華氏451 (2018年) ~ 2019年ごみつ日記 21 ~

東京駅地下街 キャラクターストリート 定点観測

イベント会場が「名探偵コナン」から「Marvel Pop Up Store」に代わりました!!!キャッホ~!

画像


4月26日公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」を控えての期間限定ストアで、25日までです。

MCUを愛する人は是非会場へ!私はキャプテンアメリカのポーチを買おうかどうか迷ってるところです。(笑)

アイアンマンもいますよ!!!アベンジャーズのテーマ曲も流れててテンションあがります。

画像



さて、先日HBO製作のテレビ映画「華氏451」を見ました。Twitterで予告を見てから楽しみにしていた作品です。

華氏451
Fahrenheit 451
2018年/アメリカ (監)ラミン・バーラニ
(演)マイケル・B・ジョーダン マイケル・シャノン ソフィア・ブテラ キア・デュリア
☆☆☆★★

画像


https://www.hbo.com/movies/fahrenheit-451


HBO製作のテレビ映画。DVDをレンタルして鑑賞したのですが、その後すぐアマゾンプライムにアップされたので、もうちょい待ってれば良かった!と後悔しました。(笑)

レイ・ブラッドベリの小説の映画化は、1966年、フランソワ・トリュフォーの作品以来ですが、まずまず面白く鑑賞出来ました。

徹底した思想管理体制のもと、書物を読むことが禁じられた社会。禁止されている書物の捜索と焼却を任務とする「ファイアマン」のモンターグは、任務の途中で出会った女性クラリスの影響で、本を意識しはじめるのだが・・。

原作を読んでいないので、本とは比べられないのですが、トリュフォー版のストーリーとは少し設定が変えてありました。トリュフォー版は独特の雰囲気を持った素晴らしい作品だったので、比較は酷ですが、アメリカらしい見た目に派手な作品になっていて、それはそれで楽しかったです。

ラスト、次々と焼却されていく本を後世に残すため、一人1冊、完全に書籍を暗記するという使命を持つ団体が登場するのですが、「これ、死んじゃったら終わりじゃね?」と思っちゃいました。(;^ω^)

最終的に生き物のDNAの中に記録を残す・・っていう展開になってて、ここはきっと新しく設定をつくったのだろうと思います。原作も読まなきゃな。

焚書坑儒は怖いね。

画像




華氏451 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)
早川書房
レイ・ブラッドベリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

kinkacho
2019年04月15日 20:58
ごみつさん、こんにちは。
華氏451が再映像化されていたのですね。
kinkachoが見たのはトリュフォー監督版です。原作は中学~高校のSF漬けの頃に読みました。
丸暗記は有りですよ。口伝です、口伝!由緒正しき口伝!!
かの古事記にも使われた手法ですよ。まあ記憶違いで変容しちゃう危険もありますが、印刷の無かった写本の時代にあった写し損ないと同じリスクということで!
ノルウェーまだ~む
2019年04月15日 22:16
ごみつさん☆
コナンも娘が大好きで10年前くらいまではずっと追い続けていましたが、今はやっぱりアベンジャーズですよね!?
楽しみ楽しみ~~

華氏451ってそういうお話だったのですね…書店員さんのごみつさんらしいチョイスです~~
ちょっと前のSFって、古臭さと同居していてちょっと面白いですよね☆
ごみつ
2019年04月16日 01:29
Kinkacho さん

こんばんは!
これはテレビ映画なんですけど、HBOの作品でなかなか良く出来てました。
主役もマイケル・B・ジョーダンだし、新鮮な感じがしますよ。
きちんと作品について語るために原作読まなくては!

トリュフォー版は名作ですよね。トリュフォーがSF映画撮るとか、ホントはあり得ないんだけど、作品のテーマに心惹かれたらしいです。

それにしても丸暗記、本まるまる1冊なので、口伝もかなり大変そう。
そうか、でも文字がなかったり読める人が少ない時代には、そういうのも普通だったのですね~。
ごみつ
2019年04月16日 01:33
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは!
娘さん、コナンお好きだったんですね。
うちの甥は(妹の子供)小さい頃、星のカービィが大好きだったのを思い出しました。

そうそう、華氏451は焚書のお話なんですよ。
華氏451度は摂氏だと233度で、紙が燃え始める温度なんだそうです。
原作が50年代の作品なので、今回の2018年は色々と現代風にアレンジしてあって、そのあたりも面白かったです。
だぶるえんだー
2019年04月17日 23:45
  おお、これの原作も
「読もう読もうと思ううち歳食ってしまった」
なかの一冊です。
  日本人が書いた短篇小説で、読み書きが忘れられた未来社会の話がありました。音声や映像で伝える技術が高度になり、文字や数字は要らなくなってしまう・・・・・・・。ブラッドベリ先生に刺激されて書いたのでしょうか。あの小説家は。
ごみつ
2019年04月18日 02:14
だぶるえんだー 様

こんばんは!
私も「華氏451」読んでないんですよ~。私、SF映画は好きでけっこう見てるのですが、小説の方はほとんど読んでなくて、ウィークポイントになってしまっています。(;^ω^)
有名どころだけでも遅まきながら読んでいきたいです。

ブラッドベリやアシモフは、続くSF作家に多大な影響を与えただろうと思います。
SF小説の世界、奥が深そうだな~。

この記事へのトラックバック