ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS スター・トレック Beyond

<<   作成日時 : 2016/11/01 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

Star Trek Beyond
2016年/アメリカ (監)ジャスティン・リン
(演)クリス・パイン ザッカリー・クイント ゾーイ・サルダナ サイモン・ペッグ カール・アーバン アントン・イェルチン
ジョン・チョウ イドリス・エルバ
☆☆☆★★★

画像


http://www.startrek-movie.jp/

新生劇場版「スター・トレック」の3作目。JJが「スター・ウォーズ」の仕事をルーカスから託されたためか、今回から監督は「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リンに代わりました。

実は「ワイルド・スピード」は1作も見ていないので、ジャスティン・リン監督の作品を見るのもこれが初めてなのですが、恐らくスピード感のあるアクションシーンをうまく演出する手腕をかわれての抜擢だと思いました。

画像


1,2作で構築されたエイブラムス版スター・トレックの世界をうまく引き継ぎながら、カーチェイスっぽいシーン、接近戦のアクション、格闘シーンなんかが、今までの2作よりも等身大感覚でつくられていたと思いました。

なので、この作品、オリジナルテレビシリーズっぽい雰囲気に近づいた感じがする作品です。

画像


特に目立つのは、長期の宇宙探査を続けているカークとスポックに、今の仕事に対する迷いが生じている・・っていうシチュエーションで、このシリーズを続けていくにあたっての、ちょっとした転換期を描いたドラマになっていたのも良かったし、これはとても「スター・トレック」らしいお話だ!って思えました。今回、スコティを演じているサイモン・ペッグが脚本に参加してるんですね。

画像


ストーリーとしては、エンタープライズ号がクラールという異星人から襲撃をうけ、船は大破、仲間ともバラバラになってしまう中、連邦の宇宙基地であるヨークタウンを守るために奮闘する姿が描かれています。

画像


宇宙基地ヨークタウンのイメージと特撮シーンが素晴らしかったな〜・・。あと、クラール軍団の襲撃シーンも凄いです。こういうシーンがあるから、特撮映画はやめあられないし、絶対に劇場で見たいんですよね〜。

画像


新生劇場版「スター・トレック」は基本的に超人気ドラマシリーズであったオリジナルテレビシリーズの世界観に大きく依存している作品なので、テレビシリーズを見ていた人ほど楽しめる作りになっています。それでも、今更昔のテレビシリーズを見るのもきついだろうと思うので、可能であればオリジナルメンバーによる劇場版だけでも見ておくと、もっと楽しめると思いますよ!

さて、オリジナルのスポックを演じていたレナード・ニモイ氏と、新しいチェコフを演じていたアントン・イェルチン君が惜しくも今年亡くなってしまい、映画のラストクレジットで追悼のメッセージが出ました。

イェルチン君はまだ20代だったので本当に残念です。以降、スター・トレックでは、チェコフは不在のままにして作品化していく予定だそうです。

このシリーズではチェコフの雄姿はBeyondが見納めです。

画像


ところで、前述したオリジナルメンバー劇場版では、レナード・ニモイが監督をした「スター・トレックIV故郷への長い道」が個人的には一押しですので是非ご覧になってみて下さいませ。

号泣ですね。

画像






スター・トレック オフィシャル 宇宙ガイド
日経ナショナルジオグラフィック社
アンドリュー・ファゼーカス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スター・トレック オフィシャル 宇宙ガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん、こんにちは。
あ〜!!最後の写真で号泣ですわ...
高校時代にオリジナルシリーズを見といてよかった! この映画を倍は楽しめますもの!!
ちょっとお調子者のチェコフくんに二度と会えないのは悲しいです。
kinkacho
2016/11/01 23:33
Kinkacho さん

おはようございます!
たぶん、スポックの遺品の中の写真ってこれですよね?

ちょうど私達が高校生の頃、再放送がやってたんですね。大阪は深夜枠で、東京は夕方だったのかな。
私は学校から帰って「スター・トレック」の再放送を見るのが最高に楽しみでした。

機会があれば全話、また見てみたいです。
ごみつ
2016/11/02 09:04
TVのシリーズをほとんど観てない、覚えてない私の場合は、早川の小説からなので、映画の新シリーズはちょっと辛いですね。でも、特撮は見事で、映像美はさすがです。「ワイルドスピード」は車好きなら見逃せない映画ですが、バイクのスタントはあまり多くないので、私的にはつながりませんでした。まァ、カーアクションの部分はおまけで、やはり白眉はロックンロールの曲に載せての突撃シーンでしょう。あれは楽しめました。
ヌマンタ
2016/11/02 14:42
ヌマンタ さん

こんばんは!

カークのバイクのシーンとか、「ワイルドスピード」っぽいかな・・と思ったのですがちょっと違うんですね。(^_^;)
人気シリーズだし、私も今度見てみようと思います。

そうそう、やっぱりあの「短波ラジオ」で音楽を流す!作戦は見せ場でしたよね。
あのあたりのCG特撮凄かったですよね。

やっぱり特撮映画は最高!です。
ごみつ
2016/11/03 01:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
スター・トレック Beyond ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる