ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS ラ・ラ・ランド

<<   作成日時 : 2017/03/06 17:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

La La Land
2016年/アメリカ (監)ディミアン・チャゼル
(演)ライアン・ゴズリング エマ・ストーン ジョン・レジェンド ローズマリー・デウィット
☆☆☆★★★

画像


http://gaga.ne.jp/lalaland/

大きな夢を抱いてLAへとやって来た男女の出会いと甘く切ない恋の行方と、理想と現実のはざまで揺れ動く2人の心理を、クラシカルなミュージカル・シーンとともに描いた作品。

今年のアカデミー賞でも多数ノミネートされた話題作という事で、楽しみにしていた作品です。

まずは、オープニングの交通渋滞の中で繰り広げられるナンバー、"Another Day Of Sun"のシーンで、はやくも涙ぐんでしまいました。昔、若い頃は、どんな映画に出かけても、色んなシーンで涙を流していた自分を思い出しました。

画像


「映画って素晴らしいな・・」っていうシンプルな喜び。

ハリウッド黄金時代のミュージカルを見てきた人ならば、恐らく共通した2つの想いを抱くのではないでしょうか?

まずは、ミュージカルスターが綺羅星のごとく揃っていた黄金期の作品に比べると、この作品がその域に達していないのは確かです。特にダンスシーンに関しては、主役の2人が本格的なミュージカル俳優ではないので、動きが重いし、振付もかなり簡単なもの。ここでミュージカル俳優を使えば、また違ったものになったでしょうが、チャゼル監督は、ドラマ部分を重視して、最高レベルで人物の魅力を表現できるキャスティングをしたのだと思いました。

画像


そしてもう一つは、単純な恋愛ドラマとストーリー展開をファンタジックな演出で描く、昔ながらのミュージカル映画のスタイルが、せちがらい現代を舞台にしてもこれほどまでに夢を与えてくれる事の驚き、そして、ただただ素敵な歌とダンスを楽しむ事がこれほど楽しいのだ!っていう音楽と映画の素晴らしさを再確認出来た喜びではないでしょうか?

画像


ラストは、少しスパイスをきかせてほろ苦い結末になっていますが、余韻の残るエンディングになっていました。

過去作品の色々なシーンがオマージュとして使われている事も話題になっていますが、この作品はそういった小さなオマージュではなく、昔のミュージカル映画全体に対しての愛を表現した作品だと思いました。

私はとても幸せな気分で劇場を後にいたしました。

エマ・ストーンとライアン・ゴズリング、最高でしたよ〜。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ラ・ラ・ランド」
素晴らしかった!そして愛おしかった。映画の快楽の彼方に連れて行ってくれる作品。抱きしめたくなる、というのはこのような作品のことを指すのだろう。とはいえ、鑑賞前の私はかなり斜に構えていた。元々ミュージカルに親和性がない上、ラブストーリーオンリーはあまり好みではない。あと、「夢を追いかける」「思い続けていれば夢は必ず叶う」といった、いかにもアメリカらしい、ディズニー的な押し付けにはちょっと、いやだいぶ辟易としている。だから、劇場での予告編で観た、ピアノを弾き終わったライアン・ゴズリングが、エマ・スト... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/04/21 15:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん、こんにちは。
kinkachoも見てきました!
ラストはよかったのですが、何か食い足りない感じでした。もっと踊って、もっと歌って欲しい!!
舞台でミュージカルを見倒してきた目で見ると、歌、踊り、ストーリーのどれか一つの要素でも圧倒的なものが欲しかったです。
kinkacho
2017/03/06 21:24
Kinkacho さん

こんばんは!
Kinkachoさんも、行かれましたか!
おしくも作品賞はのがしましたが、素敵な作品でしたよね。

確かに、ミュージカルをある程度見てきた目からすると、物足りない感じがするんですよね。
とても騒がれている映画なので、期待が大きくなってしまうけど、本来は愛すべき小品っていうタイプの映画だと思います。

それでも、こういう雰囲気のミュージカル映画は久しぶりだったのでとても楽しめました。
ごみつ
2017/03/07 00:31
こんにちは。
クラシックミュージカルのワクワク感を思い出させてくれるすてきな作品でしたね。
エマ&ライアンも最高にロマンティックな2人で、ベストキャスティングでした。

オープニングのシーンにハートをわしづかみにされましたが、いかんせん隣のおっさんのポップコーンに集中をそがれたので、改めてもう一度見たいです。^^

できればアメリカに遅れず、もっと早くに公開してほしかったなーと思います。どんどん期待が高まってしまったので。
セレンディピティ
2017/03/07 09:23
セレンディピティ さん

こんばんは!
「ラ・ラ・ランド」ちょっと期待が大きすぎちゃった感はありましたが、観ている間はとても幸せな気持ちになれました。
やっぱり、こういうミュージカルは良いですね。

オープニングは見事でしたよね。しかし、隣にポップコーンおじさん(笑)がいたとは災難でしたね。でももう一度行けば、ディテールが楽しめそうですね。

確かに日本って、けっこう公開が遅い事が多いんですよね〜。わりと大きなマーケットだろうと思うんだけど、何でなんでしょうね。
ごみつ
2017/03/08 01:14
ごみつ様

私もLaLa Land見ましたが、とても良かったです。
わたしは、公園でふたりが踊るシーンで、涙ぐんでしまいました。
歌とダンスは、確かにすごく上手っていうのじゃないけど、
何よりも二人の初々しさが良かったです。

エマ・ストーンは「ヘルプ」で、ライアン・ゴズリングは「ドライブ」でそれぞれ初めて見て、注目していましたが、
この二人がミュージカルで共演と知って、びっくりでした。
でも、ちゃんと踊って歌っているので、またまたびっくりしました。
lingmu
2017/03/08 22:42
lingmu 様

こんにちは!
lingmuさんも、見に行かれたんですね!
ミュージカル好きにはちょっとたまらない感じの作品でしたね。

公園で踊るシーンは、最も昔のミュージカル映画のオマージュ色がある場面なので、本当に素敵なシーンでした。
ここは「バンドワゴン」の中で、アステアとシド・チャリシーが踊る"Dancing In The Dark”のシーンを思い出しました。ロマンチックでしたね。

そうそう、2人とも、歌やダンスがとてもうまい・・っていうワケじゃないんだけど、だからこそ心にひびくものもありました。
ライアン・ゴズリングはピアノも自分で弾いてるんだそうです。

一流のプロの俳優さんって凄いですよね。
ごみつ
2017/03/09 11:59
こんにちは。TBさせていただきます。
良いシーンは沢山ありましたが、ロマンチック限定!とすると、恋の始まりを表す夕暮れの公園のシーン、恋の盛り上がりを表すプラネタリウムのシーン、のダンスは素敵でした。
こういう盛り上がりのあるミュージカルは素晴らしいと思います。
ここなつ
2017/04/21 15:01
ここなつ 様

こんばんは!
コメントとTB有難うございます。

何ていうか、最近では珍しいタイプの映画でしたよね。銀幕の世界っていうのは、本来、夢に溢れた世界なんだ・・っていうのを思い出させてくれました。音楽も素敵だし。

ここなつさんがあげてらっしゃるシーンを含めて素敵なシーンがたくさんありましたよね。

私はオープニングの「アナザー・デイ・オブ・サン」が大好きで、ひんぱんにyoutubeで聞いてはテキトーに踊ったりしてます。(笑)
ごみつ
2017/04/22 02:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラ・ラ・ランド ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる