ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS ミッション:インポッシブル/フォールアウト

<<   作成日時 : 2018/09/06 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 14

Mission:Impossible - Fallout
2018年/アメリカ (監)クリストファー・マッカリー
(演)トム・クルーズ ヴィング・レイムス サイモン・ペッグ レベッカ・ファーガソン ショーン・ハリス ミシェル・モナハン アレック・ボールドウィン アンジェラ・バセット
☆☆☆★★★

画像


https://missionimpossible.jp/

トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル」最新作を劇場で楽しんで参りました!
監督は前作に続きクリストファー・マッカリーがシリーズ初の続投。全作「ローグ・ネーション」が素晴らしかったからでしょうね〜。

何ものかによってプルトニウムが盗まれた。イーサンのチームはその奪還を命じられるが失敗。同時核爆発テロの危機が迫る中、イーサンのチームはその阻止に奔走するが、イーサンに疑惑の目を向けるCIAから、彼の監視のためにエージェントのオーガスト・ウォーカーが送り込まれる。

テロを計画する組織アポストルと接触するため、敵につながる謎の女ホワイト・ウィドウの指示のもと、「シンジケート」のリーダー、ソロモン・レーンの脱獄に手を貸す事になるイーサンだったが・・・。

面白かったです!やっぱりこういう映画は劇場で見るに限りますね。

トム in 成層圏!

画像


今回、新たに作戦に参加する事になる、CIAのオーガスト・ウォーカーを演じるのはヘンリー・カヴィル。しょっぱな、コンサートホールへ潜入するために成層圏からスカイダイビングするシーンが大きな見せ場ですが、良く考えると、この作戦けっこう大げさね。(笑)

バイクで疾走するトム!

画像


謎の女ホワイト・ウィドウと、ソロモン・レーンに脱獄をさせるシークエンスも良かった。毎回、見せ場となるカーチェイスシーンも良かったし、とにかく見せ場、見せ場の連続で大いに楽しめる1作でした。

戦うトム!このシーン良かった。この東洋人の彼はメチャクチャ強い!

画像


最大の見せ場は、終盤のヘリコプターのシーンでしょうが、あれ、トム・クルーズ本人が操縦してるそうで、彼の努力は本当に物凄いですね。アクション映画はたくさん見てきてるけど、この「ミッション:インポッシブル」ほどのシーンは滅多に見られないです。

トム&ヘリコプター!

画像


大スターが危険なシーンを自ら演じるのは、保険の関係で制作会社から普通は却下されてしまうそうなのですが、それを出来る様にするために、トム・クルーズは自らこの映画の最高責任者(プロデューサー)になってるんですよね。(;^ω^)

断崖絶壁をよじ登るトム!

画像


彼のアクションシーンは本当に楽しいけど、あまり無茶しないで欲しいな・・と思ったりもしますね。

映画としては、前作の「ローグ・ネーション」が非常に良かったため、比べちゃうとストーリー的には弱かったな〜って感じてしまったのも事実。再び、もとのアクション中心に戻ってしまった感が強かったかな〜。ただそのアクションが物凄いもんで、あんまり不満が出ないんですよね。

走るトム!

画像


トム・クルーズももう56歳なので、次回作はどうなのかしら?あんまり危険な事もして欲しくないので、次回作を作るなら、ぐうの音も出ないほどの見事な脚本のもと、作戦の内容を重視したシリーズ最高傑作を目指すのもアリなんじゃないかな・・と思ったりしています。

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミッション:インポッシブル/フォールアウト 【映画】
MISSION:IMPOSSIBLE FALLOUT 2018年 アメリカ クリストファー・マッカリー トム・クルーズ、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、サイモン・ペッグ、ウィング・レイムス、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか ...続きを見る
Balkan's Memorandum
2018/09/07 09:45
ミッション:インポッシブル フォールアウト
IMFのエージェント“イーサン・ハント”と彼のチームが回収しようとしていた3つのプルトニウムが、何者かに奪われてしまう。 “同時核爆発を未然に防がねばならないが、敵は正体不明。 更に、イーサンを疑うCIAは敏腕エージェントのウォーカーを監視役として同行させる。 手掛かりは“ジョン・ラーク”という男と“ホワイト・ウィドウ”と名乗る女の存在だった…。 人気スパイアクション第6弾。 ...続きを見る
象のロケット
2018/09/10 09:49
「ミッション:インポッシブル フォールアウト」
これを面白くないと言う人がいるのだろうか?それ位面白かった。近年の「ミッション:インポッシブル」は何となく「007」的な方向に向いているような気がしていたのだけれど、これは原点に帰ったというか、単純にミッションを遂行するという点で優れていたように思う。まあ、ストーリーが単純化したのが良かったんじゃないかな。とはいえ、ただただシンプルな勧善懲悪モノのお話なはずがない。そして旧作へのオマージュに溢れている。「ミッション:インポッシブル」ファンこそ観るべき作品であり、だが一方で「ミッション:インポッシ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/09/12 12:52
ミッション:インポッシブル/フォールアウト
TBはここにお願い致します。 ...続きを見る
銀幕大帝αTB受付
2019/01/03 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん☆
ほんと!その通りですね〜
トム本人のアクションの凄さがウリだけれども、物語をもう少し強くしてほしかったのも事実。
次回作はその辺を完璧にして、そろそろ引退に向けて準備したほうが?
と思っていたらブルースウィリスもアクション映画返り咲いたみたいだし(笑)トムもまだまだ頑張るのかも…

成層圏からのダイブは確かにそんな高いところから飛び降りる必要性なかったかも。観ている時は気付かないのだけど(苦笑)
ノルウェーまだ〜む
2018/09/06 22:47
面白そうですが確かに心配。クルーズさん御命大切に。おそらく、心底アクションが好きなんでしょうけれど。

クルーズ氏、読み書きが困難な病気だと聞いたことがあります。少年時代に苦労されたことでしょう。そういう情報を得ると、一層俳優に肩入れしてしまいます。
だぶるえんだー
2018/09/07 00:09
ノルウェーまだ〜む 様

こんばんは!

そうそう、せっかく「ローグ・ネーション」でアクションのみならず、物語の面白さでお話をひっぱて行ってたので、今回それが失速したのが残念です。
「M:i」シリーズはまだ続くんでしょうかね〜。
CGを使ったり、スタントの人を使えば、まだまだ続けられるだろうけど、トム本人はそれはやりたくないんじゃないかな?

コンサートホールに忍び込むのに、気が付かれない様に成層圏ダイブしたんだろうけど、もっと他に方法なかったのかしらね?

何にせよ、楽しい映画でした!
ごみつ
2018/09/07 00:42
だぶるえんだー 様

こんばんは!

これ面白かったですよ!彼自身、アクションが大好きなんでしょうね。
それにしても危険なスタントが多すぎるので、年齢も年齢だし、気を付けて欲しいです。^^;

そうそう、彼はディスレクシアだったんですよね。トム・クルーズはサイエントロジーの信者で、そのおかげで学習障害を克服出来たらしいです。

何にせよ、凄い人ですよね〜。
ごみつ
2018/09/07 00:45
ごみつさん、こんにちは。
TBありがとうございます♪

いや、ほんと、成層圏からダイブしたら、逆に目立っちゃうでしょう!
でも、そのばかばかしさこそが『スパイ大作戦』の醍醐味ですよね。いまにして思えば、3作目までは、カッコつけるばかりで、そういう楽しいツッコミどころが不足していた気がします。

子どものころ、「自動的に消滅する」といってテープレコーダーから煙が出てくるところ(と煙が出るだけでべつに消えちゃいないところ)が大好きだったんですが、今回は煙の出しかたがオリジナルに近くて、じんわり嬉しかったです。

プロデューサー・トム、次は誰を監督に選ぶのでしょう。すごく楽しみです。
Tae
2018/09/07 09:43
ごみつさん、こんにちは。
ヘリコプターのシーン、このためにライセンスを取ったそうですが、若葉マークでここまでやる?!って思っちゃいますね。^^
アクションは全編すごかったけれど、やはりヘリコプターからの絶壁バトルは手に汗にぎって一番興奮しました。

アクションシーンは、トム自身チャレンジすることを楽しんでいるのでしょうが、あまり自分を追い詰めないで...と心配になってしまいます。

https://blog.goo.ne.jp/serendpt3/e/9864ef1db2ddcb32fca0b85f83beeea8
セレンディピティ
2018/09/07 10:47
Tae さん

こんばんは!

確か、成層圏からダイブするとレーダーだか何だかにひっかからないって言ってましたよね。
それにしてもさ、コンサートホールに忍び込むだけなんだよ。お得意の変装で良いじゃんね〜。(笑)

「スパイ大作戦」はオープニングがワクワクしちゃうんですよね。最初、フェルプス君が指令を受け取って、テーブがシュワ〜〜っとなって、それからフェルプス君がメンバーを写真で決めるのよね。
「スパイ大作戦」と「奥様は魔女」は、私のアメリカ原体験って感じです。

プロデューサー・トム、次回は誰を選ぶんでしょうね〜。

ごみつ
2018/09/08 01:24
セレンディピティ さん

こんばんは!
やっぱ「フォールアウト」最大の見せ場はラストのヘリのシーンですよね。
ああいうシーンって事故ったら絶対に死んじゃうから、あんまり無理しないで欲しいな〜。
迫力あって素晴らしいんですけどね。

トムが走るシーンと、トイレでの格闘シーンも良かったですよね!
ホント、凄い俳優さんですよね〜。
ごみつ
2018/09/08 01:29
ごみつさん、こんにちは。
何度も書いている気がしますが、緻密な計画のサスペンスを要求します。
だからと言って、この映画が面白くない訳ではありません。
とにかくトム、頑張った!!
このためにヘリコプターの免許を取っちゃう気合いに感心しました。
kinkacho
2018/09/08 14:15
Kinkacho さん

こんばんは!
コメント有難うございます。

一度で良いからこのシリーズで、緻密な作戦遂行のお話を見てみたいですよね。
アクションはほどほどにして、次回作あたり、ビシ!っと「スパイ大作戦」してくれないかな〜。

何にせよ、「Mi」のトム・クルーズは凄いね。不満のかなりの部分が、アクションの凄さに飲み込まれてしまって、結局、楽しいんだから流石ですね。
ごみつ
2018/09/09 01:02
トムはそれほど好きな俳優ではないのですが、あの走りの場面には感心しました。身体動かすの、好きな人なんでしょうね。なんか、もう「スパイ大作戦」が元であること、忘れそうです。
ヌマンタ
2018/09/12 10:41
こんにちは。
流石トム・クルーズ!やはりトム・クルーズ!という一作でした。ともかくアクションを堪能しました。
お話としては、いつも上層部から裏切られる彼ですが、仲間との友情に裏切りはない、という所が良かったですね。…できればIMFの長官もその旨味を味わって欲しかったけれど。彼結構(仲間に入れて)ウッキウキだったのに…可哀相でした。
トム・クルーズだと使い古された核弾頭奪取のストーリーも許せてしまう私です。
ここなつ
2018/09/12 12:51
ヌマンタ 様

トム・クルーズは、同年代という事もあって、デビュー時あたりからのつきあいですが、私もファンっていうワケでもないです。

でも、デビュー以来、人気を落としたこともなくて常にトップスター、様々なキャラクターを演じ続けてて、役者として本当に立派さと思います。

そうそう、「ミッション・インポッシブル」は元が「スパイ大作戦」だと忘れそうですよね。かろうじてあのテーマ曲で何とか支えられてる感じですね。(;´∀`)
ごみつ
2018/09/13 01:08
ここなつ 様

こんばんは!
ここなつさんも見に行かれたんですね!
本当に万人が楽しめる、娯楽映画の鑑って感じでした。

やっぱりアクション中心の娯楽映画っていうのは、ストーリーは単純で、馬鹿らしいくらいの方が絶対に楽しいです。

それにしてもイーサンは、あれだけ毎回上層部から裏切られてよくくじけないでよね。(;^ω^)やっぱり仲間の力なんでしょうね!

アレク・ボールドウイン長官は、せっかく仲間になり始めてたのに、ホントに気の毒でした〜。(´;ω;`)
ごみつ
2018/09/13 01:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミッション:インポッシブル/フォールアウト ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる