2019年春に見た映画

今年になってから、なるべく映画の記事はためこまない様にしてたのですが、4月から色々と忙しく、5本ほど記事にし損ねました。まとめて簡単な感想を。すべてアマゾンプライムで鑑賞。


「ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂」

Beyond The Edge
2013年/ニュージーランド (監)リアン・プーリー
(演)チャド・モフィット ソナム・シェルパ
☆☆☆★★

画像


1953年5月29日、ニュージーランドの登山家エドモンド・ヒラリーとネパール人のシェルパ、テンジン・ノルゲイが、世界最高峰エベレストの登頂に人類で初めて成功。この映画は当時の記録映像と、俳優による再現フィルムで描かれたドキュメンタリードラマです。

ちょっとエベレストづいていたので鑑賞。かなり地味な作品ですが、なかなか面白かったです。登頂のための最後の難関のヒラリーステップのシーンも緊張しましたが、一番怖かったのはベースキャンプから第一キャンプまでの間にあるアイスフォール(氷河)を通過するシーンでした。

装備が古くて、よくこれで登頂出来たな・・と思わされます。

画像



「宇宙人ポール」
Paul
2010年/アメリカ (監)グレッグ・モットーラ
(演)サイモン・ペッグ ニック・フロスト ジェイソン・ベイトマン ジョン・キャロル・リンチ シガニー・ウィーバー
☆☆☆★★

画像


サイモン・ペッグ&ニック・フロストのコンビが脚本・主演で贈る痛快SFコメディ。
“コミコン”目当てにアメリカへとやって来たイギリスのオタク青年2人が、旅の途中で
エリア51みたいなところから逃げ出してきた宇宙人ポールと遭遇。2人は彼を故郷に帰して
あげようと奮闘する!

とっても評判が良かったので楽しみに見たのですが、個人的にはそれほどでもなかったな・・。
ちょっとオタク向きにつくられすぎてる感じがして、気持ちが入り込めなかった感じ。
宇宙人のポールは面白いし、ギャグネタも笑えたし、どんでん返しにビックリしたりもしましたが、
ポールが人間的すぎるのと下品なのがちょっとな~~。

何かこの映画が好きになれなかった自分が意外。

画像



「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」
Kraftidioten
2014年/ノルウェー・スウェーデン・デンマーク (監)ハンス・ペテル・モランド
(演)ステラン・スカルスガルド ブルーノ・ガンツ ポール・スヴェーレ・ハーゲン
☆☆☆★★

画像


除雪業を営むニルス。市民栄誉賞を受賞した日、息子が何者かに殺されてしまう。ニルスは復讐を誓い行動に出るが、麻薬組織の抗争に巻き込まれてしまう。ニルスには武器がなかった。しかし、彼には不屈の精神と除雪用の大型重機があった!!

と言うストーリーとポスターを見ると、恐らくリーアム・ニーソンの映画みたいのを想像すると思うし、私もそのつもりで見始めたのですが、違うんですよこれ!かなり変わった映画でした。

何なのこれブラックコメディなの?社会問題を描いた風刺劇なの?北欧の人達って何考えて生きてるの?っていう映画で、これは見てもらわないとわからないと思います。人が死ぬ度に名前と信仰している宗教のマークが出るんですが、真面目なのかコメディなのかわかりません。

ホント~に変わった映画。見て良かったナ。

ところでこれアメリカで「スノー・ロワイヤル」というタイトルでリメイクされて、6月7日に公開になります。主演はリーアム・ニーソンだよ!監督は同じハンス・ペテル・モランド。この人、「特捜部Q Pからのメッセージ」の監督さんでもあったのね!楽しみ楽しみ。

スノー・ロワイヤル

画像


https://snowroyale.jp/

「ヘアスプレー」
Hairspray
2007年/アメリカ (監)アダム・シャクマン
(演)ジョン・トラボルタ ニッキー・ブロンスキー ミシェル・ファイファー クリストファー・ウォーケン ザック・エフロン クイーン・ラティファ ジャームズ・マースデン アリソン・ジャネイ
☆☆☆★★★

画像


1988年のジョン・ウォーターズ監督による同名作品が原作。これをもとに作られたブロードウェイ・ミュージカルを映画化した作品です。

この映画、今回一押し!1960年代のアメリカ、ボルチモアを舞台に、差別や偏見と戦う若者たちの姿を描いた青春コメディミュージカルです。

主人公の女子高生トレーシーはかなり太目な女子。それでも、人気番組のコーニー・コリンズ・ショーのダンスメンバーになるために、まわりの反対を押し切ってオーディションに参加。見事、レギュラーメンバーに抜擢されるのですが・・

とにかく楽しいミュージカル。豪華キャストなのも楽しくて、特にトレーシーの太った母親を演じるジョン・トラボルタが面白かった!

画像


それにしてもジェームズ・マースデンの歌が素晴らしいんですよ!コーニー・コリンズ・ショーのナンバーの動画、何回も見てます。1分くらいから見てみて~~。

The Nicest Kids in Town - Hairspray (Movie Clip)

https://www.youtube.com/watch?v=XwcXmQjVi3U


「カリガリ博士」
Das cabinet Des Dr.Caligari
1919年/ドイツ (監)ロベルト・ウィーネ
(演)コンラート・ファイト ヴェルナー・クラウス
☆☆☆★★

画像


ドイツ表現主義を世界に知らしめた作品。凄く有名な作品なので、前から見たいな・・と思ってたのですが、何とアマゾンプライムにアップされたんですよ!早速、視聴してみました。

オランダ国境に近い北ドイツ、カリガリ博士は眠り男ツェザーレの予言を看板にした見世物をカーニバルに出している。友人アランを連れ、その小屋を覗いたフランシス。友人のアランは明日死ぬという予言をうけ、彼は実際に翌日何物かに殺害されてしまう。カリガリ博士を疑ったフランシスは疑惑の究明にのりだすが・・。

サイレントなので、どなたにもお勧めというワケにはいかないですが、「ドイツ表現主義」の話の時には必ず登場する映画なので、美術好きの方は観て損はないと思います。

古い映画大好きな私ですが、さすがにちょっと古すぎる感じは否めないです。でも、ラストに驚きの結末があり、これはかなり驚きました。

この映画の製作のための予算があまりなく、セットを簡略化するために、当時ムーブメントになっていた表現主義を使用したっていうエピソードが味があります。(背景が象徴的な造形でOKなので安くすむ)

画像


画像


カサブランカ [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

kinkacho
2019年05月20日 20:07
ごみつさん、こんにちは。
エベレストとヘアスプレーを見ました。
エベレストの初登頂の頃の装備を見ると、マジで遭難しなかったのが不思議と思ってしまいます。衣服も天然素材で絶対死ぬ!って思いますもの。
ヘアスプレーはちょっと能天気なのですが、軽いミュージカルならあのテイストが正解ですよね。
ごみつ
2019年05月20日 23:10
Kinkacho さん

こんばんは!
2本、ご覧になってたんですね。

「エベレスト」は思ってたより地味でしたが、経緯がわかったのが良かったです。
そうそう、あの平地で着てるみたいなウエアと、特注の酸素ボンベが心もとなくて、よく登頂出来たな~と思いました。

「ヘアスプレー」は、ライトなコメディタッチなのも良かったし、60年代のポップな色彩とかデザインが良かった。
ミシェル・ファイファーもきれいでしたよね。
ノルウェーまだ~む
2019年05月21日 00:49
ごみつさん☆
「ヘアスプレー」ヒットしただけのことはある楽しめる作品ですよね~私も好き!
あと「宇宙人ポール」は実は大好きな私です!
いかにもイギリス的ジョークなのと、オタクを生暖かい眼差しで見てあげられる人でないとウケないのかも(笑)

「ファイティングダディ」は名前からしてイカしてますが、やっぱり「スノーロワイヤル」がリメイクなのですね!?
私、最近いまいち映画観に行きたいのがなくて、でもリーアム兄さんのだけは観ようと思っていたのです。
なんと!「特捜部Q]の監督なのですね~~絶対行かなくちゃ!
その前に「ファイティング~」を見るべきね☆
ごみつ
2019年05月21日 01:04
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは!
コメント有難うございます。

「ヘアスプレー」良かったですよね。トラボルタの女装が当時話題になってたけどスルーしちゃってて、最近、予告編みたら凄い面白そうなので鑑賞しました。楽しい映画でしたよね。

「宇宙人ポール」はほとんどの人が良かったって言ってるし、私も気に入る事間違いなし!と思ってたんだけど、何となくのりきれなくて・・。こういう映画で、私としては非常~に稀です。(笑)ポールも表情とか可愛かったんだけどナ~。

「ファイティングダディ」は、「スノーロワイヤル」見る予定なら是非見てみて!変な映画です。そうそう、「Pからのメッセージ」の監督さんで、ハリウッド版も彼が撮ってるそうです。

さてさてどんなリメイクになってるか、ホント楽しみです。
Tae
2019年06月25日 17:08
ごみつさん、こんにちは。

『ファイティング・ダティ』、私も観ました~♪
『スノー・ロワイヤル』も気に入りましたが、オリジナルはそれ以上でした。雪景色がきれいだったし、どこか西部劇を思わせるクラシカルな雰囲気があってとてもよかったです。伯爵の浮きっぷりも見事でした。

なるほど、モランドは特捜部Qシリーズの三作目を監督しているのですね。このシリーズ、映画はまだひとつも観ていないんですが、がぜん興味がわいてきました。

晴れてAmazonプライム会員になったので(まだお試し期間ですが)、ごみつさんのブログを参考にしつつ、いろいろ楽しみたいと思っています。まずはTrue Detective。観るぞ~
ごみつ
2019年06月26日 22:49
Tae さん

こんばんは!
おお、早い!プライム会員になったのですね。アマゾンは動画だけじゃなくて、他のコンテンツもあるし、プライムショッピングも出来るので、せっかくなので色々と利用されてみて、元をとりましょう!(笑)

「ファイティング・ダディ」けっこう、変わった作品で、面白かったでしょう~?
「スノー・ロワイヤル」より、ヘンテコ度が全然上なんですよ。

リーアム・ニーソンは、このテイストの映画には、ちょっと人気スターすぎるんですよね。
ただ、彼の人気のおかげで、この「ダディ」も知名度あがったと思うので、そのあたりは良かったナ。

そうそう!「特捜部Q」シリーズ、凄い面白いんですよ!!プライムでまだ無料かな?是非、鑑賞されてみて下さい。

「True Detective」(シーズン1の)も超お勧め!Taeさんの感想が楽しみです~~。

この記事へのトラックバック

  • ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂

    Excerpt: 1950年代、イギリス遠征隊は、女王エリザベス2世の戴冠式を控え、国の威信と全世界の希望を背負って一大プロジェクトに立ち向かう。 それは人類未踏のエベレスト(標高8,848メートル)初登頂だった。 第.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-05-26 02:35
  • 宇宙人ポール

    Excerpt: イギリス人のSF作家クライヴとイラストレーターのグレアムは共に中年男性で大の親友(ゲイではない)。 世界中のマニアが集うコミックマーケット“コミコン”に参加するためアメリカ・サンディエゴへやってきた彼.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-05-26 02:37
  • DVD「ファイティング・ダディ怒りの除雪車」☆笑えるバトロア

    Excerpt: 間もなくリーアム兄さんの新作「スノーロワイヤル」が公開となる。 その前にごみつさんがおススメされていた「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」をamazonプライムで鑑賞。 こちらはハンス・ペテル.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2019-05-28 12:17
  • 『ビヨンド・ザ・エッジ/歴史を変えたエベレスト初登頂』(2013)

    Excerpt: 1953年にエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイの二人が、世界最高峰への初登頂に成功。その歴史的偉業をアーカイブ映像と写真、それに再現ドラマを交えて描いたセミドキュメンタリー作品。映し出.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2019-06-11 19:44
  • ファイティング・ダディ 怒りの除雪車 【映画】

    Excerpt: Kraftidioten 2014 ノルウェー/スウェーデン/デンマーク ハンス・ペテル・モランド(監督) ステラン・スカルスガルド、ブルーノ・ガンツ、ヒルデグン・リーセ、ペーター・アンデション.. Weblog: Balkan's Memorandum racked: 2019-06-25 17:09