朗読 最後の将軍 徳川慶喜

緊急事態宣言が出てから出社時間も帰宅時間も早めになっていて、行きも帰りも電車で座れない日々が続いています。

通勤電車では本を読むのが定番の日課なのですが、立ったままでは辛く、最初アマゾンミュージック(プライム会員だとけっこうな数の音楽が無料です)を聴いたりしてたのですが、ふとしたきっかけでYoutubeにあがってる本の朗読を聞き始め、現在めちゃくちゃはまっております。

最も素晴らしかったのが、NHKラジオで4回にわたって朗読された司馬遼太郎の「最後の将軍 徳川慶喜」。これ全部で6時間以上あって、1週間ほどかけて聴きましたが楽しかった。

418bCWtZI6L.jpg

朗読がNHKアナウンサーの松平定知さんなので、見事な安定感でききやすかった。

「麒麟がくる」が終わって、現在新しい大河ドラマ「青天を衝け」がはじまりましたが、時代もピッタリでドラマの予習にもなりました。

それにしても徳川慶喜っていう人物は本当に興味深いですね。渋沢栄一の「昔夢会筆記―徳川慶喜公回想談」っていう著作があるので今度読んでみたい。

それにしても朗読って、帰りの疲れている時でも目をつぶってきけるのも良いし、面白いストーリーのものだと聞き入って時間を忘れます。

私、通勤が片道1時間30分ほどかかるので(通勤だけで毎日一万歩近く歩いてます。(;^ω^))本当に助かりますよ。

お勧め。皆さんもいかがでしょうか?

これまで下記の9作を聞きました。

芥川龍之介「ピアノ」朗読者不明
これが一番最初に聞いた作品。短い作品で朗読でも10分ありませんでしたが、この作品に心を打たれたのがスタートです。

O・ヘンリー「魔女のパン」 朗読カフェの石丸絹子さん朗読
外国文学はあまりないので珍しいのですが、ちょっと辛辣な話でこれも面白かったな~。O・ヘンリーの全部の作品を朗読で聞いてみたい。これは12分くらい。

江戸川乱歩「D坂の殺人事件」 声優の渡辺克己さん朗読

617PTAWl8wL._SX345_BO1,204,203,200_.jpg

有名な作品ですが、読んだ事なかったのです。明智小五郎の初めての登場作品。D坂とは千駄木にある団子坂の事なんですよね。以前の地元が舞台なのも嬉しいし、謎解きとしては単純ながらすごい面白かった。1時間13分くらい。

松本清張「家紋」 俳優の市原悦子さん朗読
いやいやいや、これはなかなかの作品で、流石は松本清張だと思いました。怖い作品です。映像化作品ないやろか?1時間7分くらい。

松本清張「左の腕」落語家の柳家小三治さん朗読
これもめっちゃ面白かった。江戸が舞台の時代物なので、柳谷小三治の朗読が本当にピッタリ。ラストのカタルシスが凄い。これドラマあるみたいなのよね。何とか見れないかな。やっぱ松本清張、最高!51分くらい。

藤沢周平「逃走」 俳優の笹野高史さん朗読
時代小説。江戸の市井の人々の描写が素晴らしい。藤沢周平らしい作品です。お話の落ちも見事でした。笹野さんの朗読も素晴らしいです。1時間5分くらい。

松本清張「いびき」落語家の柳家小三治さん朗読
これも時代小説。ひねりのきいた作品。松本清張は時代小説も本当に素晴らしいな。50分くらい。

山本周五郎「雨あがる」俳優/ナレーターの西村俊彦さん朗読

5134EScnQ1L._SX341_BO1,204,203,200_.jpg

映画は見た事あるのですが、原作を聞くのははじめて。腕はめっぽうたつが、何故か気が弱く、そのせいもあってなかなか仕官出来ない浪人の話。人情もの。良いな~、やっぱ山本周五郎良いな。1時間30分くらい。

林芙美子「骨」シャンソン歌手の若林ケンさん朗読

51c42tr2POL._SY498_BO1,204,203,200_.jpg

これは今回聞いた中では個人的には最高の作品。林芙美子、恐ろしい!こういう作品が描ける女流作家がいるんだなと思った。女性の哀しさとその内面の恐ろしさ。見事な作品でした。若林さんの朗読は独特の雰囲気があって悪くないのですが、時々失敗して読み直すのが残念だった。1時間7分。

こうして見ると短編でもだいたい朗読だと1時間弱って感じみたいですね。

こうなってくるとアマゾンオーディブルも気になるのですが、月会費1500円で1作無料、2作目からは30%引き。会員以外が単品で購入すると1作最低2000円~3000円してるんですよね。そのかわり新しい作品が聞けます。ちょっと迷ってるのですが、Youtubeにも他にもたくさんアップされてるのでもうちょいそっちで楽しもうと思います。

今は谷崎潤一郎の「吉野葛」を聞いてます。朗読が平幹次郎で素晴らしいんですワ。けっこう朗読は読み手によってかなりかわってくるので、そのあたりのチョイスも大切だな・・って思いました。


無宿人別帳 (文春文庫) - 松本 清張
無宿人別帳 (文春文庫) - 松本 清張

死の枝 (新潮文庫) - 清張, 松本
死の枝 (新潮文庫) - 清張, 松本



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2021年02月24日 10:46
こんにちは。

最近YouTubeを時々見ているのですが、朗読があるのですね!!知らなかった~!
いいこと教えていただきました。
早速先ほどO・ヘンリーの「善女のパン」を聞きました。O・ヘンリー好きなのでどんどん聞いていきたいです。
逆に普段読まないような作品も興味津々です。ごみつさんの挙げていらっしゃる作品、参考にさせていただこう~っと(*^-^*)
林芙美子の「骨」が気になります。
朗読だとキッチンでご飯を作りながらでも聞けるのでいいですね。

通勤1時間半もかかるのですね!!一万歩ってすごい!!
2021年02月24日 14:27
ごみつさん☆
通勤に1時間半もかかるのに更に一万ぽも歩かれているなんて!偉すぎます!!
それに加えてお仕事でも歩かれるのでしょう?
書店員さんてずっと立っていらっしゃる気がするし・・・頭クラクラしてきました。
お散歩で連日一万ぽ以上歩いたくらいでヘタレていてはいけませんね。

さて新しいNHK大河始まりましたね~
私の祖父母がおかいこを育てていたので親近感が沸いているところです。
朗読を聞くのは良いアイデアですね!

今、電子書籍を買ってシリィに音読してもらうのが流行っているそうですね。お仕事で疲れているときに私なら読書をしても朗読を聞いても寝ちゃいそうです(座れなかったら眠ることもできませんが・・・)
2021年02月24日 21:37
ごみつさん、こんばんは。
オーディオブックを始められたのですね!
私は聞くより読む方が、自分のペースで理解できるような気がして
これまでちょっと抵抗があったのですが
Youtubeでしたら気軽に始められるし、まずはトライしてみようかな。
声で作品を選ぶのもいいですね。
松平定知さんの語り口、私も好きです。
耳に浮かぶ?ようです~

アメリカは車社会で、通勤も車なので
オーディオブックで本を聞く人が多いと聞きました。
きっとラインナップも充実しているのでしょうね。
日本もこれからどんどん増えてくるといいですね。
ごみつ
2021年02月24日 23:21
瞳 様

こんばんは。
わ、早速「善女のパン」(私の聞いたのは「魔女のパン」でした。)聞かれたんですね。
スケッチの様な作品で10分程度なんで、何かやりながら聞くのにはもってこいの作品でしたね。
O・ヘンリー、もっと聞きたいですよね。

まだ聞き始めたばっかりで、深くは調べきれてないのですが、プロの方の朗読はやっぱりアップが少ないです。
朗読カフェみたいな、素人の愛好家の方がアップされてるのはけっこう色々ありました。

林芙美子の「骨」は、戦後間もなくの若い戦争未亡人の話で暗~いですが、人間というものの赤裸々な姿と心情告白が凄くて、静かな迫力のある作品でした。

色々探してみて下さいね。('ω')
ごみつ
2021年02月24日 23:30
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは。

自宅から職場まで正味1時間くらいなのですが、30分余裕を見て出ています。

自宅から駅まで10分、大手町から東京まで歩くしかなくてそれが20分。なので、毎日通勤で徒歩が1時間もあるんですよ。(泣)
はかった事はないのですが、仕事中の歩数もあわせたら恐らく2万歩は余裕でいってると思いますが、ぶつ切りなので健康にはかえって良くなさそう。(;^ω^)

新しい大河はじまりましたね~。まだ~むさんのお祖父様お祖母様は、カイコを育ててらしたんですね!
実はドラマ見る直前に、たまたまカイコの図鑑を図書館で借りてきて読んでたんですよ。

これはおカイコ様に呼ばれているな?(笑)

朗読聞くなら出来るだけミステリーとか面白いのが良いけど、動画には娯楽小説はあんまりアップされてないんですよね。アガサ・クリスティーとか聞きたいよ~~。
ごみつ
2021年02月24日 23:36
セレンディピティ さん

こんばんは。
Youtubeにアップされてるのを聞いてるだけなんですが、なかなか楽しいですよ。
昔、ラジオドラマをよく聞いていた事があって、それほど抵抗はないかな。

ただ日本語は同音異義語があまりにも多いので、昔の作品やちょっと難しい語彙を使っている作品はリスニングには向いてない感じ。漢字で読んでナンボみたいな作品って多いですもんね~。

泉鏡花の「荒野聖」を聞き始めたのですが、理解しずらくて途中でやめてしまいました。(;^ω^)

そうそう!アメリカは大手出版社の一般向けの書籍なら、たいていオーディオが出てます。今はダウンロードが多くなってCDは出なくなってますけどね。
CDは長編だと10枚以上になっちゃって一万円近かったけど、それでも買う人が多かったんでしょうね~。