ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ

<<   作成日時 : 2017/01/17 13:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

1976年/日本 (監)佐藤純弥
(演)高倉健 原田芳雄 池辺良 中野良子 大滝秀治 西村晃 岡田英次 倍賞美津子 田中邦衛 内藤武敏
伊佐山ひろ子
☆☆☆★★★

画像


原作は西村寿行の同名小説。無実の罪を着せられた検事の逃走劇。1960年代のアメリカの人気ドラマ「逃亡者」(後にハリソン・フォード主演で映画にもなってます)みたいな作品です。BS放映されたものを観賞。

新宿の雑踏で見知らぬ女から告発され、強盗強姦の容疑者となってしまった検事の杜丘冬人(高倉健)は、見に覚えにない証拠が次々と発見される中、犯人に仕立てあげられてしまう。

画像


これが何者かの罠だと察した彼は、自分の容疑を晴らすために逃走を図るのだが・・。

主人公の杜丘が、北海道から東京へと、警察や敵の目をかいくぐりながら様々な方法で逃走を続けるので、日本映画にしてはなかなか壮大な物語になっていて楽しめました。

熊に襲われるシーン、新宿駅前での馬の大暴走シーン等、「なんじゃこりゃ?」な笑えるシーンも多いワリには、高倉健、原田芳雄の2人の演技が男らしく渋いので、つっこみどころの多い映画になっています。(笑)

熊!

画像


私が一番気に入っているシーンは、完全に封鎖されてしまった北海道から、高倉健が小型飛行機で脱出するも、青森の自衛隊にスクランブルとかされちゃうシーン。ここ映画館で見たらかなり迫力あるシーンだったろうと思います。

画像


あんまりなラストも1970年代ぽくて良い。今だったら絶対にこの展開はない。(笑)
この作品、ちょうど文革が終わった中国で大ヒットし、何と8億人も動員したんだそうです。いや、やっぱり中国って恐ろしいわ・・。

悪い奴ら

画像


尚、映画版では憤怒(ふんぬ)をふんどと読ませています。

 お知らせ

この映画はジョン・ウー監督によるリメイクが決定しています。主役は福山雅治と、ドラマ「新水滸伝」で宋江を演じたチャン・ハンユー。タイトルは「追捕MANHUNT」。

画像


画像


凄い楽しみですね!中国版の公開前に是非、このオリジナルも観賞してみて下さい!




君よ憤怒の河を渉れ [DVD]
KADOKAWA / 角川書店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 君よ憤怒の河を渉れ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
この作品、タイトルは知ってましたが、「逃亡者」みたいなお話なのですね! 熊に襲われたり、馬が暴走したりするのは原作にない、映画ならではの設定なのかしら?^^ なんにしてもおもしろそうです!

こういう話、たしかに中国好きそう...文革の時代は、多くの人が無実の罪を着せられましたものね。
リメイク版も気になります♪ 福山さん、がんばってますね。

ところで、ブログの引越しをしました。
http://blog.goo.ne.jp/serendpt3
これからもどうぞよろしくお願いします☆
セレンディピティ
2017/01/18 07:53
セレンディピティ さん

こんばんは。
コメント有難うございます。

そうそう、まんま「逃亡者」みたいなお話です。
熊や馬のシーン、恐らく原作にあるんじゃないかな。がんばって映像化したんじゃないかと思われます。(笑)

馬のシーンはまだしも、熊のシーンは大笑いでした。

で、これ中国でリメイクされるんですよね。福山さんは原田芳雄(刑事)の役みたいです。

新しいブログの開設、おめでとうございます!
後でうかがいますね〜〜。
ごみつ
2017/01/18 23:13
いや〜ん!熊かわいい!!
kinkachoでした。
kinkacho
2017/01/19 08:31
懐かしいタイトルです。もっとも映画は観ておらず、原作を読んだ口ですが。
西村寿行は狩猟を趣味とし、実際にクマや猪を狩っていましたから、彼の作品にはよく狩猟の場面が出てきます。野生動物を狩る場面をリアルに書ける、数少ない作家のひとりだと思います。大藪春彦と比較してみると、狩猟観の違いなど非常に面白いです。
ヌマンタ
2017/01/19 10:38
Kinkacho さん

こんばんは!

ヒロインの中野良子がこの熊に襲われているところを高倉健が助けたのですが、もうまんま着ぐるみのクマなのでけっこう大笑いなシーンでした。(笑)

その後、刑事の原田芳雄も熊に襲われました。
ごみつ
2017/01/20 00:09
ヌマンタ さん

こんばんは!
ヌマンタさん、原作読まれたんですね。流石〜。
これ、自然を背景にとても壮大なシーンがあったり、最後に悪人をおいつめるあたりも凝った展開なので、本で読んだらとても面白そうです。

昔、父親が「黄金の犬」を読んで凄く面白かったって興奮していたのを思いだしたので今度読んでみようかな。
ごみつ
2017/01/20 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる