ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS ガール・オン・ザ・トレイン

<<   作成日時 : 2016/12/21 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

The Girl On The Train
2016年/アメリカ (監)テイト・テイラー
(演)エミリー・ブラント レベッカ・ファーガソン ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー ルーク・エヴァンス アリソン・ジャネイ エドガー・ラミレス リサ・クドロー
☆☆☆★★

画像


http://girl-train-movie.jp/

ポーラ・ホーキンズのベストセラーミステリー小説の映画化作品。

愛する夫と離婚をし、心の傷からアルコール中毒になってしまったレイチェルは友人の家で同居をしていた。

通勤電車から見える1件の家に住むカップルを理想の夫婦の姿として心の慰めにしていたレイチェルは、ある日その家の妻が別の男と不倫している姿を目撃してしまう。

画像


取り乱した彼女は、途中下車をしてその家に向かうが、途中で記憶を失い血だらけの姿で自宅で目を覚ます。そして、理想の妻だと思っていたその女性が行方不明になってしまっている事を知る・・。

失踪した妻メガンを演じているのはヘイリー・ベネット。この女優さん、「ラブソングができるまで」で歌姫コーラを演じてた彼女ですね!

画像


私は映画はなるべく事前情報を入れたくないし、特にミステリー作品の場合ねたばれするのは暴力とまで思っている方なので(笑)こういうミステリー作品の場合、記事をつくるのにネタバレするかしないか、いつもとても悩みます。

ネタバレしないと、その映画が訴えたいテーマをきちんと語れない場合もあったりするので、どうしようか・・とも思ったのですが、公開中の新作ですし今回はやっぱりネタバレはしない事にいたしました。

結末がわからない範囲で思った事を書かせていただくと、これはイメージとしては「ゴーン・ガール」と似ている作品です。

レイチェルの夫は別の女性アナと再婚していて一児をもうけています。

画像



日常生活の中で、女性がうけている仕打ち、そして男性からの形のない暴力への、女性からの復讐劇と言って良い作品でした。ネタが明かされてみるとミステリーとしてはそれほど大した内容ではないのですが、じわじわと伝わってくるのは「女性の怒り」です。

ふざけんなよ・・と。

画像


私はそこまでひどい目に社会の中で出会った事がないのですが、女性の権利が認められていない国はもちろんの事、恐らく先進国であっても、世界の至るところで力のない女性が涙を飲まされている現実がたくさんあるだろうと思う。

だって、女性なら誰でも感じた事があると思う。男性がいきなり暴力的になった時に感じる恐怖を。

作品は基本的に、主役のレイチェルを中心に、メインとなる3人の女性の心理劇的な色合いが濃かったので、本当はこれは原作を読んでみるともっと深くテーマが伝わってくるかもしれません。

画像


なかなか心に残る作品でした。

ガール・オン・ザ・トレイン(上) (講談社文庫)
講談社
2015-10-15
ポーラ・ホーキンズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ガール・オン・ザ・トレイン(上) (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ガール・オン・ザ・トレイン」
エミリー・ブラント渾身の作品。そして終始緊張を強いられる。エミリー・ブラントと共に、緊張感溢れる想像力の旅と記憶の旅を彷徨うのだ。マンハッタンへ行って帰る電車に乗って。エミリー・ブラントは揺るぎない主役なのだが、物語は3人の女性を軸に展開する。レイチェル(エミリー・ブラント)、アナ(レベッカ・ファーガソン)、メーガン(ヘイリー・ベネット)。ニューヨーク郊外の湖のほとり、瀟洒な一戸建てに住む人々を、レイチェルは毎日の通勤で電車の中から見やっていた。注目している家は2軒。1軒は、美しい女と洒落た男が... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/12/27 13:14
ガール・オン・ザ・トレイン
世界中でベストセラーとなった同名のミステリー小説を、エミリー・ブラント主演で映画化。「ヘルプ 心がつなぐストーリー」(The Help)のテイト・テイラーが監督を務めています。 ...続きを見る
セレンディピティ ダイアリー
2017/06/04 09:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Twitterでもちょっと書きましたが...
ゴーン・ガールはヒロインに共感できなくて、どうしてここまでの仕打ちをするのか理解できなかったのですが...
そういう意味では本作は共感できそうな?気がします。
DVDになっちゃうかもしれませんが、見てみますね☆

ちなみに私は(場合によりけりですが)わりとネタバレは大丈夫な方です。^^
小説を読む時も結末が気になって、途中で後ろを読んでしまうことがあり、よく信じられない!と驚かれます。^^
セレンディピティ
2016/12/25 14:47
セレンディピティ さん

こちらにもコメント有難うございます。

「ゴーン・ガール」は確かにひどかったですもんね〜。この作品は登場する女性達が全員、普通の人達なので(色々な問題を抱えながらも)「ゴーン
よりはずっと共感できると思います。
DVDになったら是非!

ネタバレは普通の物語ならあんまり気にしないのですが、ラストにどんでん返しがあるとか、あとミステリーは絶対に知りたくないですよね〜。

だって例えば「オリエント急行殺人事件」の犯人とか読んだり、観たりする前にばらされたら、もう死にたくなります。(笑)
ごみつ
2016/12/25 23:25
こんにちは。
この作品、ミステリーということもありますが、なんだか感想が書きにくい作品でした。
なんだろう、このもやもやした気持ち...と思っていましたが、ごみつさんの感想を改めてうかがって、すとんと納得した気がします。
まあ、本作の女性たちも結構ひどいことしているんですけどね。^^;

私は暗澹とした気持ちになったのですが、別に見た夫はふつうにおもしろかったね〜と言ってたので、男女によっても受け止め方の違う作品かな、と思いました。
セレンディピティ
2017/06/04 09:31
セレンディピティ さん

こんばんは!
これご覧になったんですね。映画としての出来はなかな良いのですが、いかんせん後味が非常に悪いので、ホント「ゴーン・ガール」みたいですよね。(^_^;)

私たちは女性なので、どうしても女性の目線で見て暗澹としてしまうけど、男性は純粋にミステリーとして楽しめるのかもしれませんね。

女性達が自業自得な面もあったりするし、スカっとしない復讐劇でしたね〜。
ごみつ
2017/06/05 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガール・オン・ザ・トレイン ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる