2018年度 ごみつ大賞発表!

明けましておめでとうございます!

毎年恒例の「ごみつ大賞」も今回で13回目を迎えました。例年通り、映画も書籍も新旧作を問わず、昨年初見のものから選ばせていただきました。

 ごみつ大賞 映画部門

昨年は夜に映画鑑賞がほとんど出来なくなった事もあって鑑賞数は激減してしまい77本です。鑑賞数が少ないので今回も3位まで選ばせていただきました。

1位 「スリー・ビルボード」
☆☆☆☆

画像


https://22596950.at.webry.info/201802/article_2.html

観客に訴えたい一つのテーマがあるとして、それをどんな視点から、どんな切り込み方で描くかは、作家の感性と力量次第。

例えばこの映画のわかりやすいテーマと言えば、「偏見をなくそうよね」ですが、それをどう人の気持ちを動かす様に物語を構成させていくか。この映画はその成功例であって、「映画って本当に素晴らしいものだ・・」と思わせてくれた1本です。

2位 「Mi:ローグ・ネーション」
☆☆☆☆

画像


https://22596950.at.webry.info/201809/article_1.html

え!なぜ、ここにミッション・インポッシブルが!?と思った方は考えが甘い!(笑)この作品はアクション娯楽映画のひとつの到達点ですよ。ストーリーも、キャラクター造形も、特にアクションシーンは見事の一語。トム・クルーズ、本当に凄い!と感激しました。

3位 「デトロイト」
☆☆☆★★★

画像


https://22596950.at.webry.info/201802/article_1.html

この3位はかなり迷いました~。対抗馬は「シェイプ・オブ・ウォーター」と「マンチェスター・バイ・ザ・シー」でしたが、この映画は私の心の奥にズシリと重たいものを残してくれた作品で、心の中の重さで選ばせていただきました。


 ごみつ大賞 書籍部門

昨年は自分でもびっくり仰天の94冊読みました。読書の数が映画鑑賞数を越すなんて人生初かも。自分の中でトップクラスで感銘を受けている作品を含む3作ほど(長編とシリーズもの)が読み終わっていないので、本も3位まで選ばせていただきました。

1位 「ルバーイヤート」
☆☆☆☆

画像


https://22596950.at.webry.info/201809/article_3.html

ハイヤームの詩を読みながら、「私の前世、砂漠の民かも?」っていうデジャブを感じたんですよ。きっと、湿潤で温暖な極東の人間にもそんな事を思わせるほどの、魂の力が彼の詩には込められているんだろう・・と感じました。素晴らしいです。

2位 「故郷/阿Q正伝」
☆☆☆★★★

画像


https://22596950.at.webry.info/201803/article_11.html

非常に深刻な事を、飄々と、風刺を混ぜながら、コミカルタッチにさえ描く小説が時にはありますが、実はその技法は非常に高度な技が必要となるだろうと思います。日本に留学をしていた魯迅の文章はまるで夏目漱石の様で驚いた1作。文学って素晴らしいと思わせてくれた1作です。


3位 「春秋名臣列伝」
☆☆☆★★★

画像


https://22596950.at.webry.info/201801/article_4.html

私は中国の春秋戦国時代が大好きなんですよ!世界中の歴史の中で最も憧れている時代と言っても過言ではないのです。こういうのを読んでるだけで、本当に幸せなのです。


 ごみつ大賞 ドラマ部門

昨年は連続ドラマはあまり見なかったのと、まだ終了していない作品もいくつか抱えています。と言う事で今年のこの1本はこれです。

「宮廷女官チャングムの誓い」

画像


https://22596950.at.webry.info/201803/article_9.html
https://22596950.at.webry.info/201803/article_10.html

「True Detective」(シーズン1)も非常に素晴らしいドラマだったのでベストにしたい位なのですが、チャングムはちょっと心に残るシーンの多さがずば抜けている上に、連続ドラマとしての質が非常~に高いのです。本当にイ・ビョンフン監督作品は凄いんですよ。皆さんも是非見てみて下さい!


 ごみつ大賞 映画音楽部門

これしかないでしょう。他は考えられないでしょう。

画像


映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!
https://www.youtube.com/watch?v=0UkG8GnfCCY

Queen - Don't Stop Me Now (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=HgzGwKwLmgM


 ごみつ大賞 俳優部門

男優 ケイシー・アフレック

画像


「ボヘミアン・ラプソデイー」のラミ・マレック、「M1:」シリーズのトム・クルーズ、「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェル」なんかも候補でしたが、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の彼の演技は本当に見事でした。内面に抱えた大きな痛みの表現が素晴らしかったし、これが一番難易度の高い演技だと思ったので彼に決めました。

女優 サリー・ホーキンス


画像


「シェイプ・オブ・ウォーター」で見せてくれたあのファンタジックな演技に魅了されました。モンスターとのロマンスを美しく、そして本物に見せなければならない。この役は彼女以外、考えられなかったろうと思う。


今年はもうちょい映画をたくさん見られる様にがんばりたいな。皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ノルウェーまだ~む
2019年01月02日 00:53
ごみつさん☆
改めまして明けましておめでとうございます。
ランキング待ってました!!
やっぱりダントツ「スリービルボード」ですよね~~
「デトロイト」は私も迷ったところでしたけど、あまりにぎりぎりした映画で疲れちゃった記憶があるので今回はパスしちゃいました。
「マンチェスターバイザシー」を未だに見てないので、これは早く見なくちゃ!です。

それにしても77本で激減なのですか!?それはDVDも含めて?
私は約半分程度です…(劇場映画のみ)今年はもう少し観たいな~
今年も一年、どうぞ仲良くお付き合いくださいませ☆
セレンディピティ
2019年01月02日 01:03
ごみつさん、あけましておめでとうございます♪
今年もどうぞよろしくお願いします。

映画のセレクションは、ド直球の作品が並びましたね。「デトロイト」には打ちのめされました。もう一度見るのは覚悟がいりますが...。ビグロー監督はほんとうにすごい。これからもずっと注目していきたい監督さんです。
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は私は昨年のベストに入れました。これも忘れがたい大切な作品です。ケイシー・アフレック、すばらしかったですね。
音楽映画部門はもちろん意義なし!ですが、今年は音楽映画にも恵まれた年でしたね。

今年もすてきな作品にたくさん出会えますように☆
kinkacho
2019年01月02日 12:14
ごみつさん、こんにちは。
今年もよろしくお願いします。
ごみつ大賞は年始の楽しみです!
映画の二位はちょっと意外ですが、ごみつさんの気持ちはわかります。kinkachoの映画部門な何せアレですから(笑)
映画音楽部門はあれしかない!!ですよね。
本はなかなか興味深いラインナップでした。
今年も刺激を下さいね。
ごみつ
2019年01月02日 22:14
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは!
早速のコメント有難うございます。

そうですね~、もう早い時期からベスト1は「スリー・ビルボード」に決めてました。昨年は前半に良作が集中してた感じがします。

見た本数はもちろんDVD等もあわせての総数です。劇場は今数えてみたら33本でした。映画館に行くのは大体、月に2~3本くらいが今のところ限界って感じで。(;^ω^)

「マンチェスター」は、本当に良い作品なので是非是非~。
ごみつ
2019年01月02日 22:19
セレンディピティ さん

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします!
「デトロイト」はもう一度観るのはちょっとしんどいですよね。でも、あの60年代の時代の空気感が凄く良かったし、あの事件の社会的な問題なんかも考えると、けっこう自分の中にずっしりと残った感じです。ホント、ビグロー監督は凄いですよね。
「マンチェスター」も迷ったのですが、新作という事もあり「デトロイト」にしてみました。

そうそう、映画音楽部門は「ボヘミアン」さえなければ(笑)、あれこれもうちょっと迷えたんですけどね。
クイーンには誰もかないませんでした。(;^ω^)

セレンさんのベストも楽しみにしてますね!
ごみつ
2019年01月02日 22:26
Kinkacho さん

こんばんは~。こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

私も、ブログ仲間さん達のベストを見るのが毎年、とても楽しみです。

今回の映画2位に関しては、最高レベルの娯楽映画は、決して社会派ドラマや芸術映画に負けてない!というのが持論なのでこれでOKなのです。(*'ω'*)

クイーンの音楽が頭から離れなくなる現象も、あの映画の出来栄えの良さにもありますよね。出来ればもう一度くらい劇場で見たいな~。

本は今年はけっこう読めました。ハレルヤ!図書館って感じです。(笑)
Tae
2019年01月04日 11:29
明けましておめでとうございます。

私はわけあってベスト的なものは選ばないことにしているのですが、選ぶとすれば、去年のベストはスリービルボード、おととしのベストはマンチェスター~。どっちも非常に深いところで心を揺さぶられました。

「前世は砂漠の民」、ミョーに納得してしまいました。というか、「実は私、時空を超えて、ルバーイヤートから出てきたんです」と告白されたら、フツーに信じてしまいそうです。

今年も宜しくお願いします!
ごみつ
2019年01月05日 01:04
Tae 様

明けましておめでとうございます!今年もよろしくです~。

やっぱ、Taeさんも昨年のお気に入りは「スリー・ビルボード」ですか~。「マンチェスター~」は動画配信での鑑賞となってしまいましたが、こちらも心を揺さぶられる作品でしたね。
今年も上質な人間ドラマの映画に出会えると良いな。

「砂漠の民」かどうかはわからないのですが、どこにいたにせよ絶対貧乏人だったろうな・・とは思います。(笑)
現世もホントにお金に縁がないもんで。

それにしてもとりあえず楽しく生きてるのでOKです。(;^ω^)良い年になりますよ~に。
ここなつ
2019年01月05日 15:39
こんにちは!待ってましたのごみつ大賞!1位が被っていてホントにホントに嬉しいです。ありがとお~!(と新年からハイですみません)。
ちなみに「マンチェスター~」は私の2017年のベスト1です~。2017年と2018年の両1位は今でも思い出すと胸が切なくなります。
どうぞ今年もよろしくお願いします。
ごみつ
2019年01月06日 02:00
ここなつ 様

こんばんは!
早速のコメントとTB有難うございます。

わ~、ベスト1が「スリー・ビルボード」で一緒ですね~!これはもう、本当に素晴らしい映画でしたね。
「マンチェスター~」もとっても良かったので、昨年劇場に行かなかったのが悔やまれました。

今年もまた心に残る映画に出会いたいですね。
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
dumbo
2019年01月08日 00:57
ごみつさん
明けましておめでとうございます㊗
お正月にミッションインポッシブルが5話連続でテレビでやっていたので、録画して制覇しました!
ごみつさんの、各話の評価のブログを再読し、納得の嵐です。
普通なら、MI2あたりで次は無いかな…と思いそうですが、よくスポンサーが付いて続けられたなー。トムの粘りかしら。ごみつさんの言う通りMI4 から格段に完成度が高くなり、MI5で今までのベストピースが出揃う、といった円熟期になりますね。ベンジーのキャラクターは鍵🔑かな。彼で暗さが抜けて完全にエンタメと化した気が。
立て続けに観たからかもしれませんが、私は2位にローグネーションを入れたごみつさんの気持ちがわかった気がしました💓
6もいずれ見るつもりです😊
ごみつ
2019年01月09日 01:51
dumbo さん

明けましておめでとうございます!
新年早々のコメント、有難うございます~。

お正月に「Mi」シリーズ、まとめて放送してたんですね!
私はだいぶ間が開いての鑑賞でしたが、続けて観ると4作目からいきなり良くなってるのがわかった事と思います!

特に5作目の「ローグ・ネーション」には心底感心してしまい、今回堂々の第2位に選んでみました。(*'ω'*)

6作目は劇場で見ました。アクションシーンがとにかく凄いので楽しめますが、5作目よりはちょっと出来が落ちた感じでした。

是非、チェックしてみて下さ~い。
lingmu
2019年01月12日 22:05
明けましておめでとうございます。
長らくご無沙汰しております。
去年のごみつ大賞のなかで、わたしが見たのは「スリービルボード」「デトロイト」「チャングム」の3つだけです。
両映画ともすごい力作でしたね。
なつかしき「チャングム」は、イ・ビョンフン作品の中でもベストだと思います。
ところで、中国ドラマは最近ご覧になってないようですね。
わたしも前のようには見ていないのですが、去年は、チャンネル銀河でやっていた「大秦帝国」の第3部を見ました。昭襄王の時代を取り上げていますが、有名どころが次から次へと出て来るんですよ、魏ゼン、白起、蘇秦を初めとして、笵雎、屈原、孟嘗君以下の戦国四君、藺相如、その他たくさん.....それぞれのお話がすぐに終わってしまうので、誰が誰やらわからなくなりました。各人物があまり魅力的でも偉大な感じもしなくてね。第2部の張儀は、とてもよかったんですが........
今は去年からwowowでやってる「司馬懿」を見ています。
「スリーキングダム」の司馬懿とはキャラクターがかなり違っていて、面白いです。今日は「街亭の戦い」でした。チャンスがありましたら、是非ご覧になってください。
ごみつ
2019年01月13日 01:22
lingmu 様

こんばんは!
明けましておめでとうございます。

コメント有難うございます。
昨年もバタバタの毎日で、なかなかご連絡出来ず申訳けありませんでした。
今年こそはまたお会いしたいです!

