2020年2月、3月に見た映画

2,3月に見た映画で記事にしていなかった作品6作をまとめて記録まで。

「カウボーイ&エイリアン」
Cowboys & Aliens
2011年/アメリカ (監)ジョン・ファヴロー
(演)ダニエル・クレイグ オリビア・ワイルド ハリソン・フォード サム・ロックウェル ポール・ダノ キース・キャラダイン アダム・ビーチ
☆☆☆★★

91gT0R-qgAL._AC_SL1500_.jpg

テレビ放映されてたので録画して久しぶりに鑑賞。これは個人的ガッカリ映画の1本でしたが、基本的にこういう映画が好きなのと、ストーリーをすっかり忘れてたので見てみましたが、やっぱりガッカリ映画でした。(笑)

オープニングからエイリアンの登場までは、ミステリアスだし、西部劇としての雰囲気も良いし、さすがはジョン・ファブロー作品な感じなのですが、その後がいけません。

何度も何度も書いてるけど、あんなに高度な科学力を持ってる宇宙人がどうして毎度あんなにマヌケなモンスターなの!?これは、あれですね、H・G・ウェルズがいけないよな。「宇宙戦争」からはじまっちゃてるんじゃないの?

ダニエル・クレイグはカッコ良かったです。

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」
Winchester
2018年/オーストラリア アメリカ (監)ピーター・スピエリッグ マイケル・スピエリッグ
(演)ヘレン・ミレン ジェイソン・クラーク セーラ・スヌーク エイモン・ファーレン
☆☆☆★★

81EKHpPYTHL._AC_SL1500_.jpg

「西部を征服した銃」と呼ばれたウィンチェスター銃を開発し、莫大な財産を築いたウィンチェスター一族。サラ・ウィンチェスターは、娘と夫を次々と病気で亡くし、未亡人になってしまう。

ウィンチェスター銃で命を落とした者達の亡者に呪われていると信じたサラは、亡者たちの部屋をつくるために365日24時間ノンストップで屋敷の増築を続けていた。

ウィンチェスター家の財産を管理する会社から、精神科医のエリックは、サラの精神鑑定を依頼される。次々と増築を重ね奇怪な構造となってしまっていた屋敷を訪れたエリックが体験した事とは・・?

これ実話ベースなので、気になってた作品なのですが、アマゾンプライムにアップされたので鑑賞。なかなか面白かったですよ。まあほぼ脚色ドラマのホラー映画ですが、好きなタイプの作品。ちょっと「シックスセンス」っぽさもあって気に入った。

何よりも、これだけ馬鹿らしいドラマを真剣に鑑賞出来たのは、ヘレン・ミレンとジェイソン・クラークの演技が見事だからっていうのありました。

ウィンチェスターハウスは今では観光名所になってるみたいですが、怖いから行きたくないな。尚、ウィンチェスター社は2006年には完全に経営破綻しており、商標だけが残っているそうですよ。

17250.jpeg

https://winchestermysteryhouse.com/

「ジェネレーションズ Star Trek」
Star Trek: Generations
1995年/アメリカ (監)デイヴィッド・カーソン
(演)パトリック・スチュワート ジョナサン・フレイクス ブレント・スパイナー マルコム・マクダウェル ジェームズ・ドゥーハン ウィリアム・シャトナー レヴァー・バートン マイケル・ドーン ゲイツ・マクファデン マリーナ・サーティス
☆☆☆★

12f5c0978aa939dbdd1babf9eee72117.jpg

アマゾン・プライムに「スター・トレック」の劇場映画シリーズがすべてアップされてたので鑑賞。旧スター・トレックの劇場版は全て見てますが、「新スター・トレック」の劇場版ははじめてです。

「新スター・トレック」は、オリジナルよりも100年後が舞台。パトリック・スチュワートが艦長のシリーズで、こっちもなかなか面白かったんですよ。

23世紀、すでに現役を引退していたカーク提督が昔のクルーたちと共に新型エンタープライズの進水式に参加していた。しかし、テスト航行中に大規模なエネルギー・リボンに接触し、カーク提督は事故に巻き込まれて姿を消してしまう。

1世紀後の24世紀。ピカード艦長が指揮するエンタープライズ号が遭難信号を受ける・・。

スター・トレックの劇場版は、どれもこれも軒並みいまいちなんですよね。テレビドラマとしては最高でも、劇場映画にした途端にテレビドラマっぽさに足を引っ張られるっていうか、妙に安っぽくなっちゃうんですよ。それをとっぱらって堂々たる映画にしてくれたのがJJエイブラムスです。

