ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 里見八犬伝

<<   作成日時 : 2016/07/06 20:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

1983年/日本 (監)深作欣二
(演)薬師丸ひろ子 真田広之 千葉真一 寺田農 志保美悦子 京本政樹 目黒祐樹 夏木マリ 萩原流行 岡田奈々 成田三樹夫
(声)松坂慶子
☆☆☆★★

画像


John O'Banion - I Don't Want This Night To End (aka., Satomi Hakken-Den)
https://www.youtube.com/watch?v=XV1YOaoZ42k


BS放映にて久しぶりで観賞!角川の大作映画にだまされ続けた日々(笑)を思い出しながら懐かしく楽しく観賞しました。

滝沢馬琴の南総里見八犬伝をベースに翻案された鎌田敏夫の「新・里見八犬伝」を映画化した作品です。主役は当時、人気絶頂だった薬師丸ひろ子。基本的にはアイドル映画だと言っても良い作品ですが、アクション部分をJACの俳優達が支えていて、特撮はいまひとつふたつですが、まずまず良く出来ていると思いました。

画像


言いたい事、何じゃこりゃ、なところはたくさんあるし、色々と中途半端な大作映画なのですが、こうして今見てみると、角川だからこそ作れた作品だと思うし、とにかく出てくる役者さん達が皆さん若いし懐かしいので、それだけでもかなり楽しめました。

京本政樹(八剣士)の登場シーンは桜吹雪。ここ昔の時代劇ぽくて良かった。

画像


南総里見八犬伝は、昔、NHKの人形劇を夢中で見ていたのですが、いかんせん子供だったのであまり細かいストーリーを覚えてないんですよね。「新・里見八犬伝」はディテールをかなり変えてあるみたいなのですが、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の各字を刻んだ八つの霊玉が剣士とともに甦っている設定とかは、やっぱり「水滸伝」がベースになっているのでしょうね。

画像


背景のストーリーは書いてると長くなってしまうので省きますが、映画の見どころは薬師丸ひろ子と、JACの人気スターだった真田広之の魅力が楽しめるところと、八剣士達のキャラクターとそれぞれの背景、あとは妖怪として転生してしまっている蟇田素藤(目黒祐樹)と、母親の妖婦玉梓(夏木マリ)の悪役ぶりでしょうか・・。

画像


伏姫は松坂慶子の声だけで登場。何か、犬の八房(やつふさ)とか登場すれば良かったのにな〜。作品的にはあんまりお勧めじゃないのですが、年齢が40歳以上の方は懐かしさで楽しめると思いますよ。

現代語訳 南総里見八犬伝 上 (河出文庫)
河出書房新社
曲亭馬琴

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 現代語訳 南総里見八犬伝 上 (河出文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん、こんにちは。
この映画、なんと!公開初日に立ち見で見たという黒歴史な映画です。
真田広之のファンだったもので、ついウカウカと...この頃は若くてハンサムだったわ〜演技はダメダメだったけどね。
この頃はシネコンなんて無くて、大きな映画館の大スクリーンで見ましたね。
懐かし〜!
kinkacho
2016/07/06 23:20
Kinkacho さん

こんばんは!
ホント、懐かしさにやられちゃう・・って感じですよね!

あの頃が、映画を立ち見で見るっていう経験が出来た最後じゃないかしら?
私が最後に立ち見で見た映画は、「愛と青春の旅立ち」です。(笑)
今は全席指定だからもう立ち見はないし、そもそもそれほどお客さんもはいらないでしょうね・・。

真田広之、ハンサムだし、アクションもイケてるのでこの頃本当にカッコ良いですよね。
今では外国映画にも出る様になって活躍をしてくれてるのは嬉しい限りですね!
ごみつ
2016/07/06 23:51
南総里見八犬伝を原作にしてしまうと、どうしても結末が尻切れトンボになりますね。あの時代を考えれば、水滸伝の結末をもってくるわけにはいかない。それは仕方にないと思いますけど、原作の最後があまりにしょぼいので、私はこの映画、観に行きませんでした。
私は水滸伝から入ったので、同様の結末を期待したので、原作を読んだときの失望感は半端なかったです。
ヌマンタ
2016/07/07 17:31
ヌマンタ さん

こんばんは!
私、南総里見八犬伝を読んだ事がないのですが、ラストはそんなに尻切れトンボなんですか〜。
この映画は、鎌田敏夫の「新・里見八犬伝」が原作らしいのですが、ラストはたぶん違うんじゃないかな。
薬師丸姫と真田広之が駆け落ちしちゃうっていう女子がときめくタイプのラストになってました。(笑)

やっぱり里見八犬伝は「水滸伝」の影響が大きい作品ですよね?

この映画版は内容的にはお勧めでもないのですが、80年代の角川映画の雰囲気を懐かしく味わえるので、またテレビ放映があったら是非見てみて下さいね。
ごみつ
2016/07/07 23:33
こんばんは。
薬師丸ひろ子ちゃん、人気ありましたよね! 私は当時、カラオケの十八番でしたが、そういえば彼女の映画を見たことがなかったです...。

真田広之さんは当時は特にファンというわけではなかったのですが、たまたま見た「怪盗ルビイ」という映画が大好きでした。(キョンキョンと共演)
邦画をあまり見なかったので、真田さんの映画をよく見るようになったのはラストサムライ以降かな...
年を重ねてますますすてきな俳優さんになりましたね。
セレンディピティ
2016/07/09 19:51
セレンディピティ さん

こんばんは!
薬師丸ひろ子、セレンさんカラオケの十八番だったんですね!
ヒット曲もいっぱいありましたよね〜。

映画は私も全部見てるワケじゃないのですが、松田優作と共演した「探偵物語」が凄く良い映画でしたよ。

私、「怪盗ルビイ」は未見なんですけど、同じ和田誠監督の「麻雀放浪記」は物凄く好きな作品です!
わりと最近の作品だと「たそがれ清兵衛」が良かったな〜。

素敵な俳優さんになりましたよね!
ごみつ
2016/07/09 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
里見八犬伝 ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる