ジョーカー

Joker
2019年/アメリカ (監)トッド・フィリップス
(演)ホアキン・フェニックス ロバート・デ・ニーロ ザジー・ビーツ フランセス・コンロイ
☆☆☆☆★

visual.jpg

http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/

アメコミ映画史上初の快挙となる、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞した本作、恐ろしいほどの傑作でした。

よもや、アメコミ映画でこれほどの作品に出会えるとは想像もしていませんでした。ただ、通常のマーベルやDCの作品とはアプローチの仕方が全く異なる作品なので、単純に比較は出来ないのですが、個人的に、今までベストアメコミ映画だった「ウォッチメン」を超えてきた映画です。

joker2-1185130.jpg

まず凄いのはオープニングの、アーサー(=ジョーカー)が大笑いしているシーンのアップ。目は苦しみと悲しみの中で涙までこぼしているのに、大笑いしているのですが、理由は後でわかります。このシーンを筆頭に続くどのシーンも、暗黒の中で苦しむアーサーの姿が、静かな迫力と狂気の淵の中で描かれていきます。

愛もなく希望もなく、老いた母親と寄り添う様に暮らしているアーサーを、やがて決定的な絶望と孤独が襲います。

fhjfepfh43q21.jpg

とにかくアーサーを演じるホアキン・フェニックスの演技が見事の一言!で、以降の映画賞を総なめにするのは必至だと思うし、それだけの価値のある演技です。

書きたい事は山ほどあるのですが、これは是非、皆さんにアーサーの人生を実体験していただきたい。

マーチン・スコセッシの「タクシー・ドライバー」と「キング・オブ・コメディ」に大きな影響を受けていると監督が語っていて、実際にその通りなので、2本を未見の方は是非比べてみて下さい。

この2本と「ジョーカー」を繋ぐのが、ロバート・デ・ニーロですよね。

61DCoE8pJeL._SY500_.jpg

アメコミ映画ファンとして胸あつなのは、少年時代のブルース・ウェインに出会うシーンですが、やがて彼自身も心を病み、心に蝙蝠を住まわせたダークナイトとなっていく。

やっぱ、アメコミ映画は「バットマン」が最高!なんですが、このジョーカーは以降の映画にはもう登場させないで欲しい。ジャスティス・リーグだけは絶対にやめて下さい。

どうしても登場させるなら、同じく闇落ちしている「バットマン」映画でお願いします。

凄かったよ、この映画。↓の予告編見た時から傑作の予感を全身で感じながら毎回泣いてました、私。

映画『ジョーカー』特報【HD】2019年10月4日(金)公開

https://www.youtube.com/watch?v=_wfFhGNpW-U


ダークナイト [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
ダークナイト [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年10月17日 01:20
ごみつさん、こんばんは。
ジョーカー、私も見てきました。
ほんとうにすごい作品でしたね。深いドラマに打ちのめされました。

>ジャスティス・リーグだけは絶対にやめて下さい。
うわっ>< ほんと、それだけは勘弁です。
というか、この作品がアメコミ由来だということを
映画を見ている間はすっかり忘れていました。
ブルース少年の登場は心憎いサプライズでしたね。
ごみつ
2019年10月17日 15:18
セレンディピティ さん

こんにちは!
「ジョーカー」は、アメコミ映画っていうより、社会派ドラマとして重厚な作品になってましたよね。
ホアキンの演技が凄いので、同じく打ちのめされた感じです。

このジョーカー物語は、この1作で終わりにするって監督は言ってましたが、大ヒットしたので映画会社が続編ゴリ押しするかも・・。
ただ、ウェイン夫妻を殺したのが、アーサーじゃなかったので、ちょっと違う方向へ転換するかもですね。
2019年10月17日 19:51
ごみつさん☆
冒頭の笑い顔を作りながら黒い涙を流す!このシーンからもう圧巻でしたね。
この映画のテーマがずとんとここに集約されておりました。
暗黒の中でもがき苦しむアーサー!
ホアキンの怪演も素晴らしかったですし、今後続編には出演しないとハッキリ言っているところも拍手!だと思いません?
これはゼッタイ他のアメコミとミックスしてはいけないのですっ☆

ごみつ
2019年10月17日 20:04
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは!

いや~、あのオープニングシーンのホアキンの演技には鳥肌がたちました。
そして、彼がどこまでも絶望の淵へと追いやられていく様を見続けていく事になるワケですが、ホアキンの演技の凄さもあって、ず~っと緊張しっぱなし。

見終わった後もヘビー級で、思い出す度に涙が出てきてしまう感じでした。

ね、もうこの「ジョーカー」はここで終わりにして欲しいし、もう彼をアメコミ世界に戻すのも無理だと思う。
これだけのドラマを見せられたワケですもんね。
kinkacho
2019年10月17日 20:53
ごみつさん、こんにちは。
このジョーカーをジャスティスリーグに出して欲しくない!に大いに賛成です。
これはジョーカーであってジョーカーじゃないんですよ。
スクリーンに描かれる人の悪意が不快で気持ち悪かったです。
ごみつ
2019年10月17日 21:35
Kinkacho さん

こんばんは。
「ジャスティス・リーグ」のラストシーンで、次はジョーカーが登場みたいな終わり方をしてたじゃない?
で、危惧してましたが、あってもこのジョーカーはもう出ないと思います。
どう考えてもムリだし。

アーサーのまわりは心無い悪意と偽善だけでしたね。優しかった人として認定されたのは、あの小人症の人だけだったのが、またちょっと意味ある感じがしました。
恐らくあの彼は生まれてからず~っと差別されないなんて事なかったはずだから。
2019年11月11日 09:51
こんにちは。
遅ればせのコメント、失礼します。

私の映画の好みからするとちょっと重すぎて、「おもしろかった」より「くたびれた」が先にくる感じでしたが、ガツンとくる作品だったのはたしかです。
ホアキン・ジョーカーをはじめ、人間が心に秘める暗い感情がさまざまなかたちで吐き出されていくさまが、リアルで怖かったです。
しかし、これだけジョーカーの過去を詳細かつリアルに描いてしまうと、この先、バットマン映画を作りにくくなるでしょうね。
「キング・オブ・コメディ」ぜひ観てみます!
ごみつ
2019年11月12日 01:38
Tae さん

こんばんは!
わ~、「ジョーカー」行かれたんですね!
確かにこれかなりヘビーでダークなので、苦手な方もたくさんいるみたいですね。
それでも、ホアキンの演技の迫力だけは褒めてる方が多いですよね。確かに凄い演技でしたよね~。

このジョーカーは、番外で特別って感じですよね。ホアキンジョーカーはこれで終わりだと思うし、終わって欲しいです。(;^ω^)

「キング・オブ・コメディ」は見ると類似点がいっぱい見つかると思うので、是非是非!