ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴースト・イン・ザ・シェル (2017)

<<   作成日時 : 2017/04/19 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

Ghost In The Shell
2017年/アメリカ (監)ルパート・サンダース
(演)スカーレット・ヨハンソン ビートたけし マイケル・カルメンピット ピルー・アスベック チン・ハン ジュリエット・ビノシュ 桃井かおり
☆☆☆★★

画像


http://ghostshell.jp/

士郎正宗原作のマンガ「攻殻機動隊」。押井守監督による劇場アニメーション、そして神山健治監督のテレビアニメーション、ともに世界的に高い評価を得ている作品で、「マトリックス」もこの作品の影響下にある映画だそうです。

実は、私、神山監督によるテレビアニメシリーズの熱烈な信奉者で、個人的には後にも先にもこれほどレベルの高いSFアニメを見た事がありません。押井監督の劇場版は感覚的にあわないところがあって今一つなのですが、とにもかくにもこの作品が非常に高度なコンセプトとストーリー、そして哲学を持っている作品であるのは万人の認めるところだろうと思います。

そして今回のハリウッド実写版!!

画像


たぶん原作の世界観は描き切れていないだろうな・・という危惧と、それでもハリウッドによるハイバジェット、ハイテクニックで実写化された世界への期待感も感じながら公開を心待ちにしていた作品です。

でも残念ながら見終わっての第一の感想は、「これは攻殻機動隊ファンは満足していないだろうな・・」というちょっとがっかりなものでした。

基本的な作品のコンセプトは同じなのですが、オリジナルにあったもっともっと深いテーマが、何だか個人的な狭いストーリーにおさまってしまってるのが残念なんですよね。

バトーさん

画像


それと、これは相反する感想になりますが、主役を白人にするのなら、何も原作の設定にこだわる必要はまったくないんじゃないの?っていう気もしました。どうせ、物語の世界は混沌としているんだし、電脳世界の話でもあるワケだし、原作の設定をひきずらない独立した作品として、もっとすんなり世界に入り込める設定にして欲しかった気もする。その方がアメリカや西洋諸国でもヒット狙えたんじゃないかな?

荒巻課長

画像


あとテンションがさがってしまったのが、あの未来世界のコンセプト映像ね。劣化した「ブレード・ランナー」って感じ。つくづくシド・ミードの凄さを感じてしまったのが、せっかく21世紀のCG技術の進化した時代の映画なのに残念です。

まあとにかく不満だらけなのですが、スカーレット・ヨハンソンは悪くなかったです・・というか、彼女が少佐だから何とか楽しく見られたっていう感じです。悪いところばっかり書いちゃいましたが、物凄くダメな作品っていうワケではないので、攻殻機動隊ファンのみならず、SF映画好き、特撮映画好きの方は是非見てみて下さい。

画像


タチコマは出るのかな〜♪なんて思ってたら、とっても怖くて悪いタチコマが出ました。(笑)そのあたりもお楽しみに〜〜。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX:SPECIAL EDITION (特装限定版)
バンダイビジュアル
2015-12-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX:SPECIAL EDITION (特装限定版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
海外のSFファンからは評価の高い攻殻機動隊ですが、どちらかといえば、コアなファンが多い特異な作品の印象があります。そのせいか、原作の漫画からは、いささか離れ過ぎですが、私は当初から別物だと考えていたので、それなりに楽しめました。でも、タチコマ達が出てこなかったのが、やはり不満かな。バトーとタチコマのおかしなやり取りなんて、ホント、楽しいのですがねぇ。
ヌマンタ
2017/04/20 11:32
ヌマンタ さん

こんばんは!
「攻殻機動隊」がレベルの高い作品である事は誰でも認めるところなのでしょうが、私が「これは本当に凄いし深く影響受けた!」って言うと「へ〜、そこまで良いかな?」っていうテンションの人がけっこう多いんですよね。

原作とアニメーション作品はかなり異なってるんですね。早目に原作も読んでチェックしたいと思います。

そうそう、タチコマとバトーのやりとりが楽しいんですよね。今回の映画ではタチコマのかわりに野良犬を可愛がってましたよね。

攻殻機動隊人気に、タチコマが一役かってるのは確かですよね。
ごみつ
2017/04/21 02:00
こんにちは。
スカーレット・ヨハンソンと桃井かおりが親子?とか、失礼ながらB級の香りを感じてたのですが、おもしろかった!と意外と評判がよくて驚いています。
原作が日本の漫画...というのは聞いていましたが、傑作といわれている作品なのですね。
ごみつさんが評価していらっしゃるテレビアニメ版も気になります。
舞台は日本なのでしょうか? スカーレット・ヨハンソンが歩いていると、なんとなくロスト・イン・トランスレーションを思い出します。
セレンディピティ
2017/04/21 11:15
セレンディピティ さん

こんばんは!
原作のマンガは未読なのですが、私はテレビアニメーション版が大好きで、最初見た時、「アニメがこんなにレベル高くって良いのか!?」と驚嘆してしまいました。アニメは最近はほとんど見てないのですが、日本のアニメってやっぱ凄いと思います。

「攻殻機動隊」は第三次世界大戦後の日本が舞台です。政府直属の機関公安9課のメンバーの活躍を描いた作品で、主人公の素子も日本人なのですが、映画では西洋人のスカーレット・ヨハンソンの姿に改造されているっていう設定になってました。

この世界では、体を機械化するのが普通になっていて、素子は脳以外はすべて機械の体なんですよね。(義体化)
大なり小なり、人は義体化してるっていう設定の世界です。

テレビアニメ版はテレビのためのオリジナルストリーなのですが、物凄く面白いですよ!何かで機会があれば試しに1話だけでも見てみて〜。(基本的に1話完結タイプです)

タチコマっていうAIロボット(戦車)がすご〜く可愛いんですよ。
ごみつ
2017/04/22 02:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴースト・イン・ザ・シェル (2017) ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる