NHK大河ドラマ 麒麟がくる その2

大河ドラマはとにかくオールスターキャスト。色々な俳優さんが様々な役を演じるのを見るのも本当に楽しみの一つです。

その2では、主人公以外で、演技やキャラクターが際立っていた何人かをご紹介して、このドラマの記録とします。

まずは何と言っても染谷将太演じる織田信長!染谷将太はめっちゃ演技がうまいのですが、流石に「信長はどうなの!?」っていう印象が最初はぬぐえませんでした。ところが、回を重ねるにつれ、もう本当に信長らしくなっていったのは凄かった。若干サイコパスで、人の心の機微がわからない人物として描かれていたのも良かった。染谷将太自身、インタビューで、この1年、自分の中にいる信長の事が常に頭にあったって言ってました。

001.jpg

川口春奈演じる帰蝶(濃姫)斎藤道三の娘。彼女も父親の血をひいていてサイコパス。(笑)この役は確かに沢尻エリカの方が向いていたかもしれないけど、川口春奈がすっごくきれいなので彼女で良かったです。

001_size9.jpg

坂東玉三郎演じる正親町天皇(おおぎまちてんのう)さすが、玉三郎って感じで雅な演技が見事でした。どれほどの事があっても決して表情を変えないんですよ。天子であるっていうのは大変な事だよなって。

2175201_202010260498210001603680280c.jpg

尾野真千子演じる伊呂波太夫(いろはだゆう)架空の人物だけど、出雲阿国がモデルではないかとの事。子供の頃に方仁親王(正親町天皇)に出合いその優しさと美しさに心を打たれ天皇家の再興を願っている。

11.jpg

尾美としのり演じる土岐頼芸(とき よりのり)。もとは美濃の国の守護だったが商人だった斎藤道三にのっとられる。嫌な男で、斎藤高政が父親に対して挙兵したきっかけのウソをつく。彼の事が気になって、けっこう源氏の流れを調べたりした。もっと詳しく知りたいな。

2152142_201912290747608001577553258c.jpg

片岡愛之助演じる今川義元 いつも公家っぽい感じで登場するのに、この今川義元はすごく男らしくて新鮮だった。

imagawa.jpg

佐々木蔵之介演じる秀吉。信長配下だった頃の秀吉を見るのは楽しい。武士が基本的に大嫌いっていう設定で、このドラマでは悪役に徹してました。

2152141_201912290029338001577553278c.jpg

風間俊介演じる徳川家康。色々とありましたが、最終的に麒麟をつれてくるのは彼だし、東京に住む人はいまだに彼の恩恵を受けていると言って過言じゃないと思います。

20191227-kiringakuru-12.jpg


[麒麟がくる] オープニング映像 | タイトルバック | 音楽 ジョン・グラム | NHK

「麒麟がくる」は休止期間が長かったせいもあってか、珍しくNHKがオープニング映像をアップしてくれてます。光秀の前に顕れかけている光り輝く麒麟の姿を見て!(号泣)

https://www.youtube.com/watch?v=UckZsPuG-ZY

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2021年02月20日 00:24
ごみつさん、こんばんは。
すみません。大河ドラマはまったく見ていないのですが。。。
昨年は年を越して、だいぶ長引いたのですね?
と思ったら、コロナの影響でしたか。
今年は少しずらしてはじまったのでしょうか。

染谷さんの演技はいつか見てみたいと思いながら
実はまだ見たことがないのです。
もっくんは、坂の上の雲での演技が印象的でしたが
ほんとうにいい役者さんですね。
ごみつ
2021年02月21日 00:55
セレンディピティ さん

こんばんは。
セレンさんは連続ドラマがあまりお好きじゃないから、まる1年続く大河はちょっと厳しいですよね。
歴史の勉強のつもりで見れば、こんなに面白い教材もないので、興味のある時代の時にトライしてみても良いかも?('ω')

そうそう、コロナで撮影が出来なくなって2か月も中断しちゃったんですよ。しょっぱなから沢尻エリカのせいで2週も遅れてたのに、本当に気の毒でした。

染谷将太は、私もたくさん見てるワケじゃないのですが、見ると毎回とても上手いです。
ちょっと辛い映画ですが、「ヒミズ」とか凄い良かったですよ。
2021年02月21日 21:57
ごみつさん、こんばんは。

「麒麟がくる」途中で脱落したりしましたが、大詰めになって目が離しせなくなり、本能寺とその後をどう描くのかドキドキして最終回を迎えました。
…正直なところ、私はあのラストシーンにはズコーだったのですがw だって玉以外の子供達や家臣が自害して一族ほぼ滅亡なのに、光秀が颯爽と生き残ってるって…。生存説採用するなら、いっそ天海大僧正が実は光秀という都市伝説まで突き抜けてくれてもよかったのになんて思いました。
私は主人公が非業の死を遂げるのが好きなのですが(大河だとタッキーの義経が自害して、家臣達が「殿ー!」って慟哭するのとか)、光秀の場合の農民に竹槍で落武者狩りされて…というのは陰惨過ぎて描くのを避けたのかもしれませんね。

文句はさておいて、本能寺の場面はすごく良かったです。染谷将太、新しい信長像をよく演じ切ったと思います。
ハセヒロは前半は本木道三の華やかさと重厚さに押され気味、再開後も美味しい役回りに見えなかったのですが、本能寺が迫ってきて狂気も帯びるようになってからの演技はさすがでした。
蔵之介やユースケも上手かったのに、物語や演技が佳境に入ってきたところで、次のシーンに移ってしまうことが多かったのが、残念でした。これはコロナによる中断で予定が狂ったせいかもしれませんね。
川口春奈は最初の頃あんまり上手くなかったのに、どんどん時代劇の感じを掴んでいって素晴らしい帰蝶になりましたね。
左馬之助の間宮祥太朗も同じようにとても良くなってたのに、後半出番少なくて残念。十兵衛の長女・岸の再婚相手ということにも触れられず、有名な琵琶湖を馬で渡る場面は見たかったなあ。

とにかく度重なるアクシデントの中、完結出来ただけでも拍手を送りたいですね。特にハセヒロはよく腐らずに誠実に演じ切ったと思います。
コロナが収束したら、安土城や坂本城の趾をまわってみたいなと考えています。
ところで「青天を衝く」まだ2回目ですが、いいですね!ま農民の労働の描写が素晴らしいです。
ごみつ
2021年02月21日 23:11
夏 さん

こんばんは。
波乱万丈の「麒麟がくる」、とうとう最終回を迎えましたね。

確かに私もあのラストには「え!?」ってなりました。光秀が死んだのか生き残ったのかはあやふやなラストではありましたが、天海大僧正=光秀説は、流石にとりあげるのはムリだったんでしょうね。

落ち武者狩りに殺されてしまうなら、それはそれでドラマチックなエンディングには出来たかもですが、やっぱりかなり辛かったろうな~。


十兵衛は、道三のもとでは、けっこうな使いっぱしりでしたが(笑)、そうする事で歴史の舞台に顔を出せる様にしてましたよね。光秀は大河の主役武将としてはかなり地味なので、これ、ハセヒロ、演じるのは本当に難しかったろうな~って思いつつ1年鑑賞しました。

そうそう!それと本能寺まぎわの光秀の演技は素晴らしかったですよね。内面の葛藤と謀反を起こすまでの鬼気迫る感じが凄かった。

ところで左馬之助が岸と再婚したのは知ってましたが、琵琶湖を馬で渡るのエピソード、はじめて知りました!面白いですね。

まあそれにしてもコロナのせいで話数が減ってしまった分、はしょらざるを得ないところがたくさんあったでしょうね。残念ではありますが、とても良い大河だったと思いました。

「青天を衝く」は録画だけしてあってまだ見れてないのです!今度のお休みにまとめて見るつもり。楽しみです~。(*‘∀‘)
ヌマンタ
2021年02月25日 11:14
ドラマは全く視てないのですが、近年明智への再評価の気風に乗った作品だろうと思いました。徳川の世が長かったので、どうしても悪役にならざる得ない人だったとは思います。ただどう再評価しても、信長の配下の武将たちからの人望がなかったのが致命的。頼みの藤川からも見放されたことからしても、最終的に信がおけない人と思われていたのでしょうね。

秀吉は光秀のライバル筆頭ですから仕方ありません。また家康は最後の最後まで信長との同盟だけは裏切らなかった。これは戦国時代でも稀有なことだと思っています。それゆえ家康が明智を信頼するわけないと言わざるを得ませんね。
ごみつ
2021年02月25日 23:27
ヌマンタ さん

こんばんは。

明智光秀はやっぱり再評価の気風があるんですね?
このドラマでは、光秀一人であれだけの謀反を起こしたとは考えにくく、誰か黒幕がいたのでは・・という脚色にもなってました。

ところが実行したら誰も味方になってくれなかったんですよね。
ドラマの光秀はホントに魅力的な人物だったので、最終回はなかなかショックです。

そうそう細川藤孝は、それまでめちゃくちゃ仲良しだったのに、結局助けてくれなかったんですよね。
やっぱり人望がなかったのでしょうね・・。

家康は本能寺の変のせいで死にそうになってますよね。(伊賀越え)本能寺の変に関しては謎も多いし、色々と気になります。