新感染ファイナル・エクスプレス / 新感染半島ファイナル・ステージ

アマゾンプライムにて1作目の「ファイナル・エクスプレス」を有料鑑賞。その後、劇場公開中の「ファイナル・ステージ」を見に行ってまいりました!

「新感染ファイナル・エクスプレス」
부산행
2016年/韓国 (監)ヨン・サンホ
(演)コン・ユ チョン・ユミ マ・ドンソク キム・スアン チェ・ウシク
☆☆☆★★★

172215_03.jpg

時速300キロメートル以上で走行中の高速鉄道の車内を主な舞台として、ゾンビのパンデミックによる恐怖と、それに巻き込まれた人々の人間模様を描いた作品。公開時大ヒットしていながら見にいけず、今回続編の公開を機にアマゾンプライムにて鑑賞。

みんなゾンビ映画がホントに好きですよね。(笑)私は実はそれほど好きでもないのですが、この作品は人間ドラマ部分がよく描かれている上に、ゾンビ映画としても王道の描き方をしていてとても楽しめました。

ゾンビものは、その映画の中でのゾンビの特徴を細かく設定する事で、緊張感やサスペンスシーンを演出する事が出来るので、わりとゲームっぽい展開になるんですよね。

今回の舞台は高速で移動する列車内。狭いながらも車両が連なっているので、一つ一つの車両をクリアしていく緊張感の演出がまずうまかった。

ファンドマネージャーである主人公のコン・ユは、娘を別居中の妻のいる釜山へ送り届ける途中だった。ゾンビ襲撃の中で、自分自身の生き方を見つめ直し、家族との絆を再び取り戻していく過程がせつなくてドラマとしても楽しめます。

小さなエピソードながら私が最も、心をうたれたのは年配の姉妹の、姉の方がゾンビになってしまったシーン。妹が「姉さん、本当に苦労ばっかりの人生だったね・・」というセリフで涙腺崩壊。

これまで韓国が辿ってきた歴史が、たったあの一言に凝縮されてるんですよ。

今、映画好きの野郎たちの間でアニキとして人気のマ・ドンソクも漢気のあるキャラクターで活躍していますし、普通に面白いのでゾンビが嫌いでなければどなたにでもお勧めです!


「新感染半島 ファイナル・ステージ」
반도
2020年/韓国 (監)ヨン・サンホ
(演)カン・ドンウォン イ・ジョンヒョン イ・レ クオン・ヘヒョ キム・ミンジェ キム・ドゥユン
☆☆☆★★★

320.jpg

https://gaga.ne.jp/shin-kansen-hantou/

やっと1作目を見たので満を持して劇場へ。

これはファイナルエクスプレスから4年後の世界。人々は母国を捨てて海外へ難民として避難している世界です。北朝鮮とは国境が封鎖されていたため、感染が内陸へと広がるのは抑えられているという設定がまず面白かった。

なので、よく各国が韓国からの難民を受け入れてくれたよな・・と思ったりしました。一人ゾンビが出たらそこからネズミ算的に広がっちゃうもんね。

ところでこの2作目で非常に感心したのは、前作の成功方式を捨てて、まったく新しい映画になっていた事でした。アクション度が非常にあがっています。

香港で差別されながら生活をしていた主人公のカン・ドンウォンと義兄のキム・ドゥユン達4名は、香港の闇組織から呼び出され、ソウルに乗り捨てられたトラックにある2000万ドルを持ち帰る仕事を依頼される。大きな危険をともなう仕事のため報酬は50%という破格のものだった。

新しい生活を夢見る4名はその仕事を引き受け、韓国へと密航する。

打ち捨てられたソウルは、ウィル・スミスの「アイ・アム・レジェンド」みたいな世界。ゾンビ達は夜間は目が見えないため、活動できるのは夜間のみ。目が見えなくても音に反応して襲ってくるので「クワイエット・プレイス」みたいな世界でもあります。

まあとにかく気が抜けない怖~い世界だっていう事なんですが、恐れるべきはゾンビ達だけではなく、打ち捨てられた韓国で傍若無人にふるまう民兵組織の存在もあって、このあたりは誰でも感じる様に「マッド・マックス」の世界であり、「ニューヨーク1997」みたいな感じです。

かようにあれこれ色んな映画のシーンを想起しますが、しょっぱなからラストまで緊張感の糸が全く途切れずに続くのはなかなかの手腕だと思いました。ラストがちょっとひっぱりすぎなのが残念だったかな~。

キャストなんですが、主人公のカン・ドンウォンは非常~にハンサムです。義兄のキム・ドゥヨンは「哭声」で日本語通訳やってた人ね。キム・ドゥヨンはもともと服飾関係の仕事を目指していて日本の文化服装学院で学んでいた事があるそうです。あと、母親役を演じてたヒロインのイ・ジョンヒョンは中華ドラマ「恕の人 -孔子伝-」で南子を演じてた人なのね!

アクション映画として見ごたえありましたので、DVDになった時にでも是非。劇場公開はもうすぐ終了になります。

ヨン・サンホ監督によるアニメ版もあるそうなので、そちらは今度DVDレンタルで見てみようと思っています。

ソウル・ステーション/パンデミック [DVD] - ヨン・サンホ, ヨン・サンホ, シム・ウンギョン, イ・ジュン, リュ・スンリョン
ソウル・ステーション/パンデミック [DVD] - ヨン・サンホ, ヨン・サンホ, シム・ウンギョン, イ・ジュン, リュ・スンリョン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2021年01月24日 16:30
ごみつさん!
1作目もしっかりご覧になって挑まれたのですね!?
私もゾンビものは好きじゃないのですが、この「新感染~」と「ゾンビランド」と「ショーン・オブ・ザ・デッド」と邦画の「アイアムアヒーロー」だけは大好きです♬
ファイナルステージはラストが引っ張りすぎてて、逆に冷めちゃうよね~
アニメの方も是非見て~3作ともテイストが全く違うので、監督すごい!って思っちゃいます。
2021年01月24日 22:18
ごみつさん、こんばんは。
新感染見に行かれたのですね~
ファイナル・エクスプレスはお話をうかがって
「カサンドラ・クロス」(1976) みたいと思っちゃいました。
ファイナル・ステージは続編とはいえ
まったく違う作品なのですね。
単品で見てもわかるように作られたのでしょうか。
はらはらしながら、楽しく見れそうです。
劇場は無理かもですが
いずれ配信になったら見てみたいです。
ごみつ
2021年01月25日 00:12
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは。
実はプライムの100円期間を逸してしまい300円で鑑賞しました。(;^ω^)

それでもやっぱり1作目は見ておかないとな~と思って。でも見てから2作目にでかけて良かったです。

どちらも良く出来てますよね。ゾンビにかまけてドラマ部分がおざなりになっていないのが素晴らしかったです。両方とも面白かった。

「アイ・アム・ヒーロー」は私も好き。日本映画でもこれだけ面白いゾンビもの描けるんだなって嬉しくなりました。やっぱ、日本のコミックは凄いね。

前から何度も書いてますが私のマイベストゾンビ映画は「バタリアン」です。(笑)
あと、「ワールドウォーZ」も良かったな~。(*‘∀‘)


 
ごみつ
2021年01月25日 00:17
セレンディピティ さん

こんばんは。

このシリーズは、ゾンビシーンがちょいとグロいので、あんまりセレンさん向きじゃないかもですが、映画として面白いですよ。
テレビ放映でもあったら、いかがでしょうか?

1作目と2作目では、全く異なるシチュエーションで、2作目から見ても全然大丈夫って感じでした。

3作目あるかな?あの後の韓国の処理をどうするつもりなのかとか気になります。

あと御多分にもれず、これもハリウッドでのリメイクが決定してるそうですよ。(^▽^;)