丹下左膳 飛燕居合斬り

1966年/日本 (監)五社英雄
(演)中村錦之助 木村功 淡路恵子 入江若葉 藤岡琢也 丹波哲郎 大友柳太郎
☆☆☆★★★

71z9vNRseLL._AC_SY879_.jpg

アマゾンプライムで鑑賞。これ良かった!個人的に萌えどころがたくさんある作品でした。

そもそも、丹下左膳というキャラクターは、林不忘の新聞連載小説「新版大岡政談」の中の一キャラクターであったものが、隻眼隻腕、白の着流しの虚無的な人物像が人気を呼び、独立した作品の主人公となったものなんですよね。

映画化される場合は、私が観た範囲では必ず「こけ猿の壺」のエピソードが使われてて、この作品もそうでした。

「百万両の壺」争奪戦みたいな内容です。ザクっとストーリーを書くと、柳生藩をとりつぶそうと画策する幕府の重臣が、柳生家に日光東照宮の修理を命じる。これが出来なければ藩はおとりつぶしとなってしまうから、さあ大変。柳生家に代々伝わる「こけ猿の壺」には百万両の隠し埋蔵金のありかが記されている事を知った者達による、壺の争奪戦がメインストーリーです。

あれやこれやと大騒動があって、最後は大岡越前の采配により、めでたしめでたしに決着するお話。

この映画では、丹下左膳がなぜ隻眼隻腕になったのかというエピソードが冒頭にあるのですが、武士の生き方に愛想をつかした左膳は、ニヒリストになっています。

g334013615.1.jpg

萌えポイントは2つあって、一つは相馬藩士だった頃の幼馴染の女性萩乃が、左膳を探し求めてやっと出会えたシーン。萩乃が「左馬之介様・・」と感涙する中、左膳は人違いだと言ってひどい言葉を彼女に浴びせるのですが、そのシーンの良いことよ良いことよ。ここだけ繰り返して見ちゃいました。(笑)

もう一つは、壺を見つけられない柳生源三郎(木村功)が、切腹しようとした時の左膳の姿。ああ、この人、ニヒリストになってはいるけれど、侍の生き方へのシンパシーは全く失ってないんだな・・っていうのがわかるシーンで良いんですよ。

あとね、ちょっとさびしん坊(笑)な表情を見せるところとか、やっぱ中村錦之助最高!丹下左膳は演じるのがなかなか難しいキャラクターだと思うのですが、錦之介らしい左膳になっていて私はとても満足しました。

もともと丹下左膳を演じてきていた大友柳太郎が大岡越前役で出てます。監督はテレビ界から抜擢された五社英雄ですよ!

丹下左膳っていうキャラクターは色々とエロスなんですよ。中村獅童とか、仲代達矢さんも左膳演じてるので、また色々な役者さんの見てみたいです。

unnamed.jpg

丹下左膳〈2〉こけ猿の巻 (光文社時代小説文庫) - 林 不忘
丹下左膳〈2〉こけ猿の巻 (光文社時代小説文庫) - 林 不忘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年06月09日 22:31
ごみつさん☆
ひえ~
丹下左膳とはまた渋いですね~え。
登場人物から役者さんまで、私には残念ながら良く存じ上げない人ばかりです・・・が、ごみつさんが何度も繰り返して見てしまうシーンがあるくらいですから、かなり見応えがあるのですね♪

ごみつ
2020年06月09日 23:51
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは。
「丹下左膳」面白いですよ。異色なキャラクターです。
一番見やすいのは、トヨエツ版かな。今度、中村獅童のも見てみるつもりです。

この映画のキャストだと丹波哲郎ならご存知かな。ちょっと昔の映画はかなりの確率で丹波哲郎が出てます。(笑)
2020年06月10日 23:28
ごみつさん、こんばんは。
丹下左膳、なかなか色っぽいキャラクターのようですね。
私も何か見てみたいなー。

実は私は、丹下左膳のことは
かこさとしさんの絵本「だるまちゃん」シリーズで知ったんですよ。
丹下左膳と、座頭市が出てきます。
子どもには早いから、と排除しないで
よくわからなくても、興味を持たせる
かこさとしさんのセンス、すごいと思います。
ごみつ
2020年06月10日 23:38
セレンディピティ さん

こんばんは。
え~~、「だるまちゃん」にも登場してるんですね。今、ちょっと検索したら雪だるまなんですね。可愛い~。

見た範囲での最高傑作は「丹下左膳余話 百万両の壺」なんですが戦前の作品で古いので、やっぱり豊川悦司版が一番見やすいと思います。もしもテレビ放映とかあった時にでも。
ただ丹下左膳は(座頭市も)地上波での放映はないだろうな~。(;・∀・)
kinkacho
2020年06月12日 20:11
ごみつさん、こんにちは。
丹下左膳は刀の鞘を口で咥えて抜刀するのがツボです。
今の役者さんは腰が高いので、殺陣が軽くなるのが難点です。その点、錦之助さんはどっしりしてていいですよね。
時代劇は重心を下げてなんぼですわ。
ごみつ
2020年06月12日 21:10
Kinkacho さん

こんばんは。
今の俳優さんは、背が高くなってて足が長いのも、いまひとつ重心がさがらない理由かもですが、そもそもそのための訓練がされてないのが大きいんでしょうね。

錦之助は殺陣の見事さに定評があるので、見てて凄く安心感があります。三船敏郎とかも見事ですよね。

そうそう、丹下左膳は刀の鞘を口で咥えて抜刀するシーンも見せ場ですよね~。
時代劇はこんなにも面白いのに、何で日本では人気落ち目なんだろう。中国でも韓国でもバンバン作られてるのにな~。