ポンピドゥー・センター傑作展

画像

http://www.pompi.jp/


上野の東京都美術館で開催中の「ポンピドゥー・センター傑作展」に行ってきました。

芸術擁護に尽くした時の大統領ポンピドゥーの名前を冠した美術館がパリにオープンしたのが1977年。近代美術の殿堂として名高いこの美術館のコレクションを通じて20世紀美術の流れを辿るという趣旨の展覧会です。

展示は1906年から1977年までのタイムラインにそって、1年1作品が紹介されるという面白い構成になっていました。

以前に住んでいた場所は(文京区根津)上野まで歩いていける距離だったので、上野の美術館はぶらりと出かける事が出来たのですが、今は遠くなってしまった為、上野の山へ行くのはわりと久しぶり。

画像


心のリラックスを兼ねてブラウジングするにはもってこいの展示内容で、たくさんの作家の作品をあれこれと観賞できてとても楽しい時間でした。

気に入った作品をいくつかアップしておきます。

1932年 アンリ・カルティエ=ブレッソン 「サン=ラザール駅裏」
ブレッソンの有名な1枚。

画像


1937年 カンディンスキー 「30」

画像


1940年 マリー・ローランサン 「イル=ド=フランス」
ローランサンはどういう理由か画集がほとんど出ていないので、たまに本物が見られるととても嬉しいです。これはお土産にポストカードも買いました。

画像


1948年 マティス 「大きな赤い室内」

画像


1949年 ド・スタール 「コンポジション」
この質感と色合いが好き。これもポストカードを買いました。

画像


1960年 アルマン 「ホーム・スイート・ホーム」
ガラスケースいっぱいにつまったガスマスク。女の子2人が、「嫌だ~、これ本当に嫌だ~」と声をあげてましたが、なかなかショッキングで強烈な印象を残します。

画像


1961年 クリスト 「パッケージ」
あいかわらず包んでるな~っていうブレない感じが嬉しくなりますね。(笑)

画像


バラエティに富んだ作品を楽しめますので、是非いかがでしょうか?会期は9月22日までです。

この記事へのコメント

はなこ
2016年06月28日 23:15
ごみつさん、こんにちは♪

私はこの展覧会の前売りチケットを最近入手したので、近々見に行く予定です。

ポンピドゥー・センターには3年前のパリ旅行で訪ねたのですが、今回の展示リストを見る限り、私が現地で見たのと殆ど重なっていないようです。ポンピドゥー・センターは建物自体が面白いですね。

都美の関係者に伺ったら、やはり今回は展示方法が面白いよ、と言うことだったので、期待しています。展示方法と言えば、現在六本木の国立新美術館で開催中の「ルノアール展」も、1カ所、当時の広場を再現したような広々とした円形になっていて、面白いですよ。

現代アートは鑑賞者に何がしかの"引っ掛かり"(考えるきっかけ)を与えるのを意図しているところもあるので、アルマンの作品は「してやったり!」ですね。

展覧会場に足を運ぶのは、会場の空間を共有している別の鑑賞者の、作品への反応を見るのも楽しみだったりします(笑)。

日曜日には横浜美術館で開催中のアメリカ人の女流印象派画家メアリー・カサットの回顧展を見て来ました。彼女の作品は印象派展で1~2点を見ることはあっても、その全貌を見る機会はこれまでなかったので、ドガと親しかった彼女のパステル画の巧さに感銘を受けました。ドガも嫉妬を覚えたと言う「線」の巧さが光っていました。

今年は春から、充実した展覧会が多くて、嬉しい悲鳴を上げています。
ごみつ
2016年06月29日 23:37
はなこ さん

こんばんは!
はなこさん、ポンピドーに行かれた事があるんですね!
ポンピドーセンターの建物はレンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースっていう建築家の設計で、今回の展示の最後の1977年はポンピドーの設計模型でした。

そうそう!アルマンのガスマスクは若い女性がギャ~っと嫌がってたので、この作品成功だな・・と私も思っちゃいました。
(笑)
今回の展覧会は、年度毎に1作品、全て異なるアーチストなので、なかなかお得感あふれる感じですし、このコンセプトのおかげでとても気楽に観賞出来るのも良かったです。
はなこさんも楽しんできて下さいね。

ルノアールも見たいのですが、メアリー・カサットも良さそうですね!
私ももっと色々な展覧会に足を運びたいです。今、ヒルズで「ポンペイの壁画展」やってるじゃない?これは何とか行きたいな~と思ってたんだけど無理でした。(^_^;)

展覧会は心が俗世を離れて気持ちがリフレッシュするし、やっぱり楽しいです。
セレンディピティ
2016年07月02日 07:50
おはようございます。
ポンピドゥ―センター展、私も楽しみにしています。
今回はそれほど混雑していなかったですか?でも早めに行った方がよさそうですね。

ポンピドゥーは30年くらい前に一度訪れているのですが、当時は現代アートにそれほど興味がなかったので、ほとんど覚えていないのです...。
一年ごとに違うアーティストを紹介する、というアイディアもおもしろいです!
ごみつ
2016年07月02日 13:34
セレンディピティ さん

こんにちは!
ポンピドゥー、若い頃に訪れてらっしゃるんですね。
確かに、私も若い頃はあんまり現代アートが好きじゃなかったかも。そもそも美術に興味を持ち始めたのは社会人になってからなんですよね、私。
やっぱり年齢とともに、感性も変わっていきますよね。

この展覧会、たくさんのアーチスト、色んな作品が、集まってるバラエティボックスみたいな内容なので、気楽に観賞できました。
お時間がとれましたら是非!

この記事へのトラックバック