ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS IT/イット ”それ”が見えたら終わり

<<   作成日時 : 2017/11/09 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

IT
2017年/アメリカ (監)アンディ・ムスキエティ
(演)ジェイデン・リーバハー ビル・スカルスガルド ジェレミー・レイ・テイラー ソフィア・リリス フィン・ウォルフハード ワイアット・オレフ チョーズン・ジェイコブズ ジャック・ディラン・グレイザー ニコラス・ハミルトン ジャクソン・ロバート・スコット ステファン・ボガアート
☆☆☆★★

画像


http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/

スティーブン・キング原作のベストセラー小説「IT」の初の劇場映画版。公開前から「めちゃくちゃ怖い!」と評判になっていたので、キングファンとしては大きな期待をしていた作品です。

メイン州デリー。この町では児童が失踪する時間があいついでいた。ある大雨の日、吃音でいじめられっこのビルの弟のジョージーが、遊びに出かけたまま行方不明となる。

このシーンが一番怖かった。

画像


一緒に出かけなかった事で自分を責めるビルだったが、ある日”それ”を目撃してしまう。同級生のいじめられっこ達が、次々と”それ”を目撃する中、いじめられっこ達はチームをつくり”それ”に立ち向かい、行方不明者を探そうとするのだが・・・。

画像


この映画、場面、場面は、撮影技術の力もあって物凄く怖いのですが、何て言うか、ホラー映画にありがちな「お化け屋敷」演出がちょっとがっかりでした。何も「エクソシスト」みたいに、映画全体が凍りついてる様な恐怖を観客に与えろ!と言ってるワケではないんですよ。

メインストーリーは、様々な問題を抱える12歳の子供達が大人になるまでの成長物語で、「スタンド・バイ・ミー」みたいな青春物語みたいになってるんですよね。そのストーリーに対して、”それ”ことペニーワイズの恐怖シーンがとってつけたみたいな印象になってたのが残念でした。

チラリ。けっこう端正な顔で可愛いのよね。(笑)

画像


とりあえず怖いので、ホラー映画としてはもちろん成功なんですけど、キングファンとしてはそれだけでは納得できないんですよ。いっその事、「何じゃこりゃ?」なB〜C級タイプの映画の方が、キングの作品はしっくりくるんです。このあたりの感覚はとても微妙で、A級にするならそれなりの覚悟がいるんです。(うるさいね。笑)

画像


映画を見ている最中に、これが成人パートと子供パートの2つの時代設定で構成されていたのを思い出しました。”それ”は27年ごとにあらわれて子供とその恐怖を喰らうのです。メインパートである成人の部と、回想的に語られる子供の部が、交互に語られていくので、その度に話がいったん断ち切られ、「うぉ〜!」とイライラしながらも夢中で読んだものでした。

画像


それにしても今回の作品は、見事に大人の存在が皆無になってましたよね。この作品の大人は、決して子供を理解する事がないばかりか、害悪を与える者達として存在しています。大人達には"それ”は見えず、子供達だけで一丸となって恐ろしい敵に正面から立ち向かっていきます。

ちょっと不満もある映画でしたが、こうなってくると第2章が非常に楽しみです!大人パートは誰が演じるのかな。楽しみだな〜。

1990年のティム・カリー主演のテレビドラマ版も再見してみようと思ってます。比べてみたい!

画像

イット [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-10-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イット [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」
とりあえず、作品の設定と同じ、夏(夏休み)に公開すべきだったと思う。まずそれを一番最初に言いたい。で、夏(夏休み)に公開していたら、もっと本来のターゲットが観に来ることができたのでは?!だが、本来のターゲットとは一体誰を指すのだろう?というのも、ン十年前なら私もこの作品を充分に楽しんだと思うのだ。ン十年前の「ン」の部分にはお好きな数字を当てはめていただきたい。だが…。夏(夏休み)に公開すべきの「べき論」に加えてもう一つ、「子供向けと子供騙しは違う」という、割と古くからの自身の考え方が胸をよぎる。... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/12/04 12:39
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
アメリカのある町で、子供たちが次々と姿を消した。 やがて少年少女たちは“ペニーワイズ”という名の不気味なピエロに襲われ、経験したことのない恐怖=IT(それ)を味わうことに…。 ホラー。 ≪子供が消える町に、“それ”は現れる。≫ R-15 ...続きを見る
象のロケット
2017/12/10 08:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん☆
そうそう!映像技術が素晴らしくて、ちょいちょい恐怖にさらされましたが、お話自体はさほど怖くないのですよね。
これはある意味スティーブンキングらしくて、彼の作品は映画にするとコンセプトはめっちゃいいのに必ず最後にB級へ急降下しちゃうところがあるっていうか…
正体がわからない所までは怖いのだけど、分かっちゃうと案外なんでもなかったり。
次回は間もなく「ダークタワー」ですよ!
チラシを見たらもんんんのすごいB級に仕上がってそうで、私はそっちに恐怖を覚えているところです。
ノルウェーまだ〜む
2017/11/09 23:39
ノルウェーまだ〜む 様

こんばんは!
ご主人、キングもお好きなんですね!
つげ義春と言い、ブレランと言い、確かに好みが似てますね!(笑)

スティーブン・キング自信がB級が好きなんですよね。記事にもうるさく書きましたが(笑)、だからA級にするならけっこうがんばらないといけないんですよ。

A級で成功しているのは、キングは嫌いらしいけど「シャイニング」、それと私が一番好きなキング作品でもある「デッド・ゾーン」あと、「ショーシャンク」「スタンドバイミー」「グリーンマイル」旧作の「キャリー」あたりでしょうか?

「ダーク・タワー」は途中で読むのをとん挫しゃちゃってるので、これを機会に最初から読み直してみようかな。

「IT」の大人編も楽しみですね!
ごみつ
2017/11/10 00:04
ごみつさん☆再び
「ダークタワー」私も途中頓挫してます。とはいえ、1巻目の最初の方なので、読んでないのも同じですが(≧▽≦)

「デット・ゾーン」見てなかったので、ちょっと見てみます!
あとはどれも良かったですよね♪

「IT」は弟が「一緒に浮かぼう♪」と言うシーンとか超怖かったので、大人版で普通にホラーになったらまた怖くないかも??という不安もややあります…笑
ノルウェーまだ〜む
2017/11/12 10:58
ごみつさん、こんにちは。
この映画は怖そうなので見れないと思います。
キング作品はB級が面白いのは納得です。
ダーク・タワーはどうなってるかな?
kinkacho
2017/11/12 20:46
ノルウェーまだ〜む 様

こんばんは!
お返事有難うございます。

「デッド・ゾーン」はちょっと古いですが、デビッド・クロネンバーグが監督なので必見ですよ。クリストファー・ウォーケンが主役です。

「ダーク・タワー」長丁場だから読むの気合が入りますよね。今、7巻まで出てるけど、キングがライフワークとか言ってるからまだ続くかも。(^_^;)

「IT」大人編は、また雰囲気変えてくるかな?期待して待ちたいです。
ごみつ
2017/11/13 02:00
Kinkacho さん

こちらにもコメント有難うございます。

うん、これけっこう怖いよ。R15なので地上波では放映されないかも。でも機会があったら是非。

そうそう、キングの映画はB級の方がしっくりくるんですよね。私、キングの映画化作品で一番好きなのは「デッド・ゾーン」なんだけど、その次は超B級な「クリープショー」か「ナイトフライヤー」をチョイスしたい。悪趣味すぎて最高です!(笑)
ごみつ
2017/11/13 02:04
キングのファンですし、この映画も単体では悪くないと思っています。でも、どうしても一点、不満なのはタイトル。なぜに最初から第一章だとしなかったのか。原作が長いので、2時間余りでは足りないのは理解できます。また子供編と大人編に分けるのも理解できます。ならば、最初から二部作だと宣伝するべきですよ。この不誠実さが一番嫌でした。
ヌマンタ
2017/11/14 13:49
ヌマンタ さん

こんばんは!
ヌマンタさんも見に行かれたんですね。けっこう怖かったですよね〜。
これだけ本格的なホラー映画を劇場で見るのも久しぶりだったので、楽しめました。

そうそう、この映画、続きがある事が誰にでもわかるのは、映画の一番最後なんですよね。
エンドクレジットで、やっと第1章って出るのね。

確かに最初から2部作だと宣伝すべきですね。
前後篇タイプだと、集客が減っちゃうって判断したのかしら?
前評判の高さを見ても、その必要はなかった気もします。

皆、ホラー映画は大好きだしね。
ごみつ
2017/11/15 02:56
こんにちは!TBをありがとうございました。
この作品、R15指定だったのですね!?私、知らずにばっさりと「子供向け」だなんて言ってしまっていました。
でも、子供が主人公だというだけでなくて、子供の内に知っておいた方がいいような、そんな恐怖が散りばめられていた気がします。
そしてそうなんです!私もあのジョージが下水溝で…のあのシーンが一番怖かったです!!
ここなつ
2017/12/04 12:38
ここなつ 様

こんばんは!
コメントとTB,こちらこそ有難うございます!

そうそう、この映画、なぜかR15なんですよね。多分、ショッキングなシーンが多いからでしょうが、ここなつさんが記事でも書かれてる通り、主人公達と同じくらいの年齢の子供達にこそ見て欲しい内容でしたよね。

私もここなつさんと同じく、子供の時にたくさん小さなトラウマを作っておくと良いと思ってる派です。(笑)
これが、けっこう大人になってから、良い味わいで自分に影響を与えてるのを感じるんですよね。いつまでも忘れないしね。
人生の大切な経験の一つだと思う。

明日、早いので、ここなつさんのところには後日おじゃましますね!
ごみつ
2017/12/05 00:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
IT/イット ”それ”が見えたら終わり ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる