ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月に見た映画

<<   作成日時 : 2017/12/11 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

11月に見た映画で記事にしていないのは4本です。

「フラットライナーズ」
Flatliners
1990年/アメリカ (監)ジョエル・シューマカー
(演)キーファー・サザーランド ジュリア・ロバーツ ケビン・ベーコン ウィリアム・ボールドウィン オリバー・プラット
☆☆☆★

画像


心臓を停止させ死後の世界を垣間見ようとする5人の医学生を描いたスリラー。死後の世界が本当にあるのかどうかを確認するために臨死体験を試みたい学生達はあり得ない幻覚を見る様になり・・。

当時の若手スターが出演する作品でしたが未見だったもの。今度、この映画がリメイクされるのを知り、DVDレンタルで観賞してみました。

これはホラーと言うよりも、それぞれが心の底に抱える闇が具現化してあらわれてくるところがサイコミステリーっていう感じでしたが、あんまり面白くなかった。監督はジョエル・シューマカーなのに、歯切れの悪い作品。

キーファーがリメイクにも出るみたいなので、そのあたりはちょっと楽しみ。

12月22日公開。行くかどうかはビミョ〜。

画像



「娼婦ベロニカ」
A Destiny Of Her Own
1998年/アメリカ (監)マーシャル・ハースコヴィッツ
(演)キャサリン・マコーマック ルーファス・シーウェル オリバー・プラット モイラ・ケリー ジャクリーン・ビセット ナオミ・ワッツ フレッド・ウォード ジェローン・クラッベ
☆☆☆★★

画像


1580年代初頭のベネチアを舞台に、実在の詩人ベロニカ・フランコの華麗な半生を映画化したラブ・ストーリー。1583年、当時のヨーロッパでは、女性は男性の所有物としてしか扱われていなかった。

ベロニカは青年貴族マルコを愛していたが、身分の違いを理由に結婚できず、彼女は高級娼婦となり、各界の大物
男性達の寵愛をうける様になるが、心はいつでもマルコだけを愛していた・・。

DVDレンタルで観賞。ルーファス・シーウェル追っかけ作品。愛されるマルコを演じています。ハンサムでした。

画像


ベロニカは美しく聡明な女性だったが、それを生かす道は娼婦になるしかなかった。美しい詩を幾つもつくり、蓄えたお金で同じ娼婦たちとその子供達のために慈善団体を設立したりした女性。

その後、魔女裁判にかけられた時も彼女を寵愛していた町の有力者達の助けで無罪放免になる。

マルコの存在は映画の脚色みたいなのですが、なかなか面白い作品でした。ベロニカ・フランコっていう女性の事を知る事が出来ただけでも良かったです。

「空海」
1984年/日本 (監)佐藤純彌
(演)北大路欣也 加藤剛 石橋蓮司 室田日出男 成田三樹夫 小川真由美 中村嘉葎雄 西郷輝彦 丹波哲郎 森繁久彌 西村晃 真行寺君枝
☆☆☆★★★

画像


空海の半生をドラマティックに描いた歴史巨編。真理を探求する真魚(まお)は、やがて“密教”にたどり着く。彼はその原典に触れるため、遣唐使として唐へと渡る……。「弘法大師御入定1500年御遠忌記念映画」として製作された作品。アマゾンプライムで観賞。

しょっぱな、真魚(まお)が世界の真理を悟り密教に辿りつくまでの若い頃の放浪の描写が、「ちょっと、これどうなの・・。」っていう映像表現で、不安になりながら観賞していましたが、唐へわたる頃あたりから、かなり良くなってきて、最後まで堪能出来ました。

遣唐使船4隻のうち、空海と最澄の乗った2隻だけが嵐で沈没しなかったのね。2人は帰りも無事に帰国してきています。日本に戻ってきてからのストーリーは、朝廷の薬子の変が中心に語られていきますが、小川真由美演じる薬子が凄く怖かったです。

中国ロケも大々的に敢行していて良かった。お勧めです。見終わって、空海って凄いな〜この人・・と思いました。超インテリだしね。

画像



「徳川家康」
1965年/日本 (監)伊藤大輔
(演)中村錦之助 有馬稲子 北大路欣也 田村高広 西村晃 千田是也 山本圭 三島雅夫 内田朝雄 加藤嘉
☆☆☆★★

画像


山岡荘八の同名人気長編小説の映画化作品。名匠、伊藤大輔が監督。アマゾンプライムで観賞。

戦国時代の東海地方は、勢力を誇る東の今川家と西の織田家との中間に位置していた。岡崎城主の松平広忠と刈谷の於大姫との間に竹千代(後の徳川家康)が生まれたが、松平家存続のため於大は織田方の城主のもとに嫁いでいく。

今川義元は織田家の進撃を止めるため竹千代を人質にとることを決意。しかし今川に向かう途中で、織田家にとらえられてしまう。

家康の子供時代からはじまって、桶狭間までが描かれてました。ちょっと中途半端。もっと続きが見たかったな。

家康を演じるのは北大路欣也で彼も良かったけど、やっぱり中村錦之助が演じる織田信長が一番目立ってて良かった。この頃の信長は本当に凄いね。

また信長主役の大河が見たくなった。

さて〜、いよいよ12月になりましたね!ラストスパートです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
フラットライナーズ、予告で見ましたが、リメイク作品だったのですね! 知らなかった〜
あまり得意なジャンルではないですが、旧作のキャスト、なかなか魅力的ですね。

そういえば空海も今度、日中合作で公開されますね。
こちらもキャストの面々が懐かしい。^^ 北大路欣也さん、若いですね!
セレンディピティ
2017/12/15 00:54
セレンディピティ さん

こんばんは。
そう、これリメイクなのよね。それにしてもハリウッドは、ホント、リメイクばっかりですよね〜。
「フラットライナーズ」大した映画じゃないんですよ。(^_^;)
どんなリメイクになってるかちょっと気になります。

日中合作の「空海」はモンスターとか出るトンデモ映画ですよ。でも絶対に見に行くつもりです。(笑)
ごみつ
2017/12/16 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月に見た映画 ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる