コロナの冬 熱燗の冬 ~ 2021年ごみつ日記 1 ~

昨年の11月に1階売り場へ移動になってから5か月、ようやく仕事全体が掴める様になり、少ないながらも担当する書籍の管理も慣れてきて手をかけはじめていた矢先、またもや異動する事になりました。

明日から新しい売り場での仕事がはじまる事もあり、このところいつもより輪をかけてバタバタしっぱなしでした。

今度は最上階の8階へ移りますが、ここでは恐らく美術書を担当する事になりそうでワクワクしています。美術の本は、前の職場の経験もあり、私、非常~に得意なのです。

とは言え、大切に管理してきた旅行本と、クイズ・パズルの本とお別れするのは凄く残念。どんな分野であれ、手掛けてみると色々な発見があるし、愛着もわくものなんですよね。

そんなこんなで映画を見に行けず、家でも短い時間で見れるドラマしか見れてないので、またもや朗読ネタです。

前の記事で山本周五郎と藤沢周平を中心に聴いている旨、お話させていただきましたが、朗読聞き始めの頃に聴いた藤沢周平の「冬の日」がとても心温まる作品だったのでご紹介まで。

ある雪の降る日、仕事帰りの主人公が飛び込んだ小さな居酒屋で、幼馴染の女性と再会するお話なのですが、これが非常~に人情の機微の細やかな作品で、見事だったんです。

で、その居酒屋で、主人公の男は熱燗を頼むのですが、肴として大根の煮物と焼き魚を食べるんですよ。

もう、それを聴いているうちに、無性に大根の煮物が食べたくなり、何度か作って熱燗とともにいただきました。

STORYPIC_00008531_BURST210328003113.jpg

もう熱燗の季節が終わって残念ですが、冷酒でもこのメニューは楽しめそうだな。


「冬の日」 松平定知さん朗読 47分位の小品ですが傑作ですよ。

myheart-y_816be.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=lU-ZKJ3kAIc

ところで藤沢周平は「隠し剣シリーズ」が素晴らしく、幾つか朗読で聴いたのですが、全部読みたくて文庫(2冊)も買っちゃいました。全部読み終わってますので、また記事にしてみます。


蝉しぐれ (文春文庫) - 藤沢 周平
蝉しぐれ (文春文庫) - 藤沢 周平


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年04月04日 08:32
ごみつさん、おはようございます。
そして、美術書担当へのご異動、おめでとうございます。
ごみつさんは大ベテランでいらっしゃるので
オールアラウンドになんでもこなされると思いますが
やはり好きな分野、得意分野はモチベーションも上がりますよね。
ますますのご活躍をお祈りいたします。

私は今、秋田麻早子さんのベストセラー(なのかな?)
「絵を見る技術」という本を読んでいるところです。
なかなか楽しい本です。

大根の煮物、おいしそう!
藤沢周平さんの「冬の日」もいずれ読みたいです。
2021年04月04日 12:18
ごみつさん☆
わ~しみしみのおでん大根が美味しそうです!!
お仕事お忙しい時は、こういったお料理が体に染み渡りますよね☆
求められる人材であちこち引っ張りだこで大変と思います。
本当にお疲れ様です~
でも得意な分野に配属されるのは良いですね☆大好きなご本に囲まれて、ますます頑張れちゃうのでは??
ごみつ
2021年04月04日 23:24
セレンディピティ さん

こんばんは。

コメント有難うございます。
一番手掛けたいのはやっぱり長く扱ってきた洋書ですが、和書だったら一番担当したいのが美術書だったので嬉しいです。(次が文芸かな)

「絵を見る技術」面白そうですね。
絵画の鑑賞の仕方の本はたくさん出てるのですが、感性だけで鑑賞するのも作品との対話みたいで楽しいけれど、やっぱりちょっとした知識を得る事で味方も変わってきますよね。

大根の煮物はそれほど好きじゃなかったんだけど、つくってみるとなかなか美味しいです。
お酒の肴にするために、3回くらいつくりました。(*´ω`)
ごみつ
2021年04月04日 23:40
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは。

大根はおでんではなく、煮つけをつくってみました。簡単に出来るので、仕事から帰ってからササっと3回ばかりつくりました。
お酒によくあって美味しかったナ~。(*´ω`)

全然ひっぱりだこではないのですが(笑)、欠員が出たので異動させられたって感じです。

好きな分野を扱えるのは嬉しいのですが、1階には5か月くらいしかいなかったので、もうちょっとはいたかったです。
色んな事が中途半端になっちゃってて心残りです。(;^ω^)
kinkacho
2021年04月05日 07:34
ごみつさん、こんにちは。
朗読シリーズにはまだ手を出していないので、一度図書館で借りてみます。
やはり大御所の手による時代劇は人情の描写が見事だと思います。
最近の作家の時代劇はどうもそこらへんが雑に思えます。
ごみつ
2021年04月05日 23:55
kinkacho さん

こんばんは。
朗読、目が疲れてる時にはもってこいですよ。
やっぱりプロの方の朗読の方が良いので、市販のCDはグッドだと思います。表現力が違うんですよね。

今日から池波正太郎の剣客商売を聞き始めたのですが、面白いですね!本も制覇したくなりました。

最近はラノベっぽい時代小説も多いですよね。先日大富豪同心を読んだのですが、マンガみたいでした。面白かったですけどね。😅