ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS キリストはエボリで止まった

<<   作成日時 : 2017/04/17 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

Cristo Si E Fermato A Eboli
カルロ・レーヴィ著 岩波文庫
☆☆☆☆★

画像


表紙の犬はバローネという名前です。

反ファシズム活動の罪で政治囚として一僻村に流刑に処された作者=主人公カルロ・レーヴィ(1902―75)が目のあたりにした、南イタリアの苛烈な現実。現代文明から隔絶した、キリスト以前から変わることのない、呪術や神話が息づく寒村での生活を透徹した視線で描きだす、戦後のイタリア文学を代表する傑作。(文庫解説より)

昔、どういうワケか「エボリ」というイタリア映画を劇場に見に行った。監督はフランチェスコ・ロージーで主演はジャン・マリア・ボロンテ。もともとアメリカ娯楽映画派の私ですが、80年代、20代の頃けっこうヨーロッパ映画を見ていた時期があって、「エボリ」もその1本。

画像


とても感動したのですが、以降、ビデオにもDVDにもならず私にとっては幻の映画状態でした。

つい最近、ふと「エボリ」はDVDになったかな?なんて調べていたら、この映画の原作が岩波から文庫版として発売になっているのに気が付き早速購入してみました。

原作者のカルロ・レーヴィは、1930年代に反ファシズム運動の罪で、南イタリアの寒村グラッサーノ村、次いでさらに貧しい村であるガリアーノに流刑となります。

この作品は、その時に彼が体験したイタリア南部の過酷な現実を、静かな美しい文体で綴った、ノンフィクションとフィクションの中間にある様な作品で、私は思いがけずも深い感動を味わされました。

村人たちは言う「俺達はキリスト教徒ではない。なぜならキリストはエボリで止まってしまったから。」 だから人間ではないのだと・・。

因習と苦難の中、歴史にも国家にも見捨てられた不毛の地。その乾ききった土地で、彼らは自分達独自の文化の世界を生きている。日本で言うと、ちょっと昔の東北より北の世界みたいなイメージの土地です。

イタリアの歴史や文化に詳しくないのではじめて知ったのですが、イタリアでは北部と南部に大きな格差があって、差別問題にまでなっているのですね。この問題は、現在でも解消されていないとの事。

北部のインテリである著者のカルロ・レーヴィが、流刑地の貧しさと人々の教育程度の低さに驚きながらも、人々の中にとけこみ、語りあい、交流を続ける、ちょっと神話でも読んでるみたいな不思議な日常風景が綴られていきます。

この作品の凄いところは、それらと並行して、虐げられている南部の問題をイタリア全体の問題として考察していく過程が実に理知的に語られていくところで、私はずいぶんとイタリアの一つの歴史について勉強させられました。

最も私が心を打たれたのは、著者のカルロ・レーヴィーの心根にある歪みのない博愛主義的な考え方でした。こういう人間がいるだけで、どれだけ世の中は救われるだろうと思った。実際、この著作のおかげで彼の流刑地は有名となり、近隣にある同じバジリカータ州のマテーラの洞窟住居は注目を浴びた事で世界遺産に選ばれたのだそうです。

キリストはイタリアを南下しながら、バジリカータの上にあるカンパニア州のエボリで止まってしまった。本の中に、地図がのっているのですが、そのページを何度も何度も見返しながら読みました。

私にとって大切な1冊になりました。

注 この地図は参考資料としてネットからお借りしたものです。(本に記載されている地図ではありません)

画像







キリストはエボリで止まった (岩波文庫)
岩波書店
カルロ・レーヴィ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キリストはエボリで止まった (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
私も80年代ヨーロッパ映画を少々見てた時期があったのですが、エボリという映画は知りませんでした。エボリを思わずGoogle Mapsで探しちゃいましたが、地理的にはナポリの少し南なんですね。マテーラはどこだろう?としばし地図上旅行を楽しみました。^^

私、イタリアはローマより北しか訪れたことがないので、南部はいつか行ってみたい憧れの地です。映画などで見る美しい牧歌的な風景を思い描いていましたが、それだけでは語れない格差の問題があるのですね。
今回ごみつさんがご紹介くださった本、是非読んでみたいです。
セレンディピティ
2017/04/19 14:34
セレンディピティ さん

こんにちは。
「エボリ」は確か銀座のスバル座で見たんだと思うのですが、以降テレビ放映もないし、日本語版のビデオとかも出なくって一度見たきりです。

そうそう、エボリはナポリのちょっと下あたり。マテーラはバジリカータのはじっこあたりですよね。バジリカータのさらに南にあるカラブリア州の事もあわせて気になっています。

私もこの本ではじめて知ったのですが、南部の人に対しては根強い差別意識があるらしいですよ。人間って、とにかく差別をしたがる生き物なんですね・・。

この本はイタリア版「遠野物語」っぽい雰囲気もあったりして、とても面白かったですよ。
ごみつ
2017/04/19 17:49
おお、こんな作品もあったのですね。読んでみたいです。
偶然ですが私、二箇月ほど前、図書館でリゴーニ・ステルンというイタリア人の作品に出会いました。ステルン先生はイタリア北部の出身でして。いかにも欧州という雰囲気の物語を書いていましたが・・・・・・・南イタリアはあまり欧州っぽくないのでしょうね。きっと。

レーヴィ先生は三十代の終わりから四十代の初めごろに大戦を経験したのですね?ステルン先生は二十代前半に修羅場をくぐり抜けたそうです。それぞれに苦しかったことでしょう。
だぶるえんだー
2017/04/19 22:55
だぶるえんだー 様

こんばんは!
これとても面白かったですよ。機会がありましたら是非。

この作品、映画を見ていなかったら決して読む事がなかったと思います。
こうして普段読まないタイプの作品を読むと、勉強になるし、おもいがけず新たな興味の対象もひろがったりしますね。

リゴーニ・ステルンさんは自然関係の著作を書いてるんですね。レーヴィ先生はもともとは医者だったのですが、途中で画家を志して、戦後は政治にも関わったみたいです。
きっと流刑地での経験が政治活動へ向かわせたのでしょうね。

私ももっと色々な作品を読まないとな〜。
ごみつ
2017/04/19 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
キリストはエボリで止まった ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる