ブルー・プラネット 完全版 

画像


https://www.nhk.or.jp/darwin/blueplanet/

イギリスのBBCとNHKの共同制作で、4年の歳月をかけて撮影された極地から熱帯、そして深海まで、あらゆる海の姿をカメラの映像におさめた驚異のドキュメンタリーでした!

予告編 Blue Planet II Official Trailer 2 | BBC Earth 音楽はハンス・ジマーですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=kAphgHhlteM

これは、もう本当に凄かった。テレビでご覧になれなかった方は、NHKオンデマンド、またはアマゾンプライム等で是非鑑賞なさってみて下さい!(アマプラは有料でした)

水中撮影技術は近年、飛躍的に進歩したとの事。またカメラが小型化した事で、生き物に取り付けて、その生物が見ている世界をも見る事が出来ます。

もう、本当に今まで見た事のない映像ばかり。しかも4Kで撮影されていて、びっくりするほど美しい映像が楽しめます。

全6回なのですが、とにもかくにも、私が説明してもつまらないので、写真をちょっと集めてみました。興味を持たれましたら是非、是非、心の底から超お勧めです!

画像


画像


画像


↓ マッコウクジラ これは寝てるところなんですって!

画像


画像


画像


画像


深海魚

画像


画像


↓海洋全体に広がっているプラスチック汚染についての話もあり、心がめちゃくちゃ痛みました。もう人間、絶滅して良いな。いい加減にしろ!

画像


最後に一つ、面白いエピソードが紹介されていました。1992年にコンテナ船の荷物が落下してしまい、中国製のラバーダック30,000個が太平洋上に散乱してしまったのだそうです。そして数年をかけて各地の沿岸にラバーダックが上陸しはじめ、それによって謎だった地球全体の海流の流れが確認出来たそうなのです。

詳しくは下記のwikiを参照下さい。
「ラバー・ダックの大航海」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%AF

↓はこれは撮影クルー。コントではありません。(笑)

画像


BBCの英語版は、デビッド・アッテンボロー氏がナレーションをされてるそうで、そちらも聞いてみたいのですが、日本語版の豊川悦司さんと仲間由紀恵さんによるナレーションもなかなか良かったですよ。

NHKスペシャル プラネットアース 新価格版 DVD-BOX1 全4枚
NHKエンタープライズ
2018-01-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

dumbo
2019年04月10日 00:09
ごみつさん
こんばんは😁
マッコウクジラは寝る時縦になるんですか!何故ですか?面白いですね。
なんか画像がCGみたいですが、ハイビジョンだからなのか、画像編集してるのか…綺麗すぎる。
プラスチックの件、人間のゴミ捨てのモラルに問題があるのに、なんだかプラスチックやめよう、みたいな、プラスチックが悪者にされていると思いませんか?とはいえ当座一番良い解決策なのでしょうが。
ラバーダックの大移動、まさかの形で貢献できましたね🐤
研究している人がこんな単純なことに今まで誰も思いつかなかったのも面白いです。
どちらにしろ、海を感じながらも人間って…と思わせる内容です。
ごみつ
2019年04月10日 00:38
dumbo さん

こんばんは!
コメント有難うございます。

そうそう、これね~、もうCGじゃないのが信じられないくらいの映像なんですよ。
もっともっと凄い映像がたくさんあるので機会があったら是非見てみて~。
これを機に、前作の「プラネットアース」(陸上動物)も見てみようと思ってます。

くじら、縦に寝るみたいなのよ。不思議だよね。

プラスチックは何千年、何万年と分解されないのが大問題で、人間のモラルなんてあてになりゃしないので、やっぱりプラスチックを減らしていくしかないんじゃないかな。後はすぐ分解する同じ様なものをどこかが開発してくれないかしら?
プラスチックは海の中で細かく砕けて、海産物を通じていよいよ人間の体からも出て来たらしいので、因果応報とはこの事!?と思ったりしました。(;゚Д゚)

ラバーダック面白いよね~。でも、やっぱり異物を大量に海にまき散らすワケにもいかないから、仕方ないんじゃないかな?(;^ω^)絶対、自然保護団体からクレームきそう。

ホントに面白い番組でした。
セレンディピティ
2019年04月10日 23:06
ごみつさん、こんばんは。
映像がみごとですね! 海洋を撮影したドキュメンタリー映画は、フランスが製作した「オーシャンズ」というのを見たことがあります。10年前の作品なので、それからさらに明らかになったこともあるでしょうね。
海流の関係で、ハワイとアメリカ大陸の間に巨大なゴミの渦があるというのは、別のフィルムで見たことがあります。集めているNGOもあるようですが、今度はそのゴミをどこに捨てるのか問題になっているとか。
ほんとうに人間は罪深いですね。
ごみつ
2019年04月11日 00:31
セレンディピティ さん

こんばんは!
コメント有難うございます。

このドキュメンタリーは、もう本当に映像が見事でした。今まで見た事のないタイプの映像ばかりです。
お勧めですので、機会ありましたら是非。

ハワイとアメリカ大陸の間にゴミの渦があるんですか!
集まってると回収はしやすそうだけど、あとはもう焼却するか埋めるかしかないのでしょうけれど・・・。

宇宙のずっと遠いところに捨てられると良いよね。めちゃくちゃ広大だから。(;^ω^)

この記事へのトラックバック