イ・ビョンフン作品にははずれがない事もわかり、今はNHKで放映中の「オクニョ」も見ています。過去作よりちょっと弱いですが、毎週楽しみに見ています。

中国ドラマは少しづつですが、「隋唐演戯」を見てますよ。こっちはDVDレンタル。作品が雑なのが気になりますが、まあまあ楽しんで見てます。
たまにレンタル料金が1本100円とかになるので、それをみはからって借りてるので時間がかかってます。

「大秦帝国3」はこれはもう絶対に見たいドラマ!
中華も観たいのですが、アマゾンプライムだと有料作品ばっかりで、なかなか追っついてません。(;'∀')
「司馬懿」とかもツイッターで感想は良く見かけるので、見たいんですけどね~。

暖かくなった頃をみはからって、またお食事、散策、是非ご一緒していただけると嬉しいです!

どうぞ良いお年を!
lingmu
2019年01月13日 23:21
ごみつ様
返信ありがとうございました。
「隋唐演義」をご覧になっているんですね。「大秦帝国」とは違って娯楽に徹している作りで、わたしはけっこう楽しめました。
うちのDVDプレーヤーがこわれたので、いまはDVDが見られず、wowowなどで録画したのを見るだけです。

またこちらに来てくださるんですね。うれしいです。
中華街に海鮮のおいしいお店を見つけました。
是非ご一緒したいです。
暖かくなったら、ご連絡ください。
お待ちしています。
ごみつ
2019年01月14日 01:39
lingmu 様

こんばんは!
ご返信有難うございます。

「隋唐演義」、ちょっと水滸伝っぽいですよね。
あの好漢達のドラマも、宮中の煬帝のドラマも、どっちも面白いです。
DVD壊れちゃったんですね・・。不便ですが、今、テレビ放映でもけっこう良いのやってますよね。
私は最近は、アマゾンプライムばっかり見てます。中華歴史ドラマがもっとあれば完璧なんだけどな~。

中華街楽しみです!それと、英連邦墓地も行けたら行きたいです。3~4月くらいが良いでしょうか?またメールしますね!
すっごい楽しみです。

この記事へのトラックバック

  • 「2019年 新年明けましてと平成最後の映画ベスト」

    Excerpt: 皆さま、明けましておめでとうございます。 この一年ブログに来てくださった方、コメントをくださったり交流してくださった方々、本当にありがとうございました。 Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2019-01-02 00:53
  • 2018年 映画 ベスト10

    Excerpt: 2018年の映画鑑賞本数は147本でした。 年々鑑賞本数は減少してます。  2011年185本、2012年214本、2013年218本、2014年196本、  2015年169本、2016年155本、.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2019-01-02 20:20
  • 2019年新年のご挨拶と、2018年の劇場映画鑑賞ベスト10選出

    Excerpt: 新年明けましておめでとうございます。皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。2018年にて劇場映画鑑賞作品の中から、18年も映画好きの私にと.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2019-01-04 17:19
  • 2018年ベスト10&ワースト10&more...(短評付き)

    Excerpt: TBはここにお願い致します。 Weblog: 銀幕大帝αTB受付 racked: 2019-01-04 18:26
  • 2018年に観た映画 勝手にベスト10

    Excerpt: 皆様、新年はいかがお過ごしでしょうか。今年は喪中につき、新年のご挨拶はご遠慮させていただくのですが、恒例の2018年に観た映画作品のベスト10は書かせて頂こうと思っております。2018年は、私にとって.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2019-01-05 15:40
  • 2018年マイベスト44(おまけで第14回シネマ停留所映画賞)

    Excerpt: 「ベスト10」だけでは、ものたりない! 全部に順位をつけましょう! という、毎年毎年毎年恒例のお遊び。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2019-01-13 12:30