コメディ映画2本

アマゾンプライムでアメリカのコメディ映画を2本見ました。

「ゴーストバスターズ」
Ghostbusters
2016年/アメリカ (監)ポール・フェイグ
(演)メリッサ・マッカーシー クリステン・ウィグ ケイト・マキノン レスリー・ジョーンズ チャールズ・ダンス クリス・ヘムズワース アンディ・ガルシア
☆☆☆★★

画像


1984年の大ヒットコメディ映画のリブート。主人公が全員、女性という事で、一抹の不安を感じていましたが、予感的中。この手のナンセンスコメディ映画で、女性が主役で面白く出来てるのは稀です。

とは言え、実はオリジナル版もそれほど好きな映画じゃなかったんですよね。気に入ったのはあのゴーストのマークだけで。(;^ω^)

一番主役っぽい太った女性のメリッサ・マッカーシーは私は初めて見ましたが、同じく主役っぽいクリステン・ウィグは「宇宙人ポール」に出てたヒロインの変な女性ですね!残りの2人は「サタデー・ナイト・ライブ」のコントで見た事があります!

画像


で、とにかく、お笑いネタがすべからく響いてこないので、クスリとも笑えずつまんなかったのですが、ラスト、エンディングクレジットのクリヘムのダンスのシーンで超大笑い。ここだけでも見て良かった。

この映画、クリス・ヘムズワースが出てなかったら辛かったな~。イケメンですが凄いバカです。(笑)

画像


凄いおかしいので良かったら見て下さい。エンディングクレジットです。

Chris Hemsworth Ghostbusters Dance (HD version)

https://www.youtube.com/watch?v=gi72iXwYeJg



「俺たちニュースキャスター」
Anchorman: The Legend Of Ron Burgundy
2004年/アメリカ (監)アダム・マッケイ
(演)ウィル・フェレル クリスティナ・アップルゲイト ポール・ラッド スティーヴ・カレル デヴィッド・ケックナー ベン・スティラー セス・ローゲン ジャック・ブラック ヴィンス・ヴォーン ティム・ロビンス
☆☆☆★★

画像


1970年代の米テレビ局を舞台に、ハチャメチャなニュースキャスターたちの姿を描いたナンセンスコメディー映画。

これさ~。もう本当~にくだらない映画なんですよ!小学生レベルくらいの笑いネタが展開されるのですが、けっこう楽しく鑑賞出来ました。

そもそも、ポール・ラッドが出てるので見てみようと思ったんですが、彼の役まわりも超くだらないです。(笑)

画像


ウィル・フェレル演じるロン・バーガンディは地元テレビ局の人気キャスターで、視聴率はトップを独走中。途中で他のチャンネルのキャスターもからんできて、マフィアの抗争みたいになるシーンが超笑えました。

ヴィンス・ヴォーンとかティム・ロビンスとかが、ノークレジットでライバルキャスターを演じてます。この抗争は死人も出ます。(笑)

公共放送チームのティム・ロビンス。こいつは汚い手を使うんですよ!(笑)

画像


ラスト、ロン・バーガンディの飼い犬が大活躍するのですが、これがまた「え!?」っていうほど、くだらないので、お暇な時にでも是非ご覧になってみて下さい。

「面白くない!」というクレームは私は受け付けません。ドリームワークスの作品なので、文句はスピルバーグへお願いいたします。(笑)

この映画、日本では未公開なのですが、2013年に続編が出来てるのよね。(そっちも未公開)こっちも是非見てみたいな。

この動画は映画を見てたら笑えます。なかなか良い曲です。

Anchorman - Afternoon Delight Music Video

https://www.youtube.com/watch?v=QoEZnWKtTOU


俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2014-09-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

セレンディピティ
2019年06月13日 08:33
ごみつさん、こんにちは。
リメイク版のゴースト・バスターズ、理系女子の話というので私もかなり楽しみにしていたのですが、ちょっとがっかりでした。
でもおっしゃる通りに、クリス・ヘムズワースに救われましたね。
彼は最高でした☆

俺たちニュースキャスターは存在は知っていましたが、たぶんあまり好みではないだろうな...と。
笑いのツボは人それぞれですが、コメディは当たりはずれがあって難しいですね。
ヌマンタ
2019年06月13日 09:48
バスターズのリメイクは劇場で観ました。特殊撮影技術だけは前作よりも向上してますが、後は一作目には及ばないですね。でもたしかに、ヘムズワースのおバカキャラには救われました。あれは確かに笑えましたから。
ごみつ
2019年06月13日 14:18
セレンディピティ さん

こんにちは。
リケジョ版ゴースト・バスターズ、思ってたよりもっと面白くなくてガッカリでした。
劇場に行かなくて良かったナ~。特撮シーンはまあまあ楽しめたんですけどね。
とにかく、この映画、馬鹿なクリヘムが良かった!の一語につきます。(笑)

「俺たちニュースキャスター」は、もうこれ全然お勧めしません。子供っぽいナンセンスコメディなので、これ、ウィル・フェレルが好きじゃないと辛いですね。(;^ω^)
そうそう、映画でも小説でもマンガでも、コメディが一番難しいですよね。
涙のツボはわりと人類共通だけど、笑いは千差万別なので、誰もを笑わせるのは本当に大変だと思います。
ごみつ
2019年06月13日 14:24
ヌマンタ さん

こんにちは!
そうそう、ヌマンタさん、劇場に行かれてましたよね。今、TBさせていただきました。

今回の映画、つまんなかったけど、こうやって、昔の映画を知っている方達とあれこれ語れる話題づくりにはなりましたよね。それもとても楽しいです。
それと、クリヘムと警官隊のエンドクレジットのダンスには大笑いしました。
特撮も良かったです。

「ゴーストバスターズ」、2020年にまたリメイクされるそうですが、今回カメオで出てたオリジナルメンバーの、ダン・エイクロイド、ビル・マーレイ、シガニー・ウィーバーが出るそうですよ~。
ノルウェーまだ~む
2019年06月13日 23:50
ごみつさん☆
私は「ゴーストバスターズ」大好きなので、そういう意味でもリメイク版はがっかりでした。
ただ懐かしさで楽しめたというか…

イケメンポジションなのに「バカ」のパターンはこの作品で覚えちゃったのでしょうかね…彼は…(爆)
ごみつ
2019年06月14日 03:32
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは!
今回の「ゴーストバスターズ」はホント、ガッカリでしたね。
ストーリーとか、キャラクター設定が良くない。
もうちょい、いくらでも普通に面白ろおかしく出来そうな題材なのにね。
そうそう、懐かしさとクリヘムのおかげで何とか見ていられました。

しかし確かにクリヘムのイケメンバカ路線はこの映画でクセになっちゃったのかも。(笑)
この役柄のまんま、「MIB」に移行した感じ。
kinkacho
2019年06月14日 08:04
ごみつさん、こんにちは。
思わず見ちゃいましたよ、踊るクリヘム!
ガチムチかメタボの体形しか見たことのないクリヘムの普通の体型の姿を見たのが新鮮です。
MIBは普通体型でスーツ着てるのでさらに新鮮です。
ごみつ
2019年06月14日 20:17
kinkacho さん

こんばんは!
クリヘムはゴーストに操られてるんですが、包囲している警官隊を踊らせるるシーンがちょこっと本編にあるんですよ。

そしたらエンドクレジットでたくさん流れて、「こんなに踊らせてたのか!」と大笑いしちゃいました。
これはジム・キャリーの「マスク」のパクリですね。(笑)
つまんない映画がこれで救われました。

「MIB」より「アラジン」の方が評価がかなり高いので、今日見に行ってきました!
青いウィル・スミスが良かった!楽しい映画でした。

この記事へのトラックバック

  • ゴーストバスターズ

    Excerpt: アメリカ・ニューヨーク。 コロンビア大学の物理学教授エリン・ギルバートは、かつて科学的根拠のない幽霊本を出版していたことがバレ、大学をクビになってしまう。 彼女は、友人の超常現象研究家アビー、天才発明.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-06-15 18:37