アジェのインスピレーション ひきつがれる精神

画像


https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2878.html

「ユージン・スミス展」に足を運んだ日、同時開催でアジェの展覧会をやっているのを知り、あわせて鑑賞してきました。

ココログブログ(今は消滅)でも記事にした事があるのですが、ウジェーヌ・アジェは19世紀末から20世紀初頭にかけて消えゆく古いパリの記録写真を残した人で、その写真はとても貴重なものです。

ショワジー館、バルベット通り8番地 1901年

画像


19世紀末、ナポレオン三世の第二帝政時代、セーヌ県の知事であったオスマンによってパリの大改造が行われました。これは非常に不衛生だったパリの生活環境や都市衛生を飛躍的に改善したのですが、同時に古い時代の建物、数々の文学作品で描写されたパリの街の姿、住んでいた下層階級の人々、そして町のコミュニティーが失われたんですね。

フルーリー通り76番地、シャペル大通り 1921年

画像


数年前にエミール・ゾラの作品を読んでいたとき、ちょうどこの改造によってパリを追い立てられていく貧しい人々の描写があり、写真集を眺めながらしみじみと歴史の流れに思いをはせたものでした。

ところで、アジェは生活のために、これから失われていく町の写真を撮影して販売していたのですが、死後に非常に評価され、マン・レイやベレニス・アボット他、著名な写真家に大きな影響を与えています。

1等の霊柩車 1910年

画像


マン・レイが発刊していた「シュルレアリスム革命」にアジェの写真を掲載した事で、アジェに無名で孤高の写真家だったアジェにスポットライトが浴びせられる様になります。

マン・レイの助手だったベレニス・アボットは、散逸の危機にあったアジェの写真のプリントやガラス乾板を買い取り世間へ広めていきます。

塵芥拾い 1899年

画像


大道芸人 1898年

画像


MOMA(ニューヨーク近代美術館)の写真ディレクターだったジョン・シャーコフスキーによってアジェは近代写真の先駆者として位置づけられていく。

今回の展覧会では、アジェの古い写真のみならず、後世にその影響を引き継いだ著名な写真家の作品もたくさん展示されていた、かなり得した気分になりました。(笑)

その中から気に入った写真をご紹介がてら。

ベレニス・アボット 「ウォーター・フロント」 1938年

画像


アルフレッド・スティーグリッツ 「三等船室」 1907年

画像


マン・レイ 「醒めて見る夢の会」 1924年

画像


荒木経惟 「写真論より」

画像


他にもウォーカー・エヴァンス、リー・フリードランダー 、森山大道等、何人かの写真家の作品が展示されています。

最後に、今回、東京都写真美術館へ行くのは初めてでしたが、とても素晴らしい美術館でした。恵比寿は自宅からちょいと遠いので(職場からもわりと遠い)なかなか行く機会が少ないのですが、写真好きとしてはまた是非足を運んでみたいと思っています。

そして帰りにはサッポロビアホールでビールを飲んで帰ろう!(笑)

この記事へのコメント

セレンディピティ
2018年01月24日 18:40
ごみつさん、こんにちは。
ユージン・スミスとともにアジェ展も見に行かれたのですね。
私はこの日は体が冷え切って体調が悪かったこともあり(この後風邪で寝込んでしまった)早々に引き上げてしまったのですが、私も見ればよかったな~と少々後悔しています。
当時のパリの様子がわかる貴重な写真ですね。1等霊柩車、おもしろ~い。^^
「三等船室」は「海の上のピアニスト」を思い出しました。

東京都写真美術館はうちからバス1本で行けるので実は近いのです。入るのは年に1、2回ほどですが、すてきな美術館ですよね。ここでハーブ&ドロシーの映画を見たのも懐かしいです。
そしてやっぱりビヤホールは欠かせませんよね。(^_-)-☆

同じガーデンプレイス内に、ガーデンシネマもありますよ。
ごみつ
2018年01月24日 23:50
セレンディピティ さん

こんばんは!
コメント有難うございます。

ユージン・スミスに出かけたら同時開催されてて2つ見ると割引きにもなってたのであわせて見てきました~。

セレンさん、この後、風邪をひかれてしまったんですね。ガーデンプレイスのあたりってふきっさらしなので、体が冷えちゃったのでしょうね。
まだまだ寒い日が続くのでお互いに気を付けましょうね~。

スミス展には大感激でしたが、アジェもなかなか良かったですよ。ただ写真が古いし小さいので、彼の作品は写真集で見た方が良いかも・・っていう気もしました。
でも、やっぱり現物を目にするっていう感動も捨てがたいですよね。

そうそう!ちょうど「ゴッホ 最後の手紙」が上映されてて、見たいな~なんて思いました。
ポーランド映画祭とか、かわった企画もやってるみたいなので、機会があったらまた来てみたいです。

ビアホールは絶対はずせませんね!(笑)この日は、ランチでじゃんじゃん焼きを食べて、ビールを1杯飲んで帰りました。

この記事へのトラックバック