1917 命をかけた伝令

1917
2019年/イギリス・アメリカ (監)サム・メンデス
(演)ジョージ・マッケイ ディーン=チャールズ・チャップマン マーク・ストロング リチャード・マッデン コリン・ファース ベネディクト・カンバーバッチ アンドリュー・スコット
☆☆☆☆

19121706340165df8a.jpg

https://1917-movie.jp/

1917年。第一次世界大戦、西部戦線ではドイツ軍の後退がはじまった。イギリス軍はこれを好機と判断し追撃しようとしていたが、それはドイツ軍の罠だった。

それに気が付いた司令部では、前線へ中止命令を出そうとするも、通信手段は途絶えており、若い兵士2名に伝令の命令が下る。明朝までに届けなければ友軍1600人の命が危険にさらされる。

2人は塹壕を抜け出して、危険が待ち受ける無人地帯、ノーマンズランドへ飛び込んで行くのだが・・。

9-640x360.jpg

ストーリーの通り、伝令を伝えに行くだけのお話なのですが、もうあれこれと本当に素晴らしい映画でした。サム・メンデス監督が、第一次大戦に従軍した祖父から聞いた話をもとにつくりあげた作品との事ですが、限りなく実話ベースに近い内容でもありながら、サム・メンデス監督作品の特徴でもある、あのファンタジックな映像がとにかく見事で、なまじのドキュメンタリータッチよりも深く心に残ります。

途中、主人公のスコフィールドがドイツ軍と出くわして撃たれ気絶してしまうシーンがあるのですが、目覚めた時には夜になっていて、まあその時の映像の見事な事、音楽も素晴らしくて、美しい悪夢でも見ているみたいな映像にちょっと鳥肌がたちました。

George-MacKay-in-1917-20192.jpg

 この映画のこの1曲

トーマス・ニューマン、素晴らしいな!

Thomas Newman - The Night Window (From the "1917" Soundtrack)
https://www.youtube.com/watch?v=gqo46lt-8Q4&feature=emb_logo


それと、この映画を見るに先立って、キューブリックの「突撃」を見ておいて良かったな~と思いました。

第一世界大戦が兵士達にとってどれほど過酷で、司令部(貴族階級中心で、死よりも名誉を!みたいな感覚で、兵士を送り込む人間達)がどれほど無策のまま突っ込んでいったのかがよくわかる映画だったんですよね。もう、あれですよ。「二百三高地」の世界ですよ。

「突撃」を見ていたおかげで、ラストのカンバーバッチ大佐のセリフがよく理解出来ました。

BBZ88jV.jpg

塹壕を出てから、死体が放置されている無人地帯を通り抜け、撤退したドイツ軍の陣地に着き、さらに進んでいくあたりの緊張感は凄くって、ホラー映画でも見ているかの様に目をふさいだりしながら鑑賞しました。

主演のジョージ・マッケイは私はこの映画がはじめてですが、役にピッタリで素晴らしかったです。友人のブレイクを演じるのディーン=チャールズ・チャップマンは「ゲーム・オブ・スローンズ」のトメン・バラシオンね!後から知ってビックリ。大人になったな~。ブレイクの兄を演じるジェームズ・マッデンはご存知「ゲースロ」のロブ・スタークです。

946-l2.jpg

やっと友軍と合流出来た時に唄われていた曲は、19世紀のアメリカのゴスペルで、歌詞を変えながら歌り継がれてる曲なんだそうですよ。

o0600030014717305583.jpg

I Am a Poor Wayfaring Stranger (From 1917) | 1917 OST
https://www.youtube.com/watch?v=J3h7Cv2fLe4

何はともあれ素晴らしい映画。超お勧めです!!是非、劇場で鑑賞下さいませ。


西部戦線異状なし (字幕版) - リュー・エアーズ, ルイス・ウォルハイム, ジョン・レイ, ベン・アレクサンダー, ルイス・マイルストン, ジョージ・アボット, マックスウェル・アンダーソン, デル・アンドリュース, カール・レムリ・Jr
西部戦線異状なし (字幕版) - リュー・エアーズ, ルイス・ウォルハイム, ジョン・レイ, ベン・アレクサンダー, ルイス・マイルストン, ジョージ・アボット, マックスウェル・アンダーソン, デル・アンドリュース, カール・レムリ・Jr

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2020年02月26日 23:40
ごみつさん、こんばんは。
なかなかブログ記事が書けずにいますが...
私も1917、見に行きましたよ!すばらしいドラマでしたね。
戦争映画ではあるけれど、主人公目線で進んでいくので、ビデオゲームのサバイバル・ゲームを思い出したりもしました。
エンターテイメント性もあって、楽しめました。
主演のジョージ・マッケイは、ごみつさんはヴィゴ・モーテンセンの「はじまりへの旅」で見ているはずですよ。(すごく優秀でいくつもの名門大学に受かっちゃうけど、コミュ障っていう長男です)
私はその前に「パレードへようこそ」という映画ではじめて知りましたが、特徴的なお顔立ちなのですぐにわかりました!すてきな役者さんですよね。

キューブリックの「突撃」も見てみたいです♪
ごみつ
2020年02月27日 01:22
セレンディピティ さん

こんばんは。
これ、素晴らしい映画でしたね。
良い映画だろうと予想はしてましたが、期待以上の作品でした。

私、ヴィゴの「はじまりへの旅」は未見なんですよ~。見たとしたら、ダニエル・クレイグ主演の「ディファイアンス」だけなんですが、恐らくまだ少年だったと思うのですが、どの役だか覚えてなくて。( ̄▽ ̄;)

学校の勉強が今はかなりお忙しいのではないですか?ブログ記事の更新も大変だと思いますが、セレンさんの記事も楽しみにしてますね。!(^^)!
2020年02月27日 22:51
ごみつさん☆
素晴らしい映画でしたね!
「突撃」はアマプラとhulu待ちです。
観客は現場に放り込まれたようにリアルなのに、どこかゲームの様な感覚もあって不思議な感覚に陥りますよね。
兵士たちの様子がリアルに演じられているけどあえて主人公目線になっていて、いちいち他の兵士に焦点を当てたりしないところも良かったデス。
緊張感ありましたね~~
2020年02月27日 23:04
ごみつさん、再びこんばんは。

ごみつさんの「はじまりへの旅」のレビューを拝見したような気がしていましたが、まだ~むさんだったかも...。
早とちりして失礼しました。><
ごみつ
2020年02月28日 02:44
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは。
本当に良い映画でしたよね~。

序盤からブレイクが戦死するまでは、緊張しっぱなしでした。いつ地雷がドカ~ン!とくるかとか、ホント怖かった。(;゚Д゚)
スコ1人になっちゃってからの展開も素晴らしかったですね。それと撮影が見事でした。

「突撃」はモノクロだし、ちょっと暗い映画なのですが、当時の戦場の様子なんかがよくわかる作品でした。機会ありましたら是非。


ごみつ
2020年02月28日 02:48
セレンディピティ さん

こんばんは。
お返事有難うございます。

私、ジョン・カーニー監督の「はじまりのうた」は見たんですけどね。(;^ω^)
「はじまりへの旅」も、確かプライムにあった?ので、近いうちに見てみますね。

とは言え、なかなかプライムの映画鑑賞出来ず、「次に見るフォルダー」にドッサリとキープされてます。(笑)
Tae
2020年03月05日 11:57
ごみつさん、こんにちは!
私も観てきました。
すごく気に入りました。
すこしまえに『パラサイト』も観たのですが、私がアカデミー会員なら迷わずこっちに一票です。
長回しの魔力に完全にやられました。
とくに塹壕をえんえん歩きつづけるシーン!
あれだけ長い塹壕を一から掘るのは大変たったと思いますが、ワンカットで突き進む緊張感がすばらしかったです。
そう、第一次大戦といえば塹壕ですよね。
『突撃』や『西部戦線異状なし』の塹壕がどんな感じだったか、もう一度じっくり見てみたいです。
ごみつ
2020年03月05日 21:22
Tae さん

こんばんは。
「1917」良かったですよね。ストーリーがシンプルな分、映像に注がれたエネルギーが凄かったし見事でした。

そうそう、私も塹壕ってこんなに長いのか!ってビックリしました。過酷な戦場ですよね。

「パラサイト」も先日見てきました。映画の出来は素晴らしかったけど、好みのタイプの映画じゃなかったかな~。また感想は記事でまとめてみます。

「西部戦線異状なし」は、むか~しNHKだかで見たきりなので、また見てみたいな。あれは原作があるし、映画も1930年製作なので、まんま当時の戦場と時代を知っている人がつくってると思うんですよね。

何にせよ、最近は第一次大戦映画が増えてきた感じしますよね。
2020年05月17日 15:24
こんにちは。
「書き込み」が成功したら…やっとやっと入れましたぁ!
5月入ってからずっと相性が悪くて、コメントなかなか送れなかったのです。すみませんでした。
で、本作、痺れる映像でしたが、サム・メンデス監督がお祖父さまから聞かれた話が元だということを、ごみつさんの記事を読んで知って納得です。
リアルとフィクションとのかけ合わせが絶妙でしたものねぇ。
ごみつ
2020年05月17日 21:27
ここなつ さん

こんばんは。

わ~、またまたコメントが入れられませんでしたか~。(>_<)
毎回、毎回すみません。どうしてもだめな時は無理なさらないで下さいね。

お祖父さんのエピソードがもとになったっていうのは、確か映画のエンドクレジットで触れられてましたよ。

ここなつさんのところでも書きましたが、私はこの映画は映像表現がとっても心に残りました。リアルとファンタジー表現のバランス、絶妙でしたよね。