ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS クワイエット・プレイス

<<   作成日時 : 2018/10/06 19:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

A Quiet Place
2018年/アメリカ (監)ジョン・クラシンスキー
(演)エミリー・ブラント ジョン・クラシンスキー ミリセント・シモンズ ノア・ジュープ
☆☆☆★★

画像


https://quietplace.jp/

予告編を見た限りでは、見に行くつもりのなかった作品なのですが、やたらと評判が良いので、ちょうど休みだった映画の日に劇場へ行ってきました。

音に反応し人間を襲う「何か」により地球は壊滅状態になっていた。そんな中、どうにか生き延びていた一組の家族がいた。夫婦、そして子供が3人。

画像


映画のしょっぱなから誰も言葉を発せず、ひそひそ声とジェスチャーのみ。音を出す行為は一切出来ない。全員裸足で歩いている。

一体何が起こったのかが、オープニングではわからないし、音を出したらどんな事になるのかもわからない。そういうシチュエーションにより、出だしから緊張感マックスの状態です。

画像


やがて、地球に一体何が起きたのか、彼らがどうやって生き延びてきたのかが、少しづつわかってくるのですが、最後まで緊張感がとぎれる事なく楽しめました。

かなり地味な作品なのですが、ストーリーの構築の仕方や、演出によって、お金をかけなくても秀作に仕上がる良い見本だと思います。

画像


脚本と監督は、主演もしているジョン・クラシンスキー。「あ、アマゾンのドラマのジャック・ライアンの人だ。」と思ったのですが、彼とエミリー・ブラントは実際の夫婦なのね。この家族以外の人間はほとんど出ないので、かなりの低予算映画らしいのですが、アメリカで大ヒットになったそうです。

画像


3人の子供のうち長女はもともと聾唖者で、それもあって、この家族は全員手話が出来るっていう設定。最終的な解決もこの長女が大きな役割を果たします。演じているミリセント・シモンズ自身が聾唖の方なんだそうで、驚きました。弟のノア・ジューブは「ワンダー」にも出てましたね。

画像


さて、時は流れ、観客はエミリー・ブラントが妊娠していて臨月が間近なのに気が付きます。

「え!ここで赤ちゃんが産まれたらどうなるかわかってるの!?」と思うのですが、彼らは出来る限りの準備を進めています・・・。でも、そんなに予定通りうまく行きますか!?

画像


という事で、後は是非劇場でお楽しみ下さいませ。

この映画の中で唯一流れる音楽シーン

画像


NEIL YOUNG - HARVEST MOON(A QUIET PLACE SOUNDTRACK
https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=utJqbxT1FKk

ジョン・クラシンスキー、良かったから「ジャック・ライアン」も見てみようかな〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クワイエット・プレイス
音に反応し人間を襲う“何か”によって荒廃した世界で、生き残った1組の家族がいた。 手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす夫リーと妻エヴリン、そして子供たち。 その“何か”は呼吸の音さえ逃さず、誰かが一瞬でも音を立てると、即死となる。 しかし、エヴリンは出産を控えていた…。 サバイバル・ホラー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/10/07 22:27
「クワイエット・プレイス」☆愛は勝つ?
暗いのが怖いというホラーの常識を覆して、音がしてしまう恐怖と戦うという新ジャンル。 初めはいかにもB級ホラーなかんじで全く観るつもりなかったのだけど、意外に良い評判も聞こえてきたので久しぶりの映画はこれに決定。 なるほど!怖いだけじゃない、家族の愛がそこにあった。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2018/10/15 23:26
クワイエット・プレイス
「ボーダーライン」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントが主演、ブラントの夫でもある俳優のジョン・クラシンスキーが監督・脚本を手がけ、全米でスマッシュヒットを記録したサスペンスホラー。あらすじ:ブラントが主人公となる一家の母親エヴリンに扮し、エヴリンを支える夫のリーをクラシンスキーが自ら演じ、夫婦共演も果たした。聴覚障害を持つ娘役は、自身も同じ障害を持つ「ワンダーストラック」のミリセント・シモンズ。音に反応して人間を襲う「何か」によって人類が滅亡の危機に瀕した世界で、「決して音... ...続きを見る
映画に夢中
2018/10/23 18:59
「クワイエット・プレイス」
期待してなかったら、楽しめた。 ...続きを見る
或る日の出来事
2018/10/30 22:47
クワイエット・プレイス
TBはここにお願い致します。 ...続きを見る
銀幕大帝αTB受付
2019/02/06 15:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん、こんばんは。
この作品、少し前にヒットした「ドント・ブリーズ」(DVDで見ました)みたいな映画かな?とそれほど興味が引かれなかったのですが、お話をうかがうとおもしろそうですね♪
主演の男性が監督と脚本を務めていて、エミリー・ブラントの夫とは知りませんでした! エミリー・ブラントも好きですし、DVD待ちになるかもしれませんが、是非見てみたいです。

ジャック・ライアン、映画のシリーズは全部見ました。映画は冷戦時代の話でしたが、なかなかおもしろかったです。ドラマもあるのですね〜こちらも気になります。
セレンディピティ
2018/10/07 00:04
セレンディピティ さん

こんばんは!
コメント有難うございます。

そうそう、私も「ドント・プリーズ」が見たいんですよね〜。プライムにアップされたらすぐ見てみます。結構、評判良かったけどイマイチでしたか?

「ドンプリ」(笑)を見てないので比べられないのですが、この作品もなかなか面白かったですよ。
DVDになったら是非。

私、ジャック・ライアン映画は、「レッド・オクトーバー」と「トータル・フィア」しか見てないんですよね、何故か。

ハリソン・フォード、ベン・アフレック、クリス・パインときて、今回のドラマのクラシンスキーでライアン役者は4人目みたいですね。
他のライアン映画も見てみま〜す!
ごみつ
2018/10/08 01:48
ごみつさん☆
私も観るつもり全く無かったのですが、ごみつさんが面白いと仰っててこれは観なくちゃと行ってまいりました。
ホント面白かったデス!
低予算な作品ほど脚本やしっかりしていて良作が多いですよね。
監督も脚本も総指揮も役者も夫婦でやったからこそ、良くまとまっているのかも〜〜こりゃぼろ儲けだな(笑)
ノルウェーまだ〜む
2018/10/15 23:40
ノルウェーまだ〜む 様

こんばんは!
おぉ、まだ〜むさんもこれ見に行かれたんですね。

地味な映画ですが、なかなか面白かったですよね。小品ながら良く出来てるっていうか。

低予算映画は、失敗すると眼も当てられなくなるので(笑)、がんばるんでしょうか。(;^ω^)
そうそう、ほとんどをこの夫婦だけでまわしてるので、大ヒットしてこれは丸儲けでしょうかね。

ラストシーン、カッコ良かったですよね。ああいうエンディング好きです。
ごみつ
2018/10/16 01:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
クワイエット・プレイス ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる