると、そんな感じがします。
あと、今から40年以上前だったのだという、時間の流れも感じざるをえず。そんなところにも、感無量。

dumbo
2016/06/02 13:32
Dumbo さん

こんばんは〜!
コメント有難う。

「SWエピソード4」はSF映画の金字塔ですよね!この映画からその後のSF映画のすべてが変わりましたからね。

「スター・ウォーズ」は最近、ディズニーに権利を売り渡すまでは、ルーカスがすべて自前で製作してたんですよね。20世紀FOXは配給してただけで。
だから「スター・ウォーズ」って、世界で一番有名で、一番興行収入をあげたインディペンデンス映画なんですよ。(笑)ホント、凄いね。

あ、近いうちに是非、拙宅に遊びに来てね。またメールいたします〜〜。
ごみつ
2016/06/03 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる