映画を聴きましょう

細野晴臣著 キネマ旬報社刊
☆☆☆★★★

画像


映画雑誌『キネマ旬報』にて音楽家、細野晴臣がこれまで観てきた映画、そして印象に強く残った映画音楽について綴っている連載エッセイ。テレビ西部劇『ララミー牧場』に出演していたホーギー・カーマイケルの名曲『香港ブルース』や、フェデリコ・フェリーニ監督作品を数多く手がけたニーノ・ロータ作曲『カビリアの夜』など細野氏自身も演奏する映画音楽から、最近ますます個人的興味が近づいてきたというウディ・アレンの監督最新作「カフェ・ソサエティ」まで、子どもの頃から続く映画体験の記憶を辿る。連載タイトル『映画を聴きましょう』は子どもの頃に細野氏がよく聴いた映画サントラ集から。(キネマ旬報 映画を聴きましょう連載内容より)


細野晴臣氏が映画音楽について書いた書籍があるのを知り、早速読んでみました。ミュージシャンとして、映画音楽を軽く語っていくのだろうな・・と思っていましたが、細野さんのシネマフリークぶりにびっくりした作品です。

それに流石音楽家だけあって、音楽の使い方や、映画に与えている音楽効果の事など、本当によくチェックされていて、私もかなり勉強になりました。

ご両親の影響も大きい様ですが、古い映画への造詣も深く、「今、心から魅かれる音楽はほとんどが古い映画にある」っていう趣旨の言葉もとても納得がいきました。懐古趣味とは言われたくないのですが、昔の映画っていうのは本当に素晴らしいんですよ。

それと、実は、私も映画の中で使われる、何気ない音楽がとても気になるたちで、エンドクレジットで挿入曲がリストアップされるところは穴があくほど見つめちゃいます。(笑)


そんなこんなで映画ファンとしてはとても楽しめた1冊でした。

読みながら、私が一番好きな映画音楽は何かな~とあらためて考えていたのですが、好きな曲がありすぎてなかなか決め辛いですよね。

それでも一応、私はモーリス・ジャールを筆頭にあげたいかな。特に「ドクトル・ジバゴ」の「ララのテーマ」が大好きです。

1965 Doctor Zhivago-Lara’s Theme - Orig. Soundtrack, conducted by Maurice Jarre
https://www.youtube.com/watch?v=N05OlF9yKFI


↓「インドへの道」でアカデミー作曲賞を受賞した時に「モーツァルトがノミネートされてなくて幸運だった」っていうスピーチが好きでした。(この年は「アマデウス」が大量受賞しました)彼は2009年に惜しくも亡くなりました。

画像



それとやっぱり外せないのがジョン・ウィリアムス。スピルバーグと組んでるし、「スター・ウォーズ」もあるので大作交響曲が目白押しですが、私の一押しは「ロング・グッドバイ」のこの曲。

画像


John Williams - The Long Goodbye (1973) - Main Title Montage
https://www.youtube.com/watch?v=R8sdQQ5wn88


最近の作曲家さんだとハンス・ジマーが好き。特に「ダ・ヴィンチ・コード」。この映画はこの音楽のおかげで3割増しは映画の魅力がアップしてると思うんです。

画像


The Da Vinci Code - Final Scene
https://www.youtube.com/watch?v=YsFGe6Afx5M


最後に一番好きな映画音楽の1曲は昔から変わらず「モダン・タイムス」の中の「スマイル」です。チャップリンの曲です。

画像


Charlie Chaplin - Smile (Love Theme) and Closing Theme (Modern Time - OST)
https://www.youtube.com/watch?v=h48xr9mtl1c

皆さんはどんな映画音楽がお好きですか?

追記

映画の中の音楽が何だったかのかを調べる便利なサイトがあるのでご紹介まで。ほんのちょっと流れた様な曲のリストアップされてるので便利ですよ~。

What Song Soundtrucks

https://www.what-song.com/




ライアンの娘 特別版 (2枚組) [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-02-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

セレンディピティ
2019年03月26日 10:00
こちらにも...。
細野晴臣さん、映画や映画音楽にも精通されているのですね。
私は家に映画音楽のレコード集があってよく聴いていたので、古い映画は音楽から入りました。
私も映画音楽は大好きで、同じくエンドロールの音楽リストはついチェックしてしまうし、映画を見た後はしばらくサウンドトラックをYou Tubeで聴いて余韻にひたっています。^^
ジョン・ウィリアムズやハンス・ジマーも好きですが、ヨーロッパ系の音楽も好きです。あとクラシック音楽の使い方にも興味をそそられます。
スマイルは名曲ですよね。(^_-)-☆
ノルウェーまだ~む
2019年03月26日 23:20
ごみつさん☆
映画音楽はやっぱりその映画の印象にも大きく作用されますよね。
そして映像と共にもんのすごく心にインプットされるっていうか…

私も両親の影響でよく映画音楽をテープで(!)繰り返し聞いていました。
特に好きなのはララでなく「タラのテーマ」とか「戦場にかける橋」の「クワイ河マーチ」とかダイレクトにそのシーンが蘇ってくるものが印象深く残っています。
「明日に向かって撃て」の「雨にぬれても」も好き♪(年代がばれますね)
ごみつ
2019年03月27日 01:53
セレンディピティ さん

こちらにもコメント有難うございます。

セレンさんがちょっと前にアップされてた映画音楽の記事以来、またまた映画音楽について考える時間が持てました。

私もセレンさんと同じく、家に映画音楽のLPがあって、昔、ジャケットの解説を読みながら何度も聴いてました。
エンドロール、すぐに流れていっちゃうので、帰宅してからネットで検索したり、Youtubeで聴いたりしています。

ホント、映画は音楽も大きな楽しみの一つですよね~。
映画やドラマの中で使われた音楽について調べる便利なサイトがあるんですよ。調べられなくてのっぴきならない時だけ使ってるサイトなんですが、後で記事に追加でアップしておきますね。
ごみつ
2019年03月27日 01:58
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは!
わ~、まだ~むさんがあげてる曲は、私もどれも本当に大好きなのばっかりです!

「タラのテーマ」がかかったら夕日の中、丘の上に立つし、「クワイ河マーチ」は超大好きなので、一緒に行進しちゃいます。それと「雨にぬれても」!ああ、バート・バカラックの歌の中の人達みたいな人生をおくりたい一生でした。(笑)

本当に歳がばれますね。(笑)

余談ですが、ここ数日、「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン」のテーマ曲が頭に流れていながら、どうしても何の曲だったか思い出せなくて苦しみました。
物凄く知ってる曲なのに、思い出せなくて辛かったです。(;^ω^)
jumokichi
2019年03月29日 21:27
ごみつさん、今晩わ!
ブログにも遊びに来てくれてありがとうございました😊

私も映画の中で使われた曲の事
色々考えてしまいました。
ごみつさんみたいにたくさん映画を鑑賞していませんが
すぐ思いつくのは「ベニスに死す」のマーラー 交響曲第5番
「フェイスオフ」の Over the Rainbow
「シャイン」で使用されたラフマニノフ全部

名前を挙げ始めたらキリないですね!
これからも映画や本の紹介、楽しみにしてまーす!
ごみつ
2019年03月30日 01:43
jumokichi さん

こんばんは!
コメント有難う~。

「ベニスに死す」は、映画そのものが最高なので、使われている音楽も心に残りますよね。
「シャイン」のラフマニノフも、今でも音楽が頭の中に甦ります。
「フェイスオフ」は見てないんだ~。Over The Rainbowが使われてるんですね。今度、見てみます。

jumokichiさんのブログも読ませてもらってますよ。丁度、昨夜、猫ちゃんたちの検疫の記事を読んで、「うわ~、こんなに大変なんだ~」とおののいてたところでした。

大変だけど、ニャン達のためにがんばって下さいね。
lingmu
2019年04月06日 12:19
ごみつ様

こちらにも参りました。

映画音楽で私がはじめて意識したのは、「エデンの東」です。
当時、ラジオで「ベストテン」があり、幼少の私も聞いていましたが、「エデンの東」は長い間1位を保っていました。たぶん1年以上? 

印象的な映画音楽は、「逢い引き」のラフマニノフの(たぶん)ピアノ協奏曲、それから「ひまわり」のテーマ曲です。
ごみつ
2019年04月07日 01:02
lingmu 様

たくさんコメントをいただき、有難うございます。
嬉しいです!

「エデンの東」も素晴らしいですよね~。私も最初に映画音楽の良さを意識したのは、この「エデン」や「太陽がいっぱい」、映画「昼下がりの情事」の「魅惑のワルツ」とかでした。

「ひまわり」は、私、声上げて号泣しちゃった映画で、ひまわり畑を背景にヘンリー・マンシーニのあの曲が流れるだけで、涙が出て来ちゃいます。

「逢い引き」は、超、超、大好きな映画で、ラフマニノフも、実は今回記事に書こうと思ったのですが、デビッド・リーン映画は「ドクトル・ジバゴ」に代表選手になってもらいました。('ω')

映画音楽の話は楽しいです。

さて、そろそろ暖かくなってきましたね!GW明け、令和になったら、是非、お食事に行きませんか~?
5月のシフトが決まったらまたご連絡いたします。

希望日とかもしもありましたら、お知らせ下さいませ。
lingmu
2019年04月07日 17:44
私も「ひまわり」では号泣しました。
今でもあの曲が聞こえて来ると、泣きそうになります。

「逢い引き」は私も大好きです!

今度お会いしたら、映画音楽の話もできますね。
楽しみにしています。 連休明けで、あまり暑くならないうちにでも。私は火、水以外なら、たいてい大丈夫です。
ごみつ
2019年04月07日 23:26
lingmu 様

早速のお返事有難うございます。

そうですね、気温があんまり上がらないうちに行きましょう!日程が決まったらすぐにご連絡いたしますね!楽しみです。

映画音楽のお話なんかも是非、いたしましょう~。

この記事へのトラックバック