ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS グレートウォール

<<   作成日時 : 2017/04/25 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

The Great Wall 長城
2016年/アメリカ・中国 (監)チャン・イーモウ
(演)マット・ディモン ペドロ・パスカル ウィレム・デフォー アンディ・ラウ ジン・ティエン チャン・フォンイー ケニー・リン
☆☆☆★★★

画像

 
http://greatwall-movie.jp/

チャン・イーモウ監督、マット・ディモン主演で、万里の長城を舞台にしたモンスターパニック映画(笑)が出来るとの情報を入手してから心待ちにしていた本作がついに日本公開となりました!

ところが事前のレビュー評価ではどうも反応がいまひとつの方が多かったので、過大な期待をせずに出かけて行ったら、あなた、もうこれ最高の映画じゃないですか!!

画像


中華歴史もので、エイリアン系クリーチャー登場映画、ガチの特撮映画で、チャン・イーモウによる定番の目のさめる様な色彩美、そしてジェイソン・ボーン主演とあれば、これは100%私のためにつくられた映画だと思って間違いないと思いました。(笑)

この人、エスパニョール

画像


しかも何が良いかって、中国サイドの人物は皆きちんと中国語を喋ってるところ。宋の禁軍がクリーチャーとの決戦前に、漢の飛将軍、李広の歌とか歌うので号泣必至です。あと、あの孔明灯?な。

ちょっと早目に解説しちゃいますが、この映画、別にいつの時代でもどうでも良い様な内容ですが、時代は北宋の仁宗の治世という事できっちり決められているそうです。途中で少年っぽい皇帝が出るのですが、仁宗は12歳で即位してるんですね。

仁宗

画像


西洋人はスペイン人と英国人の2人が登場するのですが(後でW・デフォーも出る)、彼らは中国で発明された黒色火薬を入手するために中国を訪れています。スペインはこの当時、イスラムの占領地になっておりレコンキスタ真っ最中、イギリスはノルマンコンクエスト直前。で、彼らには黒色火薬を何としても本国へ持ち帰らなければならない大きな理由があると言うワケなんですね。(これは映画の中では説明はありません。ツイッターでそう解釈されてる方の意見を転載させていただきました。)

画像


今回クリーチャーとして登場する饕餮(とうてつ)は、山海経に出てくる妖怪で、中国神話の四凶の中の一匹で、暴虐の限りを尽くしていましたが、舜帝により追放されたモンスターなんですね。でも、それがいまだに60年に一度、都を襲いにくるので、それを防ぐためにつくられたのが万里の長城というワケなんですね。

ジン・ティエン、「キングコング」の時の100倍くらいきれいでした!

画像


こんなあたりを頭に入れておくと、この映画さらに楽しめると思うので、中国史好き、特撮映画好きの方は是非劇場でご観賞下さいませ〜〜。

アンディ・ラウは軍師です。

画像


ところで映画をみはじめてしょっぱなで驚いたのが、チャン・ハンユーさんが出てた事!!何で誰も教えてくれなんだ!「新・水滸伝」で宋江を演じてた方なんですが、すごいかっこ良かったですよ。

画像


この映画に関しては私、プロモーション担当になっていきたいと思っております!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「グレート・ウォール」
ほぼ10ヶ月ぶりに次男と映画鑑賞。最後に劇場で席を同じくしたのは「64/後編」であった。色々あってここしばらく一緒に映画に行くことが叶わなかったけれど、久々に。久々に、満を持して選んだのがこの「グレート・ウォール」だ。何故この作品を選んだのか?それは次男が観たいと言ったから。次男がTV CMを観て「これは観たい!」と言ったので、チャン・イーモウ作品だから公開されたら観るべきリストに入れていた私には願ってもないオファーだったのだ。えっ…?なんかくどくど言い訳がましい…?…そうですね、確かに。自分で... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/05/14 09:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん、こんにちは。
レビューを待ってました。
前評判が散々だったので見るのをかなり躊躇していましたが、見たら面白くって...
宋の仁宗の時代の設定にしたのは、遼やら西夏などが押し寄せる時代だったので、異民族の侵攻と正史は書いてますが実は饕餮だったんですよ〜と言えるかもとか、ノルマンコンクェストの前のイギリス人だったらマットはアングロサクソン人なんだとか、歴史好きにはたまらん萌えどころ満載の映画でした(*´-`)
そして、恋愛要素が0だったのも評価を上げてくれました。
コングではダサダサだった彼女があんなに美人だったのには嬉しい驚きでした。
オチが男の友情だったのもよかったです。
なんで、評価が低いのかわかりません?
kinkacho
2017/04/25 19:34
Kinkacho さん

こんばんは!
そうそう、前評判が良くなくてテンションちょっと下がってたのですが、Kinkachoさんの記事でまた背中を押され見に行きましたが、とっても良かったです。

結局、これ、この世界を愛せるかどうかなんでしょうね。確かにこの映画くらいのレベルの映画はたくさんあるし、散々使いまわされてきたみたいな映像表現とかあるし、Aクラスの映画ではないんだけど、私は最高に気に入りました。

饕餮ってよく考えれば、異民族をモンスター化した姿なんですよね。そう考えると、まんま壮大な歴史スペクタルですね。(違)

そうそう、マットがアングロサクソンなんだ!って思うだけで、かなり萌え度アップします。
恋愛要素は、主役の2人が、ちょっと心をかわしあったところで、それぞれの道を進んでいく・・っていうほのかにせつない感じで終わったのがとても良かったです。
あのベタな友情劇も良かった。

楽しかったですね〜。
ごみつ
2017/04/25 21:54
おはようございます。
この作品、予告では封印されていた?ようですが、実は実は怪獣映画??と知って、え〜っ!と思ってました。
お話自体はB級っぽい?けど、俳優さんが演技派の超一流どころをそろえているので、きっと見応えがあったでしょうね。
中国歴史好き&特撮の好きなごみつさんにはどんぴしゃりの作品でしたね。
プロモーション担当、がんばれ!!
セレンディピティ
2017/04/27 08:02
ごみつ様

この映画は、映画館に中の宣伝パネルで知りました。マット・デイモン主演の「長城」って、いったい何だろうと.....疑問だらけでしたが、ごみつさんの説明で、そういう映画だったのかと納得しました。


饕餮がモンスターなんですね。
饕餮は「陋巷に在り」の中に出て来て、孔子が闘って退散させるんですが、中国古来の伝説の怪物なんですね。
是非、見てみたいです。
lingmu
2017/04/27 16:56
セレンディピティ さん

こんばんは!
これ、予告編、何度か見ましたよ。モンスターは映らないのですが、人がひきずりこまれてるシーンがありました。(^_^;)

そうですね、お話は完全にB級なのですが、お金かけてるし、キャストもなかなか豪華なので、見ごたえはありました!

ただの特撮モンスターものなら、作品的に「キングコング」にはかなわないのですが、この映画は中国歴史ものでもあったので、個人的にツボにはまった感じです。(笑)

すでに私のツイートで何人かの中華フォロワーさんが観賞に行かれてるので、引き続きプロモがんばります。(笑)

セレンさんもいかが〜〜?
ごみつ
2017/04/28 00:52
lingmu 様

こんばんは!
私も最初、マット・ディモンが万里の長城を舞台にした映画に出るっていうニュースを聞いた時にはどんな設定なのかさっぱり想像つかなかったのですが、思いのほか、歴史背景はうそっぱちでもなかったですよ。監督が中国人ですしね。

ただストーリー自体はトンデモなので(笑)、もしもクリーチャーが苦手でなければ是非。見た目に残酷なシーンはないのでそのへんは安心出来ますよ。

饕餮って「陋巷に在り」にも登場するんですね!中国では有名なモンスターなんだと思いますが私は今回はじめて知りました。
こういう知識も得られるので、映画って楽しいですよね。
ごみつ
2017/04/28 01:00
ごみつさん、再びこんにちは。
饕餮って、青銅器に刻まれている饕餮紋の元になってるんですよ。
ごみつさんの持ってる酒器にも刻まれてませんか?
この映画で最初に饕餮がアップになった時、あの広い顔面に紋が浮き出てました。
kinkacho
2017/04/28 08:47
Kinkacho さん

こんばんは!
饕餮紋、ネット検索で見ましたよ!

映画で最初、饕餮が出てきた時、わ〜、中華デザインモンスターだ〜なんて思ってたら、本当に紋があるんですね!感動してしまいました。

私の酒器は実用重視の陶器で模様は全然ないんですよね。饕餮紋のある、青銅器酒器のレプリカとか見つけたら買っちゃうかも!

「グレート・ウォール」もう1回くらい見たいけど、もう終わっちゃいそうですね。
ごみつ
2017/04/28 19:11
こんにちは!TBをありがとうございました!
この作品、トンデモ作品の香りを漂わせながら、時代考証とかが実はきっちりとしている、という所がさらに愛おしい所ですね。
ただ、観る人を選ぶ作品なのかも…こちらが選ぶのではなく、こちらが選ばれるような気さえします。
ここなつ
2017/05/14 09:47
ここなつ 様

こちらにもコメント有難うございます。

私、中国の歴史が大好きで、中華歴史ドラマとかよく見るので、この映画はけっこうツボにはまりました。
こんな映画なのに、歴史背景の設定はきちんとしてるんですよ。(笑)

これははっきりと中国マーケット向けの作品ですよね。アメリカではコケたみたいですが、中国ではそこそこヒットで、とりあえず中国だけで製作費は回収したみたいですよ。

人口が多いって恐ろしいものですね。(^_^;)
ごみつ
2017/05/15 01:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
グレートウォール ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる