ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS SHERLOCK シャーロック/忌まわしき花嫁

<<   作成日時 : 2016/08/24 15:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

Sherlock: The Adominable Bride
2015年/イギリス (監)ダグラス・マッキノン
(演)ベネディクト・カンバーバッチ マーティン・フリーマン ユーナ・スタッブス ルパート・グレイヴス マーク・ゲイティス ルイーズ・ブレーリー アマンダ・アビントン
☆☆☆★★★

画像


http://sherlock-sp.jp/

8月のDVD発売を予約!連続して5回くらい見てしまいました!

ちょっとネタバレしつつ書きますので、テレビシーズンをご覧になっていない方はお気をつけ下さい。


シーズン3の最終話は、死んだはずのモリアーティがテレビの電波ジャックをして戻ってきた事を知らせる映像が流れるシーンで終わりました。

Miss Me?

画像



日本では劇場公開された「シャーロック/忌まわしき花嫁」は、きたるシーズン4へのつなぎとなる特別編ドラマです。

シャーロック・ホームズファンにはご存知の通り、ホームズがてがけた事件には多くの発表されていない事件があって、「語られざる事件」と呼ばれています。

この映画のモトネタは、「シャーロック・ホームズの思い出」の中の「マスグレーヴ家の儀式」の中で言及された「内反足のリコレッティとその忌まわしい妻の記録」なんだそうです。

画像


現代版シャーロックは、自分の頭を打ち抜いて自殺したのに、その後姿を現して夫を殺害したこのヴィクトリア時代の幽霊騒動を、マインドパレスの中で解決をしようとします。その事で、自らの頭を打ち抜いて死んだモリアーティがどうやって死を免れていたのかを推理する・・っていう構成だったんですよね。

画像


なので、これはテレビシリーズを見ていない人には、まったくわからないだろうと思います。今回のこの特別編はお金もかけているし、時代をオリジナル通りのヴィクトリア時代に設定している事、そもそもSHERLOCKはテレビドラマとしてはかなりのハイレベルの人気作品という事で劇場公開にしたのでしょうが、前もってシリーズを見ていないときびしいと告知していないと不親切ですよね・・。

さてとにもかくにも、私は超絶、楽しめたワケですが、その理由は何と言っても、この愛すべき現代版シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンの2人が、全世界のファンが心から愛してやまないヴィクトリアンロンドンを舞台にした、あの!本物の「シャーロック・ホームズ」の世界に甦ってくれるという、この喜び故につきるだろうと思います。

画像


ベネディクト・カンバーバッチのホームズ、ちょっと完璧じゃないですかね? このストーリーの話がきた時、カンバーバッチは「やっとあのいまいましいモップ頭を切る事が出来ると嬉しかった」とインタビューで語ってた様です(笑)

画像


この作品、最大の見せ場はラストの、ライヘンバッハの滝のシーン。ホームズとモリアーティーが決闘するこの有名なシーンは、背景が壮大な事もあって、実は今まで一度もこの設定通りに映像化された事はないんだそうです。

ターナーの「ライヘンバッハの滝」

画像


もの凄いシャーロッキアンである、制作、脚本のマーク・ゲイティス(マイクロフトも演じてます)とスティーヴン・モファットは、このシーンを原作通りに甦らせるのが夢だったそうですが、これはきちんとした映画化作品でもっと予算がつけばもっと素晴らしいシーンになったでしょうね。それでも、私はこのラストシーンが大好きです。

長くなるのでこのあたりにしますが、この作品を含めて、「シャーロック」という作品は、全編にわたってオリジナルのシャーロック・ホームズのネタ、及び関連作品へのオマージュに溢れているので、はまっている方は、是非是非、オリジナルのコナン・ドイルのシリーズを読み返してみると良いと思います。

画像



私は、「緋色の研究」「三つの署名」「シャーロック・ホームズの冒険」と3作、既に読み返しましたが、既にあっちこっちで発見がありました。

スティーヴン・モファットが特典映像の中のインタビューでこんな事を語っていました。

「時代を現代に変えたり、展開を変えたり、様々な脚色をしているけれど、ドイルが書かないであろう事は絶対にしないし、していないと自負している・・。」みたいな事を言ってました。

SHERLOCKをご覧になっている方は必見。シリーズを未見の方は是非、是非、シリーズ第1話「ピンク色の研究」からご覧下さい!!

画像








シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)
新潮社
コナン ドイル

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
忌まわしき花嫁、もうDVDになっているんですね!
私も早くチェックしたいですが、その前にまずはシーズン3を見ておいた方がよさそうですね。
ところでライヘンバッハの滝のシーンって、たしかガイリッチー版「シャーロックホームズ シャドウゲーム」にありましたよ。原作に忠実かどうかはともかくとして...。^^
セレンディピティ
2016/08/24 16:17
確かに、原作のTVドラマを知らずに見ると、この映画は???でしたよ。背景とか小道具に異常に拘った映像なのは、分かりましたけどね。そのあたり、日本の映画会社は丁寧に告知して欲しかったですね。
ヌマンタ
2016/08/24 16:38
ごみつさん、こんにちは。
煽られてますますグラグラしてます。もう諦めてハマるべきなんでしょうか?
映画版、TVシリーズを見てないとツライとわかってながら、映画館で見ちゃいましたからね。
kinkacho
2016/08/25 07:10
セレンディピティ さん

おはようございます。
もうちょっと早くシャーロックをみはじめていたら、これも劇場に行けたのにな〜っとちょっと残念ですが、DVDでもじゅうぶんに楽しめました!

これを見るなら必ずシーズン3を最後まで見ておかないとダメなので、是非あわせて見てみて下さいね!

「シャドウゲーム」では、滝が屋敷から落ちている(ライトの落水荘みたいに)ちょっとダムっぽい人口の滝だったんですよね。
それを、本当のライヘンバッハの滝の様に撮影したかったみたいです。

シャーロッキアンのこだわりってやつなんでしょうね。
ごみつ
2016/08/25 08:30
ヌマンタ さん

おはようございます。
この作品、テレビシリーズを見ていないと、話の流れとか展開がまったくわからないと思うので、そのあたりは宣伝の時にきちんとうたっておいて欲しいですよね。実際、他の方のレビューを見ても同じ様な憤りコメントがいっぱいありました。

私も特典映像を見て知ったのですが、あのホームズの部屋のシーンだけでも、ディテールのこだわり方はかなり凄いみたいです。 本の中で、ちょっと語られた調度品とかぬかりなく配置してあるみたいですよ。

ヌマンタさんもテレビシリーズ、再放送とかで観る機会がありましたら是非。
ごみつ
2016/08/25 08:46
Kinkacho さん

おはようございます。
私がはまってるもんで、ついつい煽り口調になってしまいます。(^_^;)
劇場作品なら気軽に見られますけど、テレビシリーズとなるとなかなか手を出しにくいのはありますよね。
今のところ9話(1話90分くらい)しかないので、お時間が出来た時にでも。

いつか見ておいて、決して損はない作品だと思います〜。
ごみつ
2016/08/25 08:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
SHERLOCK シャーロック/忌まわしき花嫁 ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる