霧が晴れた時 自選恐怖小説集 (角川ホラー文庫)

小松左京著 角川ホラー文庫
☆☆☆★★★

51vKKPhXNAL.jpg

太平洋戦争末期、阪神間大空襲で焼け出された少年が、世話になったお屋敷で見た恐怖の真相とは…。名作中の名作「くだんのはは」をはじめ、日本恐怖小説界に今なお絶大なる影響を与えつづけているホラー短編の金字塔。(文庫解説より)

昨年読んだ石ノ森章太郎のコミック「アニマル・ファーム」に掲載されていた「くだんのはは」の怖さが忘れられず、小松左京の原作を読みたくなって図書館で借りてきた1冊です。

https://22596950.at.webry.info/201812/article_8.html

13編の作品が選出されていますが、純粋にホラーっぽい作品もあれば、SF寄りの作品もあり。全体的に非常にバランスのとれた作品ばかりで、読みやすい上に面白く、大満足の1冊でした。

この中ではやはり「くだんのはは」が一番の傑作で、設定が太平洋戦争中なのもあいまって、最初から最後までとても怖い作品。そして最後のあの衝撃。米軍の空襲を避けさせるほどの大きな恨みの力とはどんなものなのだろう・・と考えると戦慄します。

個人的に一番怖かったのは、ニューギニアの人形がテーマになっている「秘密(タブ」ですね。パプアニューギニア系の呪いは本当に怖い。引っ越しの時に、ひな人形は供養に出してきましたが、ハワイのお土産の人形だけは何だか怖くて、引っ越し先に持ってきました。

それと今回、一番気になったのは「逃ける」(ふける)というコミカルなホラー。これね、江戸時代の小噺っぽい雰囲気があって、ちょっと怪談落語みたいなんですよね。お話は現代なのですが、登場人物たちは江戸時代にいた切符のいい江戸っ子って風情の人達ばかり。

これ読んで、今やってる大河ドラマの「いだてん」の作劇方法が突然わかった感じです。この小松左京の小説と同じ事やってるんだな~っていうか、落語のスタイルに精通していないとつくれないものなんだな。。と感じた次第です。

あと、全体的に何だか松本清張っぽい感じがして、三島由紀夫の小説にも感じたけど、これはあの時代の作家がだれでも持ってる時代の空気感なんだろうな・・とも思いました。

komatsu-sakyo-ten-release-thumb.jpg

怖いお話、不思議なお話がお好きな方にはお勧めです。

地には平和を (角川文庫)
地には平和を (角川文庫)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年12月04日 10:02
靖国神社だと、戦争で亡くなった人々は英霊となり、呪いとか怨みとは無縁な存在になると思います。国が祀るというのは、そういう死者の呪いとか、遺族感情に配慮したものだと思います。

卑劣なやり方で死した被害者の無念を晴らすのが、そうした呪いという超能力なんじゃ無いでしょうか。

今の日本はおめでたい話ばかりですが、呪いって、強いけれども卑劣な人間や権力に対する報復だと思います。そうしますと、物語的には、貞子は最強の刺客なんじゃ無いでしょうか。
ごみつ
2019年12月05日 03:22
隆 さん

こんばんは!
呪いとか呪術とかって、何なんでしょうね。
私は、何とな~く、そういうのを信じてる方なもんで(全然わからないんですけど)、結構ナーバスになります。(;^ω^)
人の形をしたもの(人形とか)は、怖いのであまり持ちたくないですよね。ぬいぐるみはいっぱい持ってるんですけど。

西洋って、けっこう悪霊と戦っちゃいますけど、日本ではとにかく祀りますよね。それってけっこう賢いな・・って思います。(笑)

貞子!( ;∀;) 私、けっこうホラーもの、見たり読んだりするので、ホラー慣れしてる方なのですが、「リング」(松嶋菜々子版)だけはホント~に怖かったです。( ;∀;)
kinkacho
2019年12月06日 23:36
ごみつさん、こんにちは。
小松の短編で、「くだんのはは」は外せませんよね。強烈に印象に残ってます。
神戸のあたりに残っている件の逸話がこの短編の原型です。時代設定も太平洋戦争の末期です。
だから、ひょっとしてこの短編は実話かもと思わせる怖さがあります。
ごみつ
2019年12月07日 16:21
Kinkacho さん

こんにちは。

前にKinkachoさんに、小松左京の原作の事を聞いてず~っと読みたいと思ってましたが、これは傑作短編ですね。
凄く怖かったし、凄く悲しい気持ちにもなりました。

神戸にくだんの逸話があったんですね・・。大災難の前にあらわれて予言をするっていうのが凄く怖いです。それと件が可愛そうな気もしますね。