この作品は体をはった主役が、ピカードとカーク、そして悪役はM・マクダウェルなので、3人とも高齢で、アクションシーンも多いのにめちゃくちゃ鈍重。これはないだろう・・と流石のST好きの私もゲンナリしました。

ちなみにJJの新しいシリーズを除いて、テレビドラマキャストの映画版で最高傑作は4作目「スター・トレック 故郷への長い道」です。昔、VHSビデオ持ってたのですが、予告みたらまた見たくなってきた。

MODERN TRAILER - Star Trek IV The Voyage Home
https://www.youtube.com/watch?v=Zcc0jw4s91Y


「ヘレディタリー / 継承」
Hereditary
2018年/アメリカ (監)アリ・アスター
(演)トニ・コレット ガブリエル・バーン アレックス・ウォルフ ミリー・シャピロ アン・ダウド
☆☆☆★★★

175287_01.jpg

今、公開中の話題の映画「ミッドサマー」のアリ・アスター監督の名前を世に知らしめた作品。ライムスターの宇多丸さんが、この映画をムービーウォッチメンの2018年のベスト1にチョイスしていたのを最近知って、気になってDVDレンタルしました。

グラハム家の祖母エレンが亡くなる。娘のアニー(トニ・コレット)は、夫と2人の子供たちとともに葬儀を行う。それ以来、グラハム家では奇妙な出来事が頻発しはじめる・・。

あんまり詳しくはストーリーは書けないのですが、色々と本当に怖い映画です。監督の思い入れの軸足が普通の人間たちの家族にはないからなんですが、それが最も発揮されるのはあの、晴やかなるラストシーンですね。

色々あったけど、「良かったね~。ホント、おめでとう」ってなるのが、めちゃくちゃ恐ろしいんですよ!

まあ、ちょっと見てみてとしか言えないので、ホラーが平気な方は是非に。ホラー版「普通の人々」って評している方も多いですが、それも、鑑賞の上ご確認下さいませ。

物凄い存在感で恐怖を盛り上げてくれた娘役のミリー・シャピロですが、素顔は可愛い眼鏡っこお嬢さんなのでご安心を。良い女優さんに成長してくれると良いな。

f7c67322e99c9542.jpg

「赤穂浪士」
1961年/日本 (監)松田定次
(演)片岡千恵蔵 中村錦之助 東千代之介 大川橋蔵 丘さとみ 中村賀津雄 松方弘樹 里見浩太朗 小暮美千代 近衛十四郎 大河内伝次郎 山形勲 月形龍之介 大友柳太郎 市川右太衛門 堺駿二
☆☆☆★★

2d6a3ea8e690e372f61eff64a947bdcd.jpg

東映の創立十周年記念映画。大佛次郎の原作を、小国英雄が脚色、松田定次が監督した「忠臣蔵」映画です。

アマゾンプライムにアップされてたので鑑賞。「忠臣蔵」はこれはもう定期的に見たくなる映画で、このバージョンも当時の時代劇俳優が総動員されてて面白かったです。

この映画の中の出てくる役者さんみたいな演技をする人はもういないので、若い人も観ると良いよ。

今回は、浅野内匠頭=大川橋蔵 大石内蔵助=片岡千恵蔵 吉良上野介=月形龍之介です。

「忠臣蔵」で私が一番好きな立花左近(垣見五郎兵衛の時もある)のシーン、今回は大河内伝次郎が立花左近でした。

これ、当時のニュース映像もあって貴重。ツァラトゥストラの音楽もおおげさで良い!

【1961年東映】赤穂浪士 予告篇

https://www.youtube.com/watch?v=jGsbkCqH_Aw


「ベイビー・ドライバー」
Baby Driver
2017年/アメリカ (監)エドガー・ライト
(演)アンセル・エルゴート リリー・ジェームズ ケヴィン・スペイシー ジェイミー・フォックス ジョン・ハム ジョン・バーンサル
☆☆☆★★

91Q6ko4nTGL._AC_SL1500_.jpg

公開時気になっていながら見に行けなかった本作、テレビ放映されたので録画して鑑賞。吹き替え。

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、“ベイビー”。子供の時の事故の後遺症で常に耳鳴りに悩まされている彼は常時音楽を聴いている。

ある日、運命の女性デボラと出会った彼は、犯罪から足を洗う事を決意する。しかし、仲間にデボラの存在をかぎつけられ、ベイビーは無謀な犯罪に手を貸すことになってしまうが・・。

スタイリッシュな犯罪アクション映画。タランティーノの映画が、もっとず~~っとお洒落に、ず~~っと繊細になった感じの映画でした。まあまあ面白かったけど、評判ほどの作品とは思えなかったかな~~。

この路線なら、私はライアン・ゴズリングの「ドライブ」の方が全然好きかな。

 この映画のこの1曲

サム&デイブは大好きでLPアルバム持ってて、よく聴きました。これが流れて凄く嬉しかった!

Sam & Dave - When Something Is Wrong With My Baby (Baby Driver Soundtrack)
https://www.youtube.com/watch?v=mdZuAH_i-Uc

コロナ騒動も収束にはほど遠い様です。皆様もお気をつけ下さいませ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年04月06日 00:22
こちらにも。
この中では「ベイビードライバー」を見ました。
テレビ放映されたのですね。

私もすごく期待して見ましたが
まあまあ... という感じだったかな?
私もドライヴの方が好きです~♪

主演の2人はかわいかったですね。
アンセルくんは、ウエストサイドストーリーが楽しみすぎです♪

https://blog.goo.ne.jp/serendpt3/e/4f64e3ce66566da94be68416b16634f2
2020年04月06日 00:29
ごみつさん☆
沢山ご覧になられましたね~
「カウボーイ&エイリアン」は見たのか見てなかったのか思い出せないけど、きっと見ました。多分記憶から消し去った作品と思います。
「ウィンチェスターハウス~」は気になりますぅ。ホラー最近遠ざけているところあって悩むけど・・・実際の話っていうのが凄いですね。
「スタートレック~」はまあまあ面白かった記憶です。劇場版しか見てないからかも(笑)
「ヘレディタリー~」は私も「ミッドサマー」見てから気になっているのですが、これも怖そうでパスしてきた作品。いよいよ見るかなぁ・・・
「ベイビードライバー」全く同じ感想です!冒頭とか良かったけど、ラスト思い出せません。「ドライブ」のほうの大人ドライバーな感じが好き♪
2020年04月06日 07:55
「ベイビードライバー」観ましたけど、僕はドライブよりこちらの方が好きです。というのは、ミーハーだからかも知れません。観易い方になびいてしまいます。

「ドライブ」って、戦うタクシーみたいな感じですかね。イエローキャブだと、素晴らしい改造を施して、大都会を疾走するスピーディな展開になるかも知れません。

車って運転すると、本性が出ると思います。戦わないタクシーが本来の姿でしょうけど、スピードを飛ばすって、スローライフとか安泰した生活ではなく、消費型なんでしょうね。「ドライブ」は、激しいチェイスもありますが、主人公の気質はたゆたうようで、マイペースな人でしたね。そのテクニックと気質の矛盾があるから、得も言えぬ矛盾があって、思想と生きる術との調和に至り、独特の雰囲気があるのかも知れません。
ごみつ
2020年04月07日 01:45
セレンディピティ さん

こちらにもコメント有難うございます。

「ベイビー・ドライバー」は、もうちょっとスタイリッシュでお~~!っと驚く展開の映画なのかなって思ってたので、意外とオーソドックスでちょっと拍子抜けしました。でも、普通に面白かったです。ラストも盛り上がりましたしね。

それにしても、私、ケビン・スペイシーは大好きな俳優さんだったので、セクハラ事件で消えちゃったのは本当に残念です。あれだけひどい事してたら、もう復活出来そうにもないですよね~。

スピルバーグの「ウェストサイド」は本当に楽しみですね!スピルバーグ初のミュージカルだし、どんな映画になるんだろう~。(*'ω'*)
ごみつ
2020年04月07日 01:51
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは。
先月、まとめ記事つくれなくて2か月分まとめちゃいました。(;^ω^)

「ヘレディタリー」は、怖いけど、ちょっと普通のホラーじゃないんですよね。とっても変わってます。元気な時にでも是非!
「ウインチェスター」は実話ベースとは言え、思いっきり創作のお話で、なかなかオーソドックスなホラーでした。大した映画ではないんだけど、まあまあ楽しめると思います。

「ベイビー・ドライバー」はハッピーエンドでしたよね。思ってたよりず~~っと普通の娯楽映画でした。やっぱ、「ドライブ」の方が大人向けですよね。でも若い人には「ベイビー」の方がグっとくるかもしれないな~。
ごみつ
2020年04月07日 01:59
隆 さん

こんばんは。

隆さんは「ベイビー」の方がお好きなんですね。ちょっと意外な感じがしますけど、「ベイビー」の方が明るくて優しい雰囲気があって見やすかったです。

確かに「ドライブ」は、主人公の心の中の闇が深いので、「ベイビー」に比べると重たい感じはありますよね。それとドラマとしてのひねりが、「ドライブ」より効いてました。

私はドライブの、ちょっとハードボイルドなテイストが大好きなのです。車のシーンも、無理なカーチェイスシーンではなく、リアルな感じがあって、そのあたりのちょっと70年代っぽい感じにもしびれました。(*´Д`)