帝都物語 / 帝都大戦

「帝都物語」
1988年/日本 (監)実相寺昭雄
(演)石田純一 原田美枝子 佐野史郎 勝新太郎 寺田農 中村嘉葎雄 宍戸錠 桂三枝 坂東玉三郎 いとうせいこう 西村晃 島田正吾
平幹二朗 井川比佐志 高橋幸治 峰岸徹 寺泉憲 嶋田久作
☆☆☆★★

71MHPu+GVAL._SY445_.jpg

荒俣宏の伝奇SFの映画化作品。平将門の怨霊により帝都破壊を目論む魔人・加藤保憲とその野望を阻止すべく立ち向う人々との攻防を描いた作品です。実在の歴史的人物も多数登場します。

アマゾンプライムにアップされてたので鑑賞。原作も未読で前知識何もなく鑑賞したのですが、良かったワ、これ。こういう作品大好き。

明治45年から昭和3年までにかけての物語なのですが、明治45年に渋沢栄一(勝新太郎)が陰陽師の平井保昌(平幹二朗)、物理学者の寺田寅彦(寺泉憲)の協力を得て、東京改造計画を進めていた。それは帝都・東京を軍事的のみならず霊的に守護しようとする計画だった。

しかし謎の魔人、加藤保憲がその計画の前に立ちふさがる。加藤は、平将門の霊を呼び覚まし、腐りきった帝都を壊滅させようと企んでいたのだった。平井保昌や幸田露伴(高橋幸治)の努力により、加藤の企みは不完全に終わるが、東京は関東大震災に見舞われる。

時が流れ、昭和2年、日本初の地下鉄の開通が間近となっていたが、地下に加藤の放った魔物が妨害をしていた。加藤は力をふきかえし、再び東京の破壊を目論んでいたのだが・・・。

原田美枝子が凄~くきれいでした。

20180815132639.jpg

って感じのストーリーで、お話がわりあいと複雑で映画だとわかりにくいシーンがたくさんあったのですが、これ、原作読んだら凄そうだな・・。特撮もまだまだちゃちいし、何より、実写映画化するにはお話が壮大すぎちゃって、これ完璧に映像化しようと思ったら、今でもハリウッドじゃないと出来ないんじゃないかな。

いろいろと馬鹿らしいシーンもたくさんあるし、低評価をつける方も多いけど。なかなかの力作ですよ、これ。ちょっと見て損のない映画だと思います。

お気に入りは、日本初のAIロボットと言われてる「学天則」のシーン。これを開発した生物学者の西村真琴は、俳優の西村晃の父親で、今回、西村晃が父親を演じてて胸あつでした。「ジャイアントロボ」の最終回みたいで泣けたよ、ここ。

o0360046914132216450.jpg

さて、「帝都物語」が面白かったので続く「帝都大戦」もアマゾンプライムで鑑賞。

「帝都大戦」

1989年/日本 (総監督)ラン・ナイチョイ (監)一瀬隆重
(演)加藤昌也 南果歩 野沢直子 桂木文 土屋嘉男 日下武史 丹波哲郎 草薙幸二郎 嶋田久作
☆☆☆★★

a9bff523-0fd8-42c7-b098-d385b1907dfe.jpg

長く続く太平洋戦争で、日本は深く傷つき、帝都・東京も死に絶えようとしていた。

霊的指導者・観阿彌光凰(丹波哲郎)は日本を勝利へ導くため、チャーチル、ルーズベルトといった連合軍首脳を呪い殺そうと計画を進めていた。

昭和20年1月1日の東京大空襲の日、死者達の怨念により加藤保憲が甦る。加藤は、東京を壊滅させるために、連合軍首脳への呪詛の妨害をはじめるのだった・・。

観阿彌光凰の側近、中村雄昂(加藤昌也)は幼い頃からパワーを強大にするための過酷な人体実験を繰り返されてきた。中村は加藤保憲に立ち向かうが歯が立たない。

しかし、中村が出会った看護婦、辰宮雪子(南果歩)は、平将門の血族の最期の生き残りで強大な力を持っていた。2人は心を通わせあい、ともに加藤に立ち向かう事になるが・・。

辰宮雪子のなぜそれほどの力を持っているのかは、前作「帝都物語」にてわかります。

これは「帝都物語」よりは、ストーリーが単純でわかりやすかった。ただそのぶん、お話が陳腐化していたのは否めない感じ。それでも、私はこの作品もなかなか気に入りました。

途中で悪夢的な映像のシーンがあるのですが、そこが結構良かったんですよね。

かなり不気味なので小さい写真にしておきますね。(;^ω^)

0993737e-dafa-44a9-8bb6-4e1cb0027894.jpg

それにしてもこの2本に共通しているのは、この作品、加藤保憲の魅力ありきなんですよね。新人の嶋田久作をキャスティング出来たのは本当に大成功だと思います。

000_b.jpg


ところで、加藤保憲って一体何者なの?それが映画ではわからなかったんですが、原作読めばわかるのかな?とにかく、この2本、映画としては不満も多々あれど、私は大いに気に入りました!


帝都物語 第壱番 (角川文庫)
帝都物語 第壱番 (角川文庫)




この記事へのコメント

2019年08月11日 11:20
ごみつさん☆
「帝都物語」当時すごく流行りましたよね~~
すっかり内容を忘れてましたが、その怪しげな雰囲気だけはよっく覚えております。
嶋田久作さんありきの作品だったことはかなり強烈な印象として残ってます。

そうそう、夫が原宿の焼き鳥屋で嶋田久作さんがお酒飲んでいるのに居合わせた事があるそうです(笑)
2019年08月11日 21:30
ごみつさん、こんばんは。
帝都物語、帝都大戦、どちらも知りませんでした。
当時話題になったのですね? なかなかおもしろそうです。
加藤保憲というのは架空の人物なんですね。
一歩違えば、麻原彰晃みたいになりそう??
嶋田久作さん、謎めいた雰囲気で新人とは思えない存在感がありますね。
ごみつ
2019年08月12日 01:44
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは。
「帝都物語」は当時、大ヒットしましたよね。
私は何となく見ないまま、今に至ってしまったのですが、凄く楽しめました。

そうそう、この映画のちゃちっぽい感じがすべて許せてしまうのは、嶋田久作さんの加藤の存在のインパクトのおかげですよね。

ご主人、焼き鳥屋さんで嶋田さんに遭遇したんですね!(^O^)
最近、歳をとられてからの彼は、けっこう温厚な役柄が増えてきてますが、そっちも味があって、素敵な役者さんだと思います。
ごみつ
2019年08月12日 01:49
セレンディピティ さん

こんばんは!
これ、原作は凄いベストセラーで、映画もかなり話題になってました。
テレビCMなんかもよく放映されてましたが、ご存知なかったですか?
と言う私も、原作は未読、映画も今回はじめて鑑賞しましたが、壮大な物語で面白かったです。

嶋田久作さんが演じる加藤のインパクトが凄いんですよ。(;^ω^)

この作品、実在の有名人も登場させながら、架空の人物をメインにお話が進んでいきます。加藤保憲は、人ならざる者、魔人なんですよ。麻原彰晃みたいな普通の人間ではないんですよね。
ただこの映画だけだと、ちょっと正体がわからないんですよね~。もともとは人間だったんだと思うんだけど・・。

なかなか面白かったですよ。!(^^)!
2019年08月12日 23:38
ごみつさん、こんばんわ。
私は若い頃はオカルト苦手で「帝都物語」もスルーしてきてしまったのですが、面白そうですね。私もプライムで見てみます。

平将門は神田明神に祀られているし、むしろ東京の守護神かと思っていたのですが、この世界では帝都を破壊を企むんですね。私は流行の御朱印集め始めたのでちょっと調べてみたら、成田山新勝寺は朝廷が将門の霊を封じ込めるために創建させたとか…色々あるようです。

「吾輩は猫である」の寒月君のモデルの寺田寅彦が出てくるのも見たい!思い出しましたが、玉三郎さんが泉鏡花演じたんでしたっけ。
西村晃さんのお父様が日本初のAIロボットの発明者だったとは…お写真見ると、「メトロポリス」の美女ロボットにちょっと似てますね。

嶋田久作さんは「シンゴジラ」で外務大臣代理役で、「これはあんまり酷すぎます!」って泣いてましたねー
ごみつ
2019年08月13日 01:30
夏 さん

こんばんは~。
「帝都物語」、当時大ヒットでしたが、こういうの好きなのになぜかスルーしてしまってました。
今、見ると鬼籍にはいった懐かしい俳優さんや、現役の俳優さんの若い頃が見れて、それだけでも結構楽しいです。

そうそう、この作品、実在の有名人が登場してくるのも面白くて、玉三郎さんが泉鏡花を演じてます。

学天則が実在だったのは映画見終わってから知ってビックリしました。しかも開発者の西村真琴が、彼を演じていた西村晃の父親だったので2度ビックリ。
「メトロポリス」の公開が大正15年なので、絶対にデザインは影響うけてそうですね。

とりあえず、この映画は、嶋田久作演じる加藤が命です。是非、是非、ご覧になってみて下さ~い。!(^^)!