ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 北斎とジャポニスム

<<   作成日時 : 2017/12/17 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


http://hokusai-japonisme.jp/

上野の国立西洋美術館で開催中の「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」を見て来ました。

19世紀に、日本の浮世絵が西洋美術に大きな影響を与えた事は有名ですが、今回は浮世絵界最高の巨匠、北斎の作品をフィーチャーしている展覧会です。

北斎の作品とともに、影響を受けたと思われる西洋美術を比較しながら展示されているのですが、北斎は物凄いワ、影響受けてる作品もハイレベルだワ、で鑑賞中はなかなか頭と心の整理がつかない感じでした。

可能であれば何度か足を運ばれてみると良いと思います。1回目の時には大混雑で小さな作品(主に浮世絵)がほとんど見れなかったので、リベンジで閉館1時間前くらいの時間をねらって再度出かけてみたのですが、より落ち着いて鑑賞出来ました。

「え〜、これ本当に北斎からの影響なの、これ?」と思った作品もあったのですが、全体的には素人目にも納得のいく展示内容で、とても勉強になりました。

展示は6つのテーマにわかれていました。

1854年の開国以来、日本を訪れた外交官達により日本の美術が西洋にひろめられ、瞬く間に北斎は日本の最も偉大な画家として名前がひろまり、模写をする画家があらわれます。

パート1「北斎の西洋における受容」ではそんなビギニングの資料がガラスケースの中に展示してあったのですが、ここはしょっぱなという事もあって大混雑。あんまりきちんと見られなかったのが残念です。

パート2は人物画で、今回の展覧会でも目玉作品となっている、ドガの踊子のポーズと北斎漫画の中の相撲取りのポースなど、興味深い対比がたくさんありました。

画像


パート3は動物、パート4は植物で、私はこの2つのパートが最も心魅かれました。もともと西洋美術の世界では、最高のテーマは宗教画、続いて、人物画、静物画、風景画と続き、生き物が主題としてテーマになる事はほとんどなかったそうなのです。メインで取り上げられ場合は、博物学としての対象としてのみ。

日本に限らず、東洋美術においては自然をモチーフにする事はメインテーマでもあり、特に北斎は様々な動植物を北斎漫画の中で描いており、それは西洋の人達に大きな衝撃を与えたそうです。

でも、それはよ〜く、わかるな〜。

北斎漫画より「三体画譜 狗」

画像


ゴーガンの「三匹の子犬のいる静物」これ凄く可愛い!ゴーガンがこんな可愛い絵を描いてるなんて知らなかった。

画像


北斎漫画より「十五編 兎」

画像


これはピエール・ボナールの「兎の入る屏風」ボナールはバリバリのジャポニスム傾倒派だったそうです。

画像


北斎漫画より「十三編 魚濫観世音」鯉の背中に観音様

画像


エミール・ガレの「双耳鉢 鯉」ガレの作品はどれも素晴らしかったですよ!!

画像


北斎「菊に虻」

画像


モネ「菊畑」モネは浮世絵のコレクターだったんですね。

画像


植物は動物よりもよりデザインモチーフとしての性格が強い事もあって、植物のパートは美しい作品がたくさんありましたよ!

思えば、イギリスのアーツ&クラフツ運動なんかにも、浮世絵は少なくない影響を与えているんじゃないかと思うし、印象派への影響は決定的なものがあったのだな・・と今回の展覧会を鑑賞しながらまざまざと感じさせられました。

パート5は風景、そして最後のパート6は波と富士山でした。

北斎 「富嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二」

画像


セザンヌ 「サント=ヴィクトワール山」

画像


面白かったのはアンリ・リヴィエールという画家の「エッフェル塔三十六景」というシリーズ作品。「北斎」の世界が好きで好きで仕方ない!っていう思いを感じました。他にも数点展示されています。

画像


会期は来年1月28日までです。お勧めですよ!ただし大混雑していますので、お気をつけ下さいませ〜。

画像




北斎漫画(全3巻セット) (Hokusai Manga 3 Vol Set)
青幻舎
葛飾 北斎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北斎漫画(全3巻セット) (Hokusai Manga 3 Vol Set) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
私も金曜日に見に行って、昨夜記事にしたところです。
楽しい展覧会でしたね。
最初の展示室の資料のところはとても見れる状態ではなかったですが、それ以外は比較的じっくり見ることができました。
モネの菊畑は私も気に入って、記念にチケットホルダーを買いましたよ。^^
エッフェル塔三十六景も楽しかったですね。
どの作品も北斎の影響はみられるものの自身の作品として昇華されているのがすばらしいな〜と思いました。
セレンディピティ
2017/12/17 17:09
セレンディピティ さん

こんばんは!
偶然、同じ日に記事アップになりましたね。

最近は夜は記事を作ってないのですが、後がきつくなりそうなのでがんばって作りましたが、その後、バタンキューでした。(笑)

何だか盛りだくさんで楽しい展覧会でしたよね。これでもうちょいすいてれば最高だったんだけど。

モネの菊畑、とても素敵でしたね。今回展示されていたモネの作品はどれも良かったです。

そうそうエッフェル塔三十六景、面白かった〜。セレンディピティさんの記事を読ませていただいても、やっぱりツボは一緒だな!って思いました。(^^♪

私は記事の参考にもなるので、ミニサイズの方のカタログを買いました。
ごみつ
2017/12/17 23:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
北斎とジャポニスム ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる