ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 女王ヴィクトリア 愛に生きる シーズン1

<<   作成日時 : 2017/11/11 21:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

Victoria

画像


NHK総合で今年の7月から9月にかけて放映されていた英国ドラマ「女王ヴィクトリア 愛に生きる」シーズン1 全8話を見ました。

ドラマは1837年、ウィリアム4世の死去によりわすか18歳だったヴィクトリアがハノーヴァー朝の女王に即位するシーンからはじまります。

母親のケント公妃と側近のコンロイからは摂政をさせる様に迫られ、王位の簒奪を狙う王位継承者達からは、様々な中傷をされるヴィクトリア。

ケント公妃とコンロイ

画像


そして、そして、そんな孤軍奮闘の若いヴィクトリアを支えてくれたのが、時の首相であったメルバーン卿です!!

画像


このドラマは、私にとっては、メルバーン卿とヴィクトリアの関係が全てだった!と言っても過言ではありませんでした。

ルーファス・シーウェル演じる、メルバーン卿があまりにも素敵すぎて、何をどう熱く語ったら良いのかがわからず、記事にするのもすっかり遅くなってしまいました。(^_^;)

画像


メルバーン卿が新女王にはじめて謁見にきたシーン。見て!!

VICTORIA on MASTERPIECE | Season 1 Episode 1 Scene | PBS

https://www.youtube.com/watch?v=QULckG7XJ9A

ヴィクトリアは何から何までメルバーン卿に頼りっぱなしで彼に全幅の信頼を置いていきます。この2人は親子以上も年齢が離れているのですが、ある日ヴィクトリアはメルバーン卿に結婚を申し込むまでになります。(女王には求婚できないので、女王は結婚したい相手がいた場合、自分から求婚しないといけないんですね。けっこうきついね。)

このあたりは当時の噂からうまれた脚色でしょうが、もうね、ここのエピソードは個人的に萌えが爆発!っていう感じで、素晴らしかった。(笑)

女王ふられる

画像


メルバーン卿の妻は何とバイロン(詩人の)と駆け落ちした上にバイロンに捨てられて衰弱死してるんです。しかも2人の間の子供の病気で亡くしていて天涯孤独。

こんな人生を歩んできたメルバーン卿にとって、きっとヴィクトリアは新しい女王として英国そのものであり、自分の娘であり、自分を恋い慕うプラトニックな愛人でもあった。それでも彼女に必要なのは自分ではない事がわかっている。

メル卿にふられちまったヴィクトリアがエリザベス女王にならって生涯独身を誓い、仮装パーティーでエリザベス女王のコスプレをしたら、メル卿はエリザベス女王の心の愛人であったレスター伯の仮装をして2人でともにダンスをすると・・。

画像


そんな蜜月関係を続けていたワケですが、いとこでザクセンの公子だったアルバートととの縁談話が舞いこんで、2人はすぐに恋に落ちます。

ヴィクトリアは基本的に情熱家で惚れっぽいんですね。

画像


世の中の酸いも甘いも知り尽くしている宮廷の花形みたいなメルバーン卿から、いきなりの田舎出身で真面目、不器用なアルバートが登場するので、ドラマに新しい空気が入り込んでくる感じでした。

ここで甘えまくっていたヴィクトリアもいきなり大人になっていくんですよね。

愛犬のダッシュ

画像


結婚式のシーンも良かった。ここで完全にメルバーン卿の役目は終了し、2人は別れの挨拶をかわします。これまた信じられないくらいの名シーンだったので是非みんな見てくれ!!

画像


画像


I Shall Never Forget

https://www.youtube.com/watch?v=ft3Zg7JRzgU


第7話で、新しく開発されたばかりの鉄道に煤だらけになりながら乗るアルバートのシーンは、若者がつくりあげていく新しい時代の幕開けを感じさせてホントに良いシーンでした。

アルバートと次期首相になるピール。この2人は気が合うんですよ。

画像


貧しい庶民を小説の主人公にしたディケンズの小説をバカにするメル卿のシーンがあって、ここで絶対的に世代が交代するっていう事が象徴的に描かれてました。

そして第8話でヴィクトリアに第一子が生まれます。

ホントはメルバーン卿の事ばっかり書きたい勢いだったのですが、そうもいかないのでとりあえず簡単に。第2シーズンにもメルバーン卿が登場するのですが、その時に彼との本当のお別れがくるみたいなので、今からハンカチを涙に濡らしている、そんな私なのです・・・。

画像



さあ、大英帝国の繁栄がはじまりますよ!!

画像


予告

ルーファス・シーウェル出演のドラマ「高い城の男」も近日中に記事アップ予定。ナチスの高官となったもとアメリカ軍人スミス大将の魅力をかたりつくす予定です!






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは♪
ごみつさんの思いあふれるレビューに、ルーファス・シーウェルさんの魅力が存分に伝わってきましたよ。
お写真どれもすてき〜☆
映像がきれいで、ストーリーもロマンティック&ドラマティックですし。ヴィクトリア女王役の女優さん、かわいいですね。
私も見てみようかな。
セレンディピティ
2017/11/12 17:08
ごみつさん、こんにちは。
kinkachoもこのドラマは楽しみて観ていました。日曜の23時に放送してくれたので、山へ行って帰っても見逃さずに済みました。
ごみつさんがメル卿に萌えるのはわかります。kinkachoも萌えました。
第2シーズンが放送になれば嬉しいな。
kinkacho
2017/11/12 20:40
セレンディピティ さん

こんばんは!
ルーファス氏ネタ(笑)にいつもコメントいただいて有難う〜。ホントはもっといっぱい写真あるのですが、しつこいのでこれくらいにしておきました。

このドラマ、歴史ものって言うよりは、ヴィクトリア個人にフォーカスした内容でした。衣装や調度品なんかがとても素敵です。

NHKは海外ドラマは再放送しないし、オンデマンドにもないので、いずれDVDレンタルか動画配信されるまでシーズン1は見るの難しそう。
でも良ければシーズン2からでも是非。歴史劇っぽいつくりはしていないので、みやすいですよ。
ごみつ
2017/11/13 01:17
Kinkacho さん

こんばんは!
そうそう、これ11時からだから時間的にみやすかったですよね。
私はシフトによって帰りが11時すぎる事が多いので、録画してましたが、最終の8話以外消しちゃったんですよね〜〜。
何でとっておかなかったんだ!と後悔する事しきりです。

メルバーン卿はホント、素敵だった〜。ドラマの後で色々調べてて、オーストラリアのヴィクトリア州の州都のメルボルンが、メルバーン卿の名前からきてるって知って、一人で盛り上がったりしてました。(笑)
アルバートも悪くないよね。アルバートのお兄さんも好き。

シーズン2、もし放映しなかったら、NHKに殴り込みです。(笑)シーズン2が今から楽しみです。
ごみつ
2017/11/13 01:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
女王ヴィクトリア 愛に生きる シーズン1 ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる