ROME シーズン1

Rome

画像


HBOとBBCの共同製作のドラマ「ROME」2シーズン22話をアマゾンプライムで鑑賞しました。

シーズン1は2005年、シーズン2は2007年の放映で、けっこう前のドラマですが、いやいや、このドラマ素晴らしかったです!ヤマザキマリさんは、このドラマにはまって、「テルマエ・ロマエ」の執筆を決めたとか・・。

ネットでの情報を読んでみると、史実にあまりにも忠実で、つっこみどころがほとんどないそうですよ。

けっこう残酷なシーンや、性的な映像も赤裸々で、「ゲーム・オブ・スローンズ」以来の流行りか・・などと最初思ってましたが、このドラマこそが先駆者かもです。

ローマ軍第13軍団の百人隊長ヴォレヌスとその部下の軍団兵プッロを中心に、内乱期のローマ共和国が描かれていきます。

ヴォレヌスとプッロ この2人は架空に人物かと思ってましたが、「ガリア戦記」に名前が出てくる人達なんだそうです。

画像


シーズン1

画像


物語は紀元前52年、ガリアでの8年の戦闘に大勝利をおさめ、ローマへと帰還しようとするカエサル軍のシーンからはじまります。

↓カエサルを演じてるのはキアラン・ハインズ

画像


↓降伏するガリアの王、ウェルキンゲトリクス

画像


しかしカエサルとポンペイウスの対立は激化しており、ポンペイウスはカエサルとの戦闘を決定する。ルビコン川を渡ったカエサル軍はローマへ帰還。

猛然と迫るカエサル軍への迎撃態勢が間に合わないと判断したポンペイウス達は一時的にローマから撤退する事を決定する。

↓ ポンペイウス

画像


ポンペイウスからの和平の申し入れを反故にし、カエサル軍はギリシャへ向かうが、逆に形勢不利となってしまう。救助に向かうか迷っていたアントニウスだったが、結局カエサル軍と合流。

↓アントニウス

画像


再び劣勢となったポンペイウス軍はかつて恩を与えていたエジプトへと向かうが、ポンペイウスはそこで暗殺され首級がカエサルに送られてくる。かつての盟友の最期を悲しんだカエサルは愚王であったプトレマイオス13世を廃し、幽閉されていたクレオパトラを女王の座につける。

↓プトレマイオス13世 クレオパトラは姉。

画像


↓クレオパトラ

画像


独裁官に就任したカエサルは凱旋式を行い独裁者への道を歩み始める。そんな姿に危惧を覚えたブルートゥスとキケロ達はカエサルの暗殺を決行するのだった・・。

↓前からブルートゥス、 ブルートゥスの母でカエサルの愛人セルウィリア、 カッシウス

画像


シーズン2へ続きます。

画像

ジュリアス・シーザー (白水Uブックス (20))
白水社
ウィリアム・シェイクスピア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック