新解釈・三國志

2020年/日本 (監)福田雄一
(演)大泉洋 賀来賢人 橋本環奈 山本美月 岡田健史 橋本さとし 高橋努 岩田剛典 渡辺直美 磯村勇斗 ムロツヨシ 山田孝之 城田優 佐藤二朗 小栗旬 西田敏行
☆☆☆★★

ポスター_sangokushi.jpg

https://shinkaishaku-sangokushi.com/

もう絶対にくだらないし、見に行った事を後悔するであろう事も予測出来ていながら、行かずにはいられなかったのです!

何故なら私は「三国志」が大好きだからなのです!

と言う事で「どうしてこんな、テレビのバラエティのコントみたいな映画にするかな~」と脱力しながら鑑賞、帰宅してきましたが、見に行って良かったナ。

「三国志」なんてもう2000年近く、こんな二次創作繰り返してきてるんだからいーんじゃないの、っていう感じ。たまに笑えたし。


福田雄一監督って、ドラマ「聖☆おにいさん」の監督さんなのね。なので、全編にわたって不真面目な脱力ギャグの構成になってます。

この映画を受け入れられるかは、「三国志」が好きはどうかではなく、このテイストのギャグが受け入れられるかどうかにかかってます。

別に三国志を知らなくても全く問題ないので、テレビで放映された時にでも、お暇でしたらどうぞ。

無駄に豪華キャスト(だから最後まで見ていられるってものある)なので、メインキャラだけご紹介

劉備(大泉洋)
基本あんまりやる気ないけど、お酒が入るといきなり熱い男になる。

img_ryubi_1b.jpg

諸葛亮孔明(ムロツヨシ)ええ加減にしてくれっていう孔明です。ほとんどの策は黄夫人が練ってます。(笑)

新解釈三国志諸葛亮.jpg

趙雲(岩田剛典)
ナルシスト

iwata-e1596592940486-718x988.jpg

董卓(佐藤二朗)
けっこうウケる。面白い。

img_toutaku_1.jpg

呂布(城田優)
凄いバカ

img_ryofu_1.jpg

貂蝉(渡辺直美)
めっちゃもてる。

aabe69fa.jpg

黄巾(山田孝之)
ゲイトキーパーやってて馬鹿

img_koukin_1.jpg

孫権(岡田健史)
この映画の登場人物の中で一番の馬鹿(笑)

新解釈三国志孫権-718x1024.jpg

周瑜(賀来賢人)
この映画の中で二番目の馬鹿。ウケるシーン多し!全編を通じて走ってる。

img_shuyu_1.jpg

曹操(小栗旬)
この曹操は良かったよ。この映画の中では黄夫人(孔明の妻)の次に頭いい。

img_sousou_1.jpg

この映画のこの1曲 

主題歌が福山雅治なんですよ。このどうしようもない映画のエンディングをカッコよく〆てます。

革命 作詞・作曲:福山雅治2020FNS歌謡祭

https://www.youtube.com/watch?v=hS3LqbjdCUE

年が押し迫ってきましたね。焦らずに頑張りましょう~~。それにしてもイギリスから変異コロナウィルスが上陸しない事を願うばかりですね。


パリピ孔明(1) (コミックDAYSコミックス) - 四葉夕卜, 小川亮
パリピ孔明(1) (コミックDAYSコミックス) - 四葉夕卜, 小川亮

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2020年12月26日 17:21
ごみつさん☆
これこれ~!
三国志だからきっとご覧になると思って、じーっとレビューを待っておりました!
そっか、じゃあTVで見よう~♪(爆

「聖☆おにいさん」と「銀魂」は原作が大好きなので実写も好きなのですが、「今日からオレは」とか他のものはどうにもナンセンスギャグに身体が付いていけないのです・・・ fuluでメイキングを見て暫く楽しみますね♪
ごみつ
2020年12月26日 18:26
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは。
やっぱ、見に行くだろうな~って思ってましたか。(笑)
これは、「三国志」ファンの間でもかなり観客を選ぶと思います。
最低点つけて怒ってる人たくさんいました。

劇場鑑賞は全くお勧めしませんので、テレビででも是非。
メイキングはyoutubeにもあがってますよね。いずれ凄いヒマな時にでも(笑)見てみようかな~~。

これ中華圏でも公開になってるそうで、向こうの人達、怒ってないかと心配だし、ちょっと恥ずかしいです。( ̄▽ ̄;)
himary
2020年12月28日 10:42
ごみつさん、見たんですね〜(^^)
私もすごく見たい!と思ってるのですが、高齢の母のもとに通う身としてはやはり行けなくて・・・このところ感染者が急増してるし・・・
中国映画でやはり三國志のギャグパロディものを見たことがあるし、くだらないの大好きだし、こんな時世だから肩の力を落として大好きな三國志の世界のギャグに浸るのもなかなか良いではないかもおもいます。
周瑜は役者さんで何となく想像できましたが、呂布や孫権もそうなんだ。う〜ん、やはり見てみたい。
ヌマンタ
2020年12月28日 13:29
あァ~これ、私は拒否派で確実ですね。エンターテイメントなんだから、楽しければ良しなのですが、吉川・三国志にドはまりした私には無理っぽそう。

この年になると、正史の三国志と、創作の三国志演戯との違いに目がいきがちで、上映中にケチつけそうな私が嫌。

三国志演戯が面白いのは、後の五代十六国時代のエピソードが入り混じって構成されているからでしょう。異民族ゾロゾロの時代のほうが、シナの歴史は面白いです。
ごみつ
2020年12月29日 01:35
Himary さん

こんばんは。

冬になって感染者が急増してますから、高齢の御身内がいらっしゃると、なかなか劇場は難しいですよね。

私も家に高齢者がいたら、かなり気を使うと思います。

この映画、」ホント~~にくだらないので、DVDで十分だと思いますよ。(笑)
「三国志」が好きだから笑えるか、「三国志」が好きだから怒るのか、もうこれは見てもらわないとその人次第って感じです。

マジメな人物は一人もいないし、まあ全員バカです。(爆)そういう「三国志」でした。(;'∀')
ごみつ
2020年12月29日 01:42
ヌマンタ さん

こんばんは。
これはハッキリと「見なくて良い」と断言出来ます。

でも、これだけくだらないともはや「三国志」世界ではないので、逆に楽しめるかも?

「三国志演義」が書かれたのは明代でしたっけね。当時の世相なんかも織り込まれて、あれほど面白くなってるんでしょうね。

まあそれにしても「三国志」の面白さは異常ですよね。(笑)ホント凄いと思う。