高い城の男 シーズン4

The Man In The High Castle Season Finale

high-castle-top4.jpg

アマゾン・プライムのオリジナルドラマ「高い城の男」がシーズン4を持って完結しました。

ご存知P・K・ディックの小説「高い城の男」を原案とするドラマで、シーズン1~2くらいまでは、こんな凄いドラマ滅多にない!くらいな勢いで鑑賞していたのですが、シーズン3からちょこっと雲行き怪しいかな・・なんて思ってたら、この最終シーズンは心の底からガッカリしてしまいました~~。

何でこうなったの!?

シーズン1~2の記事
https://22596950.at.webry.info/201711/article_6.html
https://22596950.at.webry.info/201711/article_7.html

シーズン3の記事
https://22596950.at.webry.info/201812/article_7.html


 ここから先はネタバレ全開ですので、見ようと思ってる方、鑑賞途中の方は読まない様にお願いいたします。

この作品は、第二次世界大戦でもしも枢軸国が勝利していたら・・という架空の歴史を描いたIF作品です。原作にあたる大筋の部分はシーズン2でほぼ終了し、以降はドラマとしてさらに世界観を広げていった内容になりました。

1200px-Man_High_Castle_(TV_Series)_map-2.svg.png

要するにそこからほころびが生じたんですよね。それでも3まではまだ良かったのですが、シーズン4は恐らく、ドラマの製作が中止になって、無理やりお話のつじつまを合わせて強引に終わらせた感じの内容になってしまってました。

そもそもシーズン4の第一話で、この物語の核となる人物の一人、田上大臣が暗殺されてしまってて、その時点で私は「このドラマ終わった」と思いました。

あんなに重要人物なのに、のっけから死体で登場して、演じてるケイリー=ヒロユキ・タガワに何かあったのか?と思わず検索しちゃいましたが、そうではない様で・・。

maxresdefault.jpg

原作小説の記事でも書きましたが、この「高い城の男」っていうのは易のお話なんですよ。で、田上大臣は易で世界を見ていた人物なので、このキャラクターをはずすっていう事は「易」の概念をとっぱらったって事なんです。

それとちょっと不安を感じていたマルチユニバース展開ですが(この設定のせいで易が消えたんだと思う)、あれさ、お話の世界観を広げすぎ!他の世界へ行けるナチの開発したタイムトンネルみたいなのも馬鹿らしい!

しかもナチスは、他のユニバースも征服しようとしてるんですよ。だって、他のユニバースに自分がいたらその世界に行けないんじゃなかったの?馬鹿じゃね~の、ナチス。

あと、最高にゲンナリしたのは、黒人たちのレジスタンス活動ね。いや、良いんだけどさ、とってつけた様な展開がうんざりでした。ここはジュリアナが支援しているので、彼女の行動がブラックパワーをして、大日本帝国軍をアメリカから追い出したとも言える設定です。

↓ジュリアナは最後まで良かったんだけど・・

Juliana_hero_image._CB1561050358_SX1080_.jpeg

↓黒人レジスタンスチームがしょぼすぎて、臨場感が全然ないんだよね。

the-man-in-the-high-castle-season-4-MITHC_402_04939-1_Final_rgb-900x623.jpg

シーズン3までにまき散らした伏線的なものや、人物はすべて忘れ去られたのに、何で古美術商のチルダンだけ最後までいるの?チルダンは魅力のないキャラクターだったので(個人的には)いらないんですよ。余計な尺をとっちゃうでしょ、彼がいるだけで。大筋に全然関係ないのにさ。

このドラマの2大主役と言える、ジュリアナ・クレインと、わが愛するジョン・スミス元帥の存在があるから、何とかオーラスまで鑑賞出来ました。

18334b8b8b4563de4bfa395b58f075d2.jpg

あと、インスペクター木戸のエピソードもまあまあかな。

5a9659cdb18574620ff1d49f12720f42--deer.jpg

「高い城の男」ことアベンゼンがしょぼかったな・・。そもそも彼がこの作品の核になるべきでしょう?普通~~のおじさんじゃ仕方ないじゃんか!

ジョン・スミス元帥の存在がこの世界の動向の鍵となっていて、最後、彼の死によって新しい世界がはじまりそうになる結末のつけ方自体は悪くなかった。

でもさ、ラストでタイムトンネルからぞろぞろ出てきた人達は何、あれ?だから、同じ人物が同じユニバースに存在出来ないんじゃなかったっけ!?そう説明してたじゃんか、最初に。馬鹿なの?

てなワケで、見てない人には私が何を怒ってるのかサッパリだと思いますが(笑)、これは信じられないくらいの尻つぼみで終わりました。

いや、でもね、最初の頃は素晴らしいシーンがたくさんあって、興奮する展開だったんですよ。この作品の失敗の最大の要因はあのマルチユニバースだと思います。何でも、科学的に説明しようとするからこうなる・・っていう見本だし、逆にP・K・ディックの凄さも再確認出来た感じです。

「高い城の男」原作の記事

https://22596950.at.webry.info/201711/article_8.html

フロリクス8から来た友人 (ハヤカワ文庫SF) - フィリップ・K・ディック, 大森望
フロリクス8から来た友人 (ハヤカワ文庫SF) - フィリップ・K・ディック, 大森望


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年03月24日 07:37
ごみつさん、こんばんは。
高い城の男、いよいよ完結したのですね~
お気に入りの作品でいらしたのに、最後は尻つぼみで
残念でしたね。
原作と少し内容を変えてあったのかしら?

ドラマは基本見ない私ですが
最近はアマゾンプライムの「モダンラブ」に
プチはまっておりました。
1話30分×8話なので、お洗濯ものをたたみながら
さらっと1話見れる感じです。^^
軽めのロマ・コメですが、おもしろかったですよ。
ごみつ
2020年03月25日 00:15
セレンディピティ さん

こんばんは。

そうなんですよ、これシーズン1~2までは、ビックリするくらい良かったんですよ!
原作に沿ったストーリーはシーズン2までで、3からドラマ独自の展開に入ったのですが、それがダメだったみたい。
本当に残念です。

プライムドラマの「モダンラブ」知りませんでした!これジョン・カーニー監督のドラマなんですね。カーニー監督の作品って、短いエピソードの積み重ねになっているのが多いから、この30分のドラマ形式は彼にピッタリな感じがします。

私は今、プライムでは「まんが日本史」にはまっています。(笑)これも30分のアニメで寝る前にサクっと見られるし勉強になりますよ。

「馬医」を見終わって、今は「孔子」ドラマも見てます。ドラマは短いので、時間がない時でも調整できるのが良いですよね。!(^^)!