ROME シーズン2

Rome

画像


オープニング

Rome HBO opening titles
https://www.youtube.com/watch?v=msHHv8PSBOk

シーズン2

画像


カエサルの暗殺後、ローマは混沌としていた。カエサルの遺言により、甥のオクタヴィアヌスが養子となり遺産相続の権利を得た。オクタヴィアヌスはまだ幼かったため、アントニウスが執政官としてローマでの地位を築きはじめていた。

↓オクタヴィアヌス 横で立ってるのはプッロ

画像


力をつけはじめたアントニウスに危惧を抱いたキケロとブルートゥス達は、同じくアントニウスが邪魔になっているオクタヴィアヌスと手を組む。しかし新しい支配者としてローマへ戻ったオクタヴィアヌスは、突如、キケロとブルートゥスを共和国の敵であると宣言。キケロは暗殺される。

↓キケロ

画像


オクタヴィアヌスは再びアントニウスと手を組み、フィリッピの戦いにてブルートゥス軍を壊滅させる。その後オクタヴィアスヌ、アントニウス、そしてレピデュスの3人でローマを分割統治する事に決め、アントニウスはエジプトへと向かう。

↓アントニウスとクレオパトラ

画像


ローマが深刻な食糧難となる。しかしアントニウスはエジプトから食料を送ってこない。交渉も決裂し、ついにローマとエジプトは開戦。アクティウムの海戦にてエジプト軍は破れ、アレクサンドリアに逃げ帰ったアントニウス、そしてクレオパトラも自害する。

交渉に向かったのはかつてのアントニウスの愛人でカエサルの姪のアティア、アティアの娘であり、アントニウスの妻でもあるオクタヴィア オクタヴィアは、クレオパトラとアントニウスの遺児達をひきとって育てているんですよね。

画像


最終話では、アントニウスとクレオパトラの死骸を掲げてパレードを催す。

やがてオクタヴィアヌスはアウグストゥスの称号を受け、ローマ帝国初代皇帝となるのですね。

画像


とりあえず、歴史の流れだけストーリーとして追っていきましたが、それと平行して平民であるヴォラヌスとプッロの物語が語られていくのですが、そっちも凄く良かったんですよ。
この2人のドラマの方は、人生というもの、あらがえない運命の中での人間はいかに生きていくのか、愛、許し、家族、信仰、忠誠心等、色々なテーマを感じる事のできる内容になってて、この歴史劇に厚みを与えています。

画像


歴史劇の好きな方には是非、是非、見ていただきたい傑作ドラマです。歴史の勉強にもなったし、シェイクスピア劇にたいに脚色されていない生の権力闘争ドラマっていうのは、実に残酷で醜いものなのだな・・というのも感じました。

塩野七生さんの「ローマ人の物語」が凄く読みたくなってます。(;^ω^)



一つ気になってるのが、ドラマの中で、今、政治的に何が起きてるかを発表する人が路上にいるのですが、これは何という仕事なの?英語サイトではNewsreaderになってました。知ってる方は是非教えて下さいませ。

画像


https://www.youtube.com/watch?v=oomJG8uVLMs

アントニーとクレオパトラ (白水Uブックス (30))
白水社
ウィリアム・シェイクスピア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kinkacho
2019年06月15日 22:11
ごみつさん、こんにちは。
このドラマ、気になってたんですよね。面白そう。動画配信で見てみます。
塩野さんのローマ人の物語はローマ帝国の興隆と衰退を分かりやすく教えてくれます。塩野作品推しのおじさんたちは何か勘違いをしていますよね。おじさんたちは政治とか経済寄りの解釈をしてますが、塩野さんはローマへの愛を語っているだけですよ。塩野さんの推しキャラはカエサルなのかと腐女子目線でみれば分かりやすいのにね。
ごみつ
2019年06月15日 23:12
kinkacho さん

こんばんは!
前に「ジュリアス・シーザー」の映画を見たので、これも何となく見はじめたのですが、凄く面白かったですよ。
戦闘シーンとかはあんまりないのですが、人間ドラマがよく出来てます。
何かドロドロ劇でした。(;^ω^)
良かったら是非、見てみて下さい。

「ローマ人の物語」ちょっと長いのでとりかかりにくいですが、是非読んでみよう!と心に決めました。

ローマの歴史ってホント面白いですね。
kinkacho
2019年06月16日 16:20
ごみつさん、こんにちは。
ローマ人の物語は確かに長いので、とりあえずハンニバル戦記とユリウス・カエサルの巻を読んでください。
ユリウス・カエサルは塩野さんのカエサルへの愛がわかりますし、ハンニバル戦記はkinkachoの一推しです。
ごみつ
2019年06月17日 00:11
Kinkacho さん

こんばんは。
リプライ、有難うございます!

そうですね!それではまずはハンニバルとカエサルをトライしてみます。
読むのが楽しみだな~。

この記事へのトラックバック