ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS スノーデン

<<   作成日時 : 2017/02/18 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

Snowden
2016年/アメリカ (監)オリヴァー・ストーン
(演)ジョセフ・ゴードン=レヴィット シェイリーン・ウッドリー メリッサ・レオ ザッカリー・クイント トム・ウィルキンソン スコット・イーストウッド リス・エヴァンス ニコラス・ケイジ ティモシー・オリファント
☆☆☆★★★

画像


http://www.snowden-movie.jp/

アメリカを決して敵にまわしてはいけないっていう事がよくわかる恐ろしい映画でした。アメリカ、恐ろしいです。

コンピューターおたくで、愛国青年だった元NSA(米国国家安全保障局)の職員、エドワード・スノーデン。

彼はある日全てを失う覚悟で内部告発をおこなう。それは、アメリカ政府による大規模な監視システムの実態だった。

PRISM (監視プログラム)

https://www.google.co.jp/search?q=https%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2FPRISM_

映画はいきなり、海兵隊でがんばる若きスノーデンの、「フルメタルジャケット」訓練シーンからはじまります。体力的についていけない事がわかった彼は、得意のIT知識を生かせる職場を求め、CIAに就職。そこで彼はNSAが行っている情報収集の驚愕の実体を知る事になる。

このシステムの行きつく先は、独裁者による完全な監視社会になると考えた彼は、一大決心をして、この事実をガーディアンの記者にリークする事にするのだった。

画像


この映画で見て知った事を、知らない人に話すと、完全に「陰謀論」にふりまわされているおかしな人だと思われそうです。それくらい、凄い内容です。スノーデン事件が起きた時には、あまり詳しく報道を負わず、単なるスパイ騒動くらいに思っていた自分が恥ずかしくなりました。

画像


書きたい事は山ほどあるのですが、きちんと実体を知っていただきたいので、是非、オリヴァー・ストーン監督による本作を見るか、ドキュメンタリー、または書籍を読んでみて下さい。

それにしても、この事実が判明してから、日本のインフラに仕掛けられたものははずしてあるのかしらね?(スノーデンは日本の横田基地にいた事があるのです。)いざ、日本がアメリカの同盟を離れて敵国となった時には、日本の全インフラが機能停止する様にしかけてあるんですよ。(陰謀論者呼ばわりされそう)

ホント、凄いです。公開中のうちに皆さんも是非!日本も人ごとではありません。

画像




PRISM事件 世界を監視するプログラムとスノーデンの告発
技術評論社
茂田 徹郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by PRISM事件 世界を監視するプログラムとスノーデンの告発 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スノーデン
2013年に発覚したアメリカ政府による個人情報監視プログラムの正体を、内部告発したエドワード・スノーデンの目を通して描いたドラマ、「スノーデン」(Snowden)を見ました。「プラトーン」「ウォール街」などの社会派作品で知られるオリバー・ストーン監督が映画化... ...続きを見る
セレンディピティ ダイアリー
2017/02/18 22:57
「スノーデン」こんなん、シャレにならんて…。
[スノーデン] ブログ村キーワード ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2017/02/19 21:43
スノーデン 【映画】
SNOWDEN 2016年 アメリカ オリヴァー・ストーン(監督) ジョセフ・ゴードン=レヴィット、シャイリーン・ウッドリー、メリッサー・レオ、ザカリー・クイント、トム・ウィルキンソン、スコット・イーストウッド、リス・エヴァンス、ニコラス・ケイジほか ...続きを見る
Balkan's Memorandum
2017/02/20 04:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
世界を制するには、情報を制すること
というのを改めて実感した映画でした。
その点、ITの世界で圧倒的な力をもつアメリカは今のところ敵なしですね。情けないけれど、世界の平和は彼らの良心に期待するほかないのでしょうか...。そうなると、ますます現大統領が心配でなりません。

日本のマルウェアの件は、日本も承知の上で、密約ができているのではないかな...と思いました。そうなるとこれまでの緊張感のないアメリカとの外交もすべて納得がいきます。
セレンディピティ
2017/02/18 22:55
セレンディピティ さん

こんばんは!
早速のコメント&TB有難うございます。

マルウェアの件、私もチラっと日本政府も了承済み?って思いましたが、やっぱりそうなんでしょうか?
それが日米安保の条件みたいになってる可能性もありそうです。

映画の中でも、戦争はいまや軍事力じゃなくて情報力、みたいな事を言ってましたよね。

これからどんな世界になっていくのか、世の中の動きがあまりにも早くて、私ごときにはまったく予想がつきません。
これからは、今までよりもっと注意深く、世界の動向に注意を向けなければ・・と思わされました。
ごみつ
2017/02/19 00:18
  だいぶまえですが、スノーデン事件以降タイプライターが売れ始めたという話をしましたね。私ら庶民(および中小企業)は、昔ながらのやり方に戻るのが一番ではないでしょうか。大企業なら、お金と優秀な人材を注ぎこんで対策を立てるのでしょうけれど。
  そうだ。昨日の毎日新聞に面白い記事がありましたよ。オランダ下院選の開票集計が手作業になったそうです。外部から操作される懸念があるので。中小企業ならぬ、中小国の知恵ですね。
だぶるえんだー
2017/02/20 21:22
だぶるえんだー 様

こんばんは。コメント有難うございます。

あれ〜、私、だぶるえんだーさんのスノーデンのお話、覚えてないです・・。すみません。

タイプライターは私も昔、仕事で毎日つかってましたが、あれに戻るのはちょっときついんじゃないかしら?せめてワープロじゃないと。(^_^;)
それにしても、確かに、インターネット社会は便利ではありますけど、恐ろしい面もたくさんありますよね。
これからの社会の大きな課題ですね。

開票集計は、人口の多い地域ではきびしそう。でも昔は、皆手作業でやっていたワケだし、不可能じゃないですよね。
それでも、一度便利になってしまうと、後戻りはなかなか難しいだろうとは思います。
ごみつ
2017/02/21 00:49
ウウム。あれ書きこんだのは別のブログでしたかね。
タイプライターが復権した国として、私が読んだ新聞記事は露独印を挙げていました。ごみつさんの言うように、日本人はタイプライターじゃきついでしょうな。

オランダは、なんと、1980年代に電子投票機を導入したそうです。それが、ぐるりとまわり、もとの所に戻ってしまった。関係者は複雑な思いでしょう。試行錯誤の中で得たものもあるでしょうけれど。


 




だぶるえんだー
2017/02/21 19:21
だぶるえんだー 様

こんばんは〜。
やっぱりどうしてもタイプミスしますからね〜。
ワープロが出来た時は、本当に助かりました。(^_^;)

私、投票はネットで出来る様になれば、もっと投票率あがるだろうに・・って思ってましたが、危なすぎてやっぱりダメですね。

これからももっともっと試行錯誤しないといけないんでしょうね・・。
ごみつ
2017/02/21 21:58
ごみつさん こんばんは🎞

スノーデン見ました。
日本を監視しようとするのも、日本を一発でダウンできるのもアメリカ、そしてその事実を暴き、世界に策を講じるように広めたのもまたアメリカ🇺🇸。後者は組織でなく個の人間ですが。
日本はアメリカのような悪の支配者も英雄も現れることはない集団かと。敵に回せないから言うこと聞いとくかって風に見えますよね、うちの首相。でも横田基地で国のポリシーに反するから監視には応じないと判断したシーンで、脆弱ながらもこの国に生まれてよかったと思いました。アメリカが名指す本当の敵、中国やロシアは、互角にIT対抗してそうですし、それができる国は同様に自国も監視するのでしょう。

コービンが言った「人は自由よりも安全を求めているんだ」というセリフが核心を突いていると思います。

安全より自由を求めたスノーデン。
マンスキー監督の、自由とは
小さな花のようにか弱いもの。意識して大切に守らなければ消えてしまうもの。というテーマをここでも見ることができ、私も自分ができる範囲で守っていこうと再確認した映画になりました。
スノーデンがリーク先に選んだイギリスのガーディアン誌は私も信頼していて、どこにも迎合せず、今時少ないジャーナリズムを保っているメディアです。さすが、ガーディアンを選んだスノーデンは的確だ。

ニコラス・ケイジはエンドロールを見るまで本当に彼?と半信半疑でした💦変わったな〜
dumbo
2017/02/23 23:55
dumbo さん

こんばんは!
dumboさんも、「スノーデン」行かれたんですね!
なかなかショッキングな作品でした。

そうそう、「太陽の下で」を見たすぐ後にこの作品を見たので、根底にあるテーマはとても似ているな・・と思いました。

アメリカ、ロシア、中国がそれぞれ同盟国をまとめて、世界が3つの国にわかれてしまうディストピア世界を描いたのがオーウェルの「1984」なんですよね。
作品の舞台となるオセアニア(アメリカ)は、国家による完全な監視体制にあって恐怖政治がおこなわれているんです。
ここにきて、また「1984」がベストセラー入りしているのも、うなずけるな・・と思ったと同時に恐ろしくもありますね。

あ、ガーディアンは私も一番好きなメディアなので、スノーデンがガーディアンにリークしたのは納得でした。次に好きなのはエコノミストとBBCです。全部英国。(^_^;)

みんな大好き(笑)ニコラス・ケイジは、記事に書くと必ず誰かがつっこんでくれるので、本当に人気者です。(笑)
ごみつ
2017/02/24 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
スノーデン ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる