ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS ハピネス

<<   作成日時 : 2017/07/14 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

桐野夏生著 光文社文庫
☆☆☆★★

画像


高級タワーマンションに暮らす岩見有紗は窒息寸前だ。ままならぬ子育て、しがらみに満ちたママ友たちとの付き合い、海外出張中の夫・俊平からの離婚申し出、そして誰にも明かせない彼女自身の過去。軋んでいく人間関係を通じて、徐々に明らかとなるそれぞれの秘密。華やかな幸せの裏側に潜む悪意と空虚を暴き出す。人気女性誌「VERY」連載時から話題沸騰の衝撃作!(文庫解説より)

久しぶりの桐野夏生。「東京島」あたりからちょっと・・な感じがしてしばらく彼女の作品を読んでいませんでしたが、これはなかなか良かったです。

いつもの桐野作品と比べると、悪意の増殖もなく、登場人物もごく一般的な人達。ただ、かえってその分、最後まで凄く閉塞感を感じる作品でもありました。と言うか、これが「VERY」に連載されていた事自体がけっこうブラックなんじゃない?って思っちゃいました。(^_^;)

物語の舞台は高級タワーマンション。このマンションは裕福な人達が住むウェストタワーと、ちょっと格下の人達が住んでいるイーストタワーがあるのです。さらに、上層階に住んでいるほど格が上なんですね。

主人公の有紗(ありさ)は、イーストタワーに賃貸で住んでいる。彼女は4人のママ友と仲良しなのですが、そのうち3人はウェストタワーの分譲チーム。もう一人は駅前の普通のマンションに住んでいる。

この5人組のリーダー格になっているのは、もとキャビンアテンダントで才色兼備のいぶママ。彼女達は自分達を子供の名前+ママで呼び合っていて、その描写だけでけっこう息苦しくなります。美雨ママはタワマンの住民ではなく、ファッションもユニクロばかりの女性なのですが、美人でスタイルが良くいぶママに気に入られて仲間に入っているらしい。

主人公の有紗は、ウェストタワーに住む3人に馬鹿にされない様に緊張感を強いられる毎日だが、このグループにいられる事が心の支えでもある。でもどうやらウェストママ3人だけで、よく出かけたりしているらしく、それが彼女を落ち込ませる。

そして最も大きな問題。それはアメリカに単身赴任中の夫から離婚を迫られている事だった・・・。娘を私立の幼稚園に入れたいのに、夫は連絡すらしてくれない。もちろんそんな事はママ友達には秘密。

普通マンションに住んでいる美雨ママだけが異色の存在で、思った事をズバズバと発言するのだけれど、有紗はそれがとても苦手。それでも、彼女だけが唯一見下せる相手でもある。

そんなある日、美雨ママに誘われて2人で飲みに行く様になるのですが、彼女から驚くべき話を聞かされる事になり・・・。

まあ、物凄くひどい事件が起きるワケでもないし、最後は有紗にとってはハッピーエンドに終わるのですが、全体的には何だか、ひどいな・・とも思ってしまいました。これ以上は詳しくは書きませんが凄い閉塞感です。こんな事は、あちらこちらで日常の様に起きている事なのでしょうが。

結局描かれているのは、せま〜いママ社会における格差と順列。これが、伯爵と侯爵とか、そんなレベルじゃないし、傍から見てるとど〜でもいいものなんだけど、恐らく私自身も含めてそこに投げ込まれたら、やっぱり苦しむんだろうな・・と思ったりしました。だって、自分自身は一匹狼になっても良いけど、子供はそうはいかないですもんね。

桐野作品としては傑作とはお世辞に言えませんが、なかなか面白かったです。でも、やっぱり私は桐野作品は初期の村野ミロシリーズとかの方がず〜っと好きですね。
デンジャラス
中央公論新社
桐野 夏生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デンジャラス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます♪
ハピネスはだいぶ前に読みました。(感想は書いていません)
Veryに連載とあって、桐野さんにしては毒がなくて読みやすかったです。最後はめずらしく主人公の成長物語っぽくなってましたしね。^^

大げさに書かれていると思いますが、多かれ少なかれこういうことってあるのでしょうね...。でもみんながみんなそんなに暇じゃないし、つかず離れず、大人のつきあいでうまく乗り切ることはできると思います。

それと子どもって親の姿をよく見てますよね。親が他人を気にしてばかりだと子どももそうなるし、逆もまたしかり。
私は人のうわさとか人間関係に関してはかなりぼけ〜っとしている方ですが、それはそのまましっかり息子に受け継がれてますよ。^^
セレンディピティ
2017/07/14 09:21
セレンディピティ さん

こんばんは!
セレンさんも、これ読まれてたんですね!
なかなか面白かったですよね。おっしゃる様に、主人公の成長物語になっていたのが後味を良くしていたと思いました。

確かに、こういうおつきあいっていうのは、それぞれの気持ちの持ちようなんですよね。
主人公の有紗も夫とのゴタゴタがなければ、もっと自信を持って人と接する事が出来たんだろうと思いました。

それにしてもあの夫、ちょっと子供っぽすぎますよね。(笑)

私もどちらかと言うと、「私の事は放っておいてくれ」っていうタイプ(笑)なのですが、どんな関係であれ人との縁は大切にしたいと思ってます。

思い返すとうちの親もそういうタイプだったかも・・。やっぱり子供は親の姿に大きく影響されるんでしょうね。
ごみつ
2017/07/15 00:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハピネス ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる