検察側の証人 ~ 2019年ごみつ日記 31 ~

東京駅地下街 キャラクターストリート 定点観測

イベント会場が「ピーナッツ」から「しろたんフレンズパーク」に代わりました!

画像


しろたんって、タテゴトアザラシの赤ちゃんなんですね。今年で20周年になるそうですが、私、もしかしてこのキャラクター知らなかったかも・・・。いや、知ってた様な気も・・。(笑)

自由に撮影できるフォトスポットや、巨大しろたんもいます。

画像


タテゴトアザラシ好きの方は是非。

さて、先日NHK・BSプレミアムで放映された、ドラマ「検察側の証人」前後編を見ました。

画像


The Witness for the Prosecution
https://www4.nhk.or.jp/kensatugawa/

富豪の女性、フレンチ夫人が自宅で殺される。容疑者として、夫人に気に入られていた若い男性レナードが逮捕される。夫人は全財産をレナードに残す様に遺言を書き換えていたのだ。無実を訴えるレナードの弁護を引き受けたメイヒューは、内縁の妻だったロメインの証言が彼を助ける鍵と考えるが・・・。

「検察側の証人」はアガサ・クリスティーの戯曲作品で、本は未読なのですが、ビリー・ワイルダーによる映画化作品「情婦」は観た事があります。

なので、大体のストーリーは知ってたのですが、細かいところは忘れていたので、今回のドラマも楽しめましたが、この作品ってこんなに後味悪かったでしたっけ!?

このドラマの感想をネタバレありでまとめているブログを読ませていただくと、根本のお話は同じだけど、ディテールは変更されたりしている様です。

いや。でもやっぱり、アガサ・クリスティーものは面白いですね!今回のこの作品は舞台が1920年代なので雰囲気も楽しめます。

画像


さて、この後、6月22日、29日、7月6日の3回放送で「無実はさいなむ」
7月13日、20日、27日の3回放送で「ABC殺人事件」が放映されます!
毎週土曜日、NHK・BSプレミアムで17時からです。


7月いっぱい楽しめるな~。

検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
早川書房
アガサ・クリスティー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ノルウェーまだ~む
2019年06月20日 00:49
ごみつさん☆
「ABC殺人事件」は読んだことあります!
ちょっと先だから忘れそう…
録画予約しておかないとですね☆
セレンディピティ
2019年06月20日 08:38
ごみつさん、こんにちは。
タイトルをうかがって、一瞬キムタクの映画を思い出してしまいましたが^^; クリスティだったのですね。
私はクリスティは実は読んだことがないのですが、妹が大好きでよく読んでいたので、親が一時期心配していました。(タイトルが〇〇殺人事件というのが多いので^^;)
あまり登場人物が多いのは苦手ですが、検察側の証人はじっくり内面に迫るストーリーでしょうか。読んでみたいです。

しろたんは、私も見たことがあるような、ないような。でも竪琴アザラシは大好きです。
かわいいですが、結構子育てには厳しいのですよね。そこはやっぱり野生動物ですね。
ごみつ
2019年06月21日 01:58
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは!
「ABC殺人事件」は読まれた事があるんですね!
このクリスティーのドラマシリーズ、BBCなんで雰囲気あって楽しめますよ。

ちょっと先ですが、お時間あったら是非!

クリスティー作品は、ミステリーとしては、ムリゲーな感じの作品が多いですが(笑)、時代背景も良いし、どくとくの演劇的な雰囲気があって、楽しいです。
ごみつ
2019年06月21日 02:02
セレンディピティ さん

こんばんは。
キムタクのは「検察側の罪人」ですよね。こっちも見てみたいな~。

偶然ですが、私の妹もクリスティーが好きで昔よく読んでましたよ。
クリスティーの作品って、凄く虚構性が高くて、独特の雰囲気があるんですよね。それが、今でも続く人気の秘密なんじゃないかしら?

「検察側の証人」は戯曲なので読みにくいかも。
どれも読んだ事がないなら「そして誰もいなくなった」がお勧めです!
面白いですよ~~。

シロタンは見た事ある様なない様な感じなんですよね。(笑)竪琴アザラシの赤ちゃんは可愛いですよね~。

この記事へのトラックバック