ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS アクアマン

<<   作成日時 : 2019/02/21 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

Aquaman
2018年/アメリカ (監)ジェームズ・ワン
(演)ジェイソン・モモア アンバー・ハード ウィレム・デフォー パトリック・ウィルソン ドルフ・ラングレン ヤーヤ・アブドゥル=マーティン二世 ニコール・キッドマン テムエラ・モリソン (声)ジュリー・アンドリュース ジャイモン・フンスー ジョン・リス=デイヴィス
☆☆☆★★★

画像


http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

がんばれDC!アメコミ実写映画大好きな私ですが、昨今はマーベルに差をつけられぱなしのDC。そもそも、アメコミ映画はDCのバットマンとスーパーマンが2人勝ちしてて、マーベルはスパイダーマンが精いっぱい。ハワード・ザ・ダックなどをつくったり、しょぼい時代がつづきましたが、「アイアンマン」の登場で形成は逆転しましたよね。

前作の「ジャスティ・リーグ」で初登場の「アクアマン」の単独映画が公開されましたので、いそいそと劇場へ。主役のジェイソン・モモアさんは、「ゲーム・オブ・スローンズ」でもデナーリス・ターガリエンの夫、カール・ドロゴを演じて凄く魅力的だったのですが、今回も魅力あふれるアクアマンを演じてくれて大満足の1作でした。

画像


「ジャスティス・リーグ」でちょっと明かされていた、アクアマンの出生の秘密等、色々とわかりましたが、とにかくこの映画の良いところは、面倒くさい人間ドラマが皆無なところ。

母親はアトランティスの女王(N・キッドマン)、そして父親は・・・

あんたジャンゴ・フェットやないか!(笑)

画像


前編、水中アクション、バトル、そして観客が飽きない様に地上戦も加えて、アクアマンの名前がアーサーだけに、「王様の剣」のシーンを恥ずかしがる事もなく(笑)加え、私の大好きなクリーチャー系もたくさん登場!水中を描いたCGも見事です。

真のアトランティス王の誕生だ〜!

画像


タツノオトシゴやシャークでの騎馬戦とか、蟹王国軍団とか、何だかめちゃくちゃ楽しいんですけど〜〜!な気分で鑑賞出来ました。

ドルフ・ラングレンはタツノオトシゴに乗っています!

画像


アメコミ映画って、馬鹿らしくてなんぼなんですよネ。やっぱり、アヴェンジャーズとか、ジャスティス・リーグより、単独キャラクターものの方が絶対に面白いです。

さて、映画の中で、ステッペンウルフを倒してどうのこうのというセリフがあったので、これは「ジャスティス・リーグ」後のお話ですが、もしもアトランティスが地上に攻めてきても、スーパーマンが何とかしてくれるから大丈夫じゃね?と思ったのは内緒です。(笑)

ブラックマンタは頭がでかすぎてダサイな〜〜。登場シーンでは笑ってしまいました。(;^ω^)

画像


楽しい映画ですので、特撮好き、アメコミ好きの方にはお勧めです!「ジャスティス・リーグ」見てなくても全然大丈夫ですよ!


ジャスティス・リーグ [WB COLLECTION] [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-08-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「アクアマン」
これは楽しい! ...続きを見る
或る日の出来事
2019/02/21 23:35
アクアマン
地上を超えるテクノロジーと巨大モンスター軍で地球征服を狙う、アトランティス帝国。 海の生物すべてを味方にする力を持つ男アクアマンが、やむなく立ち上がることに…。 人類未体験、予測不能の海中バトル・エンタ−テイメント。 ≪その日人類は、海底からの未知の脅威に襲われるー。≫ ...続きを見る
象のロケット
2019/02/22 11:36
「アクアマン」☆王道ヒーローはツッコめてなんぼ
映画を観るのも結構体力を使うものなのだと気付いた作品。 王道すぎるヒーローアクションを楽しくツッコむのも、実は余裕がないと出来ない事。 3分の1は寝てしまったからね… ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2019/02/22 17:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん、こんにちは。
kinkachoも見ましたが、怪獣がいっぱい出てて、ごみつさんが好きだろうなと思っていました。でも、ラスボス怪獣が人より何より理知的だったのが(笑)でした。
自分の記事に書いているのですが、考察ポイントが多くて、kinkachoも楽しめました。
ブラックマンタ、次の敵役ですよね。遮光器土偶と髭マッチョの戦いですね。
kinkacho
2019/02/21 20:09
Kinkacho さん

こんばんは。早速のコメント有難うございます。

そうそう、あのラスボス怪獣の声はジュリー・アンドリュースなんですよね。何でここで彼女が吹き替えを!と思いました。(笑)歌わなくて良かったです。

ブラックマンタは、誕生までの背景ストーリーは良かったのですが、改造して出来たのがこれか!?と笑ってしまいました。
頭、でかくないですか?(笑)

続編あるっぽいので、楽しみにしたいです。
ごみつ
2019/02/21 23:58
ごみつさん☆
楽しまれましたね〜〜やっぱりアメコミ作品は、どっぷりと楽しんだもの勝ちですものね♪
私は残念ながら、このアーサーだけに恥ずかしがることなく(笑)のやっちまったな!?を楽しむ体力が無く…
もう少し元気が復活してから観に行けば良かったデス。
ブラックマンタのスーツ超ダサイですよねぇ?一人だけ可哀相…
ノルウェーまだ〜む
2019/02/22 17:52
ノルウェーまだ〜む 様

こちらにもコメント&TB有難うございます。

私はかなり楽しめました〜。
何て言うか、モンスターとかクリーチャーみたいなのが、好きなんですよね。(;^ω^)
お話も明るかったし、娯楽映画として文句なしでした。つっこみどころも結構ありましたし。(笑)

ただ、確かに水中シーン多いので、体調悪いと疲れそうです。

ブラックマンタ、とにかく頭がデカイのが気になって。(笑)次回はさらにパワーアップして登場でしょうかね〜?
ごみつ
2019/02/23 01:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
アクアマン ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる