ごみつ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 運び屋

<<   作成日時 : 2019/03/28 23:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 11

The Mule
2018年/アメリカ (監)クリント・イーストウッド
(演)クリント・イーストウッド ブラッドリー・クーパー ローレンス・フィッシュバーン ダイアン・ウィースト アリソン・イーストウッド アンディ・ガルシア タイッサ・ファーミガ
☆☆☆★★★

画像


http://wwws.warnerbros.co.jp/hakobiyamovie/

クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」(2008)以来、10年ぶりに主演を務めた監督作。

大量の麻薬の運び屋として逮捕された男が、著名な園芸家で孤独な90歳の老人だったというニュースをもとに映画化された作品との事。

画像


きっとイーストウッド自身が同じ年齢になり、この犯罪者の姿に自分とつながるものを感じたのかもしれないな・・と思ったりもしました。シンパシーを感じなければ、自分でこの役を演じたりしないと思うんですよね。

物語の主人公アールは、自分の仕事や、外の仲間とのつきあいばかりを重視して、家族を徹底的にないがしろにしてきた男。

画像


アリソン・イーストウッドは最初の奥さんとの間の娘。でも同じく俳優のスコット・イーストウッドは婚外子。イーストウッドには婚外子が3人もいるんですよね。

画像


結局、家族からは見放され一人で生きてきたが、園芸の商売がご時世の中で行き詰まり自宅を手放す事になってしまう。

そんな中、舞い込んできたのが、麻薬の運び屋の仕事。最初は麻薬とは知らずに運び、知ってからも大金を簡単に手にする事が出来る事もあり、どんどんとはまっていってしまうのだった。

アールは仕事は一流だし、友人もたくさんいるし、女性にももてる。家族からは完全に見放されているけれど、それほど辛そうでもなく、人生を謳歌してるんですよね。

画像


道徳観念ゼロで、麻薬稼業に手を出してしまう、本当に腹立たしい男なのですが、イーストウッドの飄々とした魅力でまったく憎めないんですよ。

いつものイーストウッド作品らしく、映画はライトタッチで、使われている音楽もセンス良いし、アールのドライブシーンの風景なんかも良くって、気持ちの良い映画なんですよ。

画像


人生は一度切り、まわりに迷惑をかけようが、自分の好きな様に生きていくと決めていた男が、最晩年に家族の大切さをしみじみと感じる様になるお話で、ホント、都合良い爺さんなんですが、これはね、もう全く憎めませんので、是非、皆さんも鑑賞してみて下さい。

画像


とにかくね、センスが良いんですよ、センスが!イーストウッド映画の不思議な魅力っていうのは、これからもっともっと研究されていくんじゃないかな。これからも、1作でも多く彼の作品を堪能したいです。

Go aheda! Make My Day!

画像





ピンク・キャデラック [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2013-06-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
運び屋
90歳のアール・ストーンは退役軍人。 家庭を顧みず高級ユリの生産に打ち込み成功した時期もあったが、今は自宅も農園も差し押さえられ孤独な毎日を送っている。 ある日彼は、簡単に金になるという仕事を持ちかけられる。 高額な報酬に惹かれて引き受けたが、それは巨大麻薬組織の危険な「運び屋」だった…。 クライム・サスペンス。  ...続きを見る
象のロケット
2019/03/29 01:45
「運び屋」☆伊達男の欲しかったもの
新聞記事に載っていた「90歳の男性が麻薬の運び屋で逮捕」という記事にヒントを得て作られた作品。 クリント・イーストウッドが落ちぶれて家族も失ってしまった伊達男の悲哀を、見事なヨレヨレ感で演じている。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2019/03/29 12:23
運び屋 【映画】
THE MULE 2018年 アメリカ クリント・イーストウッド(監督) クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、アンディ・ガルシア、イグナシオ・セリッチオ、アリソン・イーストウッド、タイッサ・ファーミガほか ...続きを見る
Balkan's Memorandum
2019/04/12 15:17
「運び屋」
長年家庭を顧みずに仕事…とそれにまつわる家族抜きの楽しみごと…を中心に生活してきた男。一人娘の行事や発表会はもとより彼女の再婚式にも出席することなく、勝手気ままに生きてきた。だが、熱心に取り組んできた百合栽培の仕事が時代の移り変わりと共に上手くいかなくなり、遂には農園を差し押さえられる事態になる。その時には、彼に残っていたものは何もなかった。金も居場所も、家族からの信頼も。そんな男アール・ストーン(クリント・イーストウッド)の元に、ある仕事の話が舞い込む。それは「運び屋」の仕事であった。運ぶ物が... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2019/04/15 12:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ごみつさん☆
ええーっ!?イーストウッドって3人も婚外子がいるのですか??
なるほど益々自分の姿と重なってこの役に適任だったわけですね。
アール爺さんだってこれだけモテたなら、絶対に婚外子がいたはずですけど、そこをあえて描かなかったのは、それこそイーストウッドに何か負い目があったのかもしれないですね。
娘役を実際の娘に演じさせた訳も納得です〜
ノルウェーまだ〜む
2019/03/28 23:45
ノルウェーまだ〜む 様

こんばんは!
コメント有難うございます。

私が映画ファンになった頃、イーストウッドはソンドラ・ブロックっていう女優さんと結婚してたのですが、その後彼女から訴訟起こされたりしたみたい。

それでも、なんだかんだで、ほとんどの人がイーストウッドを許しちゃってるので、やっぱり魅力と才能なんでしょうかね。
ホントなら名声が地に落ちてもおかしくないし、女性の敵!キ〜〜!ってなるはずがそうならないのはホント凄いです。

私も全然、許しちゃってるし。(;^ω^)

そんなこんなで、アール爺さんには、彼自身に近い生き方を感じたのかな〜なんて思いながらの鑑賞でした。

良い映画でしたよね。
ごみつ
2019/03/29 00:54
ごみつさん、こんにちは。
この映画、映画館で見るかどうか悩んでます。
主人公がイーストウッドと被って腹立たしいんだろうなということはわかります。
kinkacho
2019/03/29 20:23
ごみつさん、こんばんは。
楽しい作品でしたね。
アールは、麻薬の売人から取締官まで、誰をも味方にしてしまう不思議な魅力がありましたね。はちゃめちゃやっても憎めないところは、イーストウッド自身と重なる部分がありました。
イーストウッドの懺悔を込めての?作品だったのかもしれませんね。
それでもアリソンにしても、スコットにしても魅力的な俳優になっているのだから、ちゃんと父親としての背中を見せていたのだろうなーと思います。
セレンディピティ
2019/03/29 22:20
毎度すみません。>_<
https://blog.goo.ne.jp/serendpt3/e/f2f214a243f2ca1f802212d73344de4a
セレンディピティ
2019/03/29 22:21
Kinkacho さん

こんばんは!
例によって、ライトタッチな映画で、とっても品の良い映画です。

「爺さんいい加減にしろ!」としか言い様のない内容なんですが、これまたやたら魅力的な爺さんなので(笑)、是非チェックしてみて下さい。

彼もあと何本撮れるかわからないし、今回の映画ではとっても年老いているので、何だかしみじみしちゃいました。
ごみつ
2019/03/30 01:31
セレンディピティ さん

こんばんは!
よく考えて見ると、腹立たしい内容なのに、とっても楽しめちゃうっていう感じの不思議な映画でもありましたね。

やっぱ、これ、イーストウッドの魅力なんでしょうね。

そうそう、スコット・イーストウッドは、婚外子なので、本名はイーストウッドじゃないんですよ。でも、この苗字を使ってるって事は、父親を尊敬してるんだろうな・・とも思います。顔も似てるしね。

人生っていうのは、色々ですが、イーストウッドみたいな人生をおくれる人はそうそういないと思います。

この映画、やっぱり何となく、イーストウッド自身の人生に思いを馳せさせられますね。
ごみつ
2019/03/30 01:36
ごみつさん、こんにちは!
これ、とても気に入りました。
アール・ストーン……というか、クリント・イーストウッドが醸し出す余裕って無敵ですよね。車で田舎道走ってるだけなのになんだか楽しそうに見えてしまう(=観ている人を楽しい気持ちにさせてしまう)って、すごい! 
イーストウッド監督作品って、『硫黄島〜』くらいまでは正直いまひとつ理解できないものが多かったのですが、最近のものはどれも私好みの作品ばかり。いったい何が変わったのでしょう? 研究者の分析が読んでみたいです。
Tae
2019/04/12 15:16
Tae さん

こんばんは!
Taeさん、観に行かれたんですね。
ね〜、良い映画ですよね、これ。
こんなお話、あんな主人公で、何でこんなに気持ち良く見れて、心に残るのか、本当に不思議です。

私は、イーストウッド自身の人生のとらえ方が成熟している事と、彼の持っているセンスの良さが、映画全体のトーンを作り上げてるのかな〜・・と感じてますが、ちょっとまだ掴み切れていないです。

昔(90年代くらいまで)は、普通〜の面白い娯楽映画を撮ってたのに、私は「バード」(89年)から、いきなり変わりましたよね。

早く、研究評論本、出ないかな〜。
ごみつ
2019/04/12 21:14
こんにちは。
本当に、イーストウッドらしい、センスに溢れた作品でした。
まだまだ彼の作品が観たい!!です。
ここなつ
2019/04/15 18:41
ここなつ さん

こんばんは!
コメント&TB有難うございました。
海外出張もお疲れ様でした。

物心ついたころから、イーストウッドはすでに大スターだったので、今までいつでも居て当然・・っていう人でした。
これからも、まだまだ活躍を見たいですよね!
ごみつ
2019/04/16 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
運び屋 ごみつ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる