アラジン

Aladdin
2019年/アメリカ (監)ガイ・リッチー
(演)メナ・マスード ナオミ・スコット ウィル・スミス マーワン・ケンザリ
☆☆☆★★★

画像


https://www.disney.co.jp/movie/aladdin.html

1992年のディズニーアニメーションの実写映画化作品。青いウィル・スミスが見たかったのと、監督もガイ・リッチーだし、どんな風に映像化してるのか興味もあって劇場へ!

砂漠の王国アグラバーで猿のアブーと、泥棒をしながら暮らしている青年アラジンは、お忍びで市場に来て、トラブルに巻き込まれていた王女のジャスミンを助ける。

画像


王位を狙っている国務大臣のジャファーは、魔法のランプを手に入れるために、アラジンを洞窟へ向かわせる。そのまま洞窟に閉じ込められてしまったアラジンが魔法のランプをこすると、青いウィル・スミスが現れて!!

画像


アラジンとジャスミンを演じる2人も、なかなか魅力的でしたが、やっぱりこの映画はウィル・スミスが演じるジーニーの魅力につきますね!

ミュージカルが大好きなので楽しめたし、子供向けの作品なので、安心して楽しめる作品です。ガイ・リッチーのスタイリッシュな映像も、ジーニーのシーンでいかんなく発揮されてて、私は大満足の1本になりました。

ジャファー

画像


どなたにでもお勧めです!!

画像


その後、テレビで1992年のアニメーション版が放映されたので、そちらも久々で鑑賞。吹き替えです。

「アラジン」
Aladdin
1992年/アメリカ (監)ジョン・マスカー ロン・クレメンツ
アニメーション
☆☆☆★★★

画像


アニメと言えども、歌のシーンもある事だし、出来ればオリジナル音声で見たいところでしたが、ジーニーの吹き替えが山寺宏一さんなので、楽しめました。オリジナルはロビン・ウィリアムスでしたよね。

やっぱり、「アラジン」って、ジーニーあってこその作品ですね。凄い楽しかった。

今回再見して思ったけど、「アラジン」のジーニーのシーンって、ちょっと「ダンボ」みたいに、気でも狂ったのか?みたいな(笑)表現のシーンが多いので、実写版はそのあたり、うまく作り変えてありました。

やっぱ、楽しいな、ディズニー。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kinkacho
2019年06月22日 22:41
ごみつさん、こんにちは。
実写は実写でよかったですよね。
ジニーと侍女さんの結婚オチもキュートでした。
ごみつ
2019年06月22日 23:13
Kinkacho さん

こんばんは!
早速のコメント、有難うございます。

実写はアニメにほぼ忠実なつくりだったけど、アニメと実写の表現の違いとか、映像の見せ方とか、脚色の仕方も比べて見て、面白かったです。

千夜一夜物語って、王様にお話を語って聞かせる物語だから、しょっぱなの昔話語りからはじまる演出も良かったし、ラストの落ちとつながって気持ち良かったですよね。
セレンディピティ
2019年06月24日 00:26
ごみつさん、こんばんは。
実写版アラジン、是非見たいのですが、時間の余裕がなくてはたして劇場に行けるかどうか...。主演の2人ほか、ウィル・スミスのジーニーも楽しみです。
オリジナル版はだいぶ前に見ました。私は主題歌のWhole New Worldが大好きです。
ダンボの実写版も見たかったなー。
オリジナルのアニメ版はDVDで見ましたが、冒頭から子供向け?というくらい結構ハードな内容でしたね。でも私はとっても気に入りました。ダンボ、かわいい♪
ごみつ
2019年06月24日 01:20
セレンディピティ さん

こんばんは!
今は、なかなか時間をとるのが大変ですよね。お家のお仕事もあるでしょうし。

映画は、ホントに気楽に楽しめてハッピーになれる作品でした。多少、変更はありますが、ストーリーはオリジナルのアニメとまったく一緒で、使われている曲も同じ。

Whole New Worldは良い曲ですよね。こういう映画の顔になる優れたテーマ曲が1曲あるだけで、映画がキャッチーになりますよね。

「ダンボ」の実写は、ティム・バートンだし、私も見たかったんですよね~!
オリジナルダンボは、ダンボの酔っぱらうシーンが、ドラッグの幻覚にそっくり!ていうので、有名なんですよね。(;^ω^)
私はあれ、大好きなシーンです。
2019年08月19日 13:04
こんにちは。
ウィル・スミスのジーニー役はとてもハマッテいてとても上手くて、正にディズニーが描くランプの魔人だな、という気がしました。
王宮へ練り歩くパレードのきらびやかな様子は、ホンットに楽しくて、鑑賞した甲斐がありました。
ごみつ
2019年08月20日 01:59
ここなつ 様

こんばんは!
ここなつさんも「アラジン」ご覧になったんですね。

映画として普通~って感じでしたが、ウィル・スミスのジーニーが楽しくて良かったですよね。
もともとミュージカルが大好きなので、歌あり、踊りありで、じゅうぶん楽しめました。

これ、まだロードショー公開してるのでヒットしたみたいですね。良かった良かった。(*'ω'*)
2019年08月23日 23:28
ごみつさん☆
すっかり今頃になりましたが、アラジン観てきましたよ~~
ウィルのジーニーが本当に楽しかったですね!!歌も上手いし、本当に何でも出来る人だなあと思っちゃいました。
私はアニメを飽きるほど何回も見た人なので、期待が大きすぎて・・・
特に山ちゃんのジーニー最高ですよね!?といいつつ、字幕で観たんですけど。

そうそう、アニメの踊りのシーン、精神がオカシクなるような映像だと思いますよね!?子供が見たら怖がる~~
実写はかなりソフトに仕上がってました。
ごみつ
2019年08月24日 02:04
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは!
「アラジン」行かれたんですね。けっこうロングランしてますよね。
やっぱり夏休み向きの作品だからなんでしょうね。

何も考えずに楽しめる映画でしたよね。
アニメの印象が(特にジーニー)強すぎるので、どうかな~?とは思いましたが、ウィル・スミスが良かったのでじゅうぶん満足出来ました。

ディズニーアニメって、昔から頭おかしくなる様な(笑)シーンのある作品が多いんですよね。
「ピノキオ」とか「不思議の国のアリス」とか。
最近だとスポンジボブもそうですが、ああいうクレイジーな演出ってアメリカのアニメのお家芸なのかしらん。(*´ω`)

この記事へのトラックバック

  • アラジン

    Excerpt: 本当の自分の居場所を探していた、貧しい青年アラジン。 彼が巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、 “3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニーだった…。 冒険フ.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-06-27 01